BS240100000 - BS240199999

WebOTX Batch Serverのドメインエージェント、バッチコンテナに関するメッセージです。

メッセージID一覧

メッセージID一覧表 BS240100000 - BS240199999
ID メッセージ
BS240110001 ドメインの起動に失敗しました。
BS240110002 {0}が見つかりません。
BS240110003 {0}が不正なディレクトリです。
BS240110006 サポート対象外のOSです。
BS240110007 ライセンスが不正です。
BS240110008 サポート対象外のセキュリティコンテキストが使われています。セキュリティコンテキストクラス名:{0}
BS240110009 ApplicationContextFatctoryの初期化がされていません。
BS240110011 コマンド({0})が見つかりませんでした。
BS240110012 クラスローダの作成に失敗しました。詳細情報:{0}
BS240110013 バッチコンテナの起動に失敗しました。詳細情報:{0}
BS240110014 致命的なエラーが発生したのでバッチコンテナを終了します。
BS240110015 ジョブリポジトリの構築に失敗しました。詳細情報:{0}
BS240110016 不正なバッチコンテナプロセスが動作しています。プロセスID:{0}
BS240112007 BatchServer Lifecycle : fail on {0}, caused by - {1}
BS240113001 エージェントプロセス用のロックに失敗しました。 {0}
BS240114004 エージェント上のワークマネージャMOのフィールド値が不正です。 {0}
BS240114018 エージェント上のジョブ実行リソースコンテキストMOのフィールド値が不正です。 {0}
BS240114019 エージェント上のジョブ実行リソースコンテキストMOとJRCManagerMOの状態が不整合です。 {0}
BS240120101 ファイルが見つかりません。 ファイル名:{0}
BS240120102 関数の実行に失敗しました。 関数名:{0}, バッチコンテナ名:{1}
BS240120103 バッチコンテナの起動に失敗しました。
BS240120105 ファイル名が不正です。ファイル名:{0}
BS240120106 ジョブ実行に失敗しました。
BS240120110 バッチアプリケーションが見つかりません。バッチアプリケーショングループ:{0}、バッチアプリケーション:{1}
BS240120111 バッチアプリケーショングループが見つかりません。バッチアプリケーショングループ:{0}
BS240120112 ジョブ停止中にタイムアウトが発生しました。
BS240120113 {0}個のジョブの強制終了に失敗しました。
BS240120114 コマンド実行に失敗しました。コマンド名:{0} 引数{1} 戻り値:{2}
BS240120115 不正なキー名です。キー名:{0}
BS240120116 ジョブリポジトリの設定が不正です。
BS240120117 コンテナ:{0} が見つかりませんでした。
BS240120118 コンテナ:{0} はすでに起動しています。
BS240120120 データソース:{0} が見つかりません。
BS240120121 ジョブリポジトリが見つかりませんでした。アカウント名{0}、バッチアプリケーショングループ名{1}、バッチアプリケーション名:{2}
BS240120122 ジョブが見つかりませんでした。バッチアプリケーショングループ名:{0}、バッチアプリケーション名:{1}、ジョブ名:{2}
BS240120123 ファイルの読み込みに失敗しました。ファイル名:{0}
BS240120124 ファイルの削除に失敗しました。ファイル名:{0}
BS240120125 認証に失敗しました。
BS240120126 不正なオブジェクト({0})を受け取りました。
BS240120127 ファイルの書き込みに失敗しました。ファイル名:{1}
BS240120128 PAMの設定が不正です。詳細情報:{0}
BS240120129 クラスローダの作成に失敗しました。詳細情報:{0}
BS240120130 コマンド({0})が見つかりませんでした。
BS240120131 利用可能なバッチコンテナが見つかりませんでした。
BS240120132 ドメインエージェントが利用可能ではありません。
BS240120133 ジョブリポジトリに接続できませんでした。 {0}
BS240120134 コンテナとの通信で異常が発生しました。
BS240120135 設定ファイルの作成に失敗しました。 {0}
BS240120303 {0} のデプロイに失敗しました。このアプリケーションを無視します。
BS240121003 コンテナ (name={0}) はすでに存在します。
BS240121006 コンテナ (name={0}) が存在しないため削除に失敗しました。
BS240121007 コンテナ (name={0}) はまだ起動中のため削除できません。
BS240121008 MBeanの属性変更に失敗しました。
BS240121009 MBeanに対する操作に失敗しました。
BS240121010 MOの登録に失敗しました。
BS240121011 MOの登録削除に失敗しました。
BS240121014 プロセスの増減値(={0})が不正です: Express エディションの場合、利用可能なプロセス多重度は 1までです。
BS240121015 プロセスの増減値(={0})が不正です: 指定可能な増減値は {1} - {2} です。
BS240121016 プロセスの増減値(={0})が不正です: プロセス多重度を 1 未満にすることはできません。(現在値={1})
BS240121017 プロセスの追加に失敗しました。
BS240121018 プロセスMOの追加登録に失敗しました。
BS240121019 プロセス多重度の永続化に失敗しました。
BS240121020 プロセスMOの登録解除に失敗しました: {0}
BS240122014 Register BatchContainerManagerMO is failed
BS240122017 Register BatchContainerMO(name={0}) is failed
BS240122022 エージェントサービスから属性("{0}")の取得に失敗しました。
BS240122103 バッチコンテナプロセスが異常終了しました。
BS240122104 illegal command syntax. missing arguments
BS240122105 illegal command syntax. illegal sequence number "{0}"
BS240122106 illegal command environments. com.nec.webotx.instanceRoot must be specifed.
BS240122107 Failed to start alive check. Already started container.
BS240122113 BatchContainer Lifecycle : fail on {0}, caused by - {1}
BS240122201 エージェントプロセスが不正にダウンしました。
BS240122204 BSService(type={0}) is failed in {1}
BS240122205 BSService(type={0}) is failed in {1}
BS240123006 コンテナ (name={0}) が存在しないため開始することができません。
BS240123007 コンテナ (name={0}) の状態が {1} なため開始することができません。
BS240123008 コンテナ (name={0}) の開始に失敗しました。 理由: {1}
BS240123010 コンテナ (name={0}) が存在しないため停止することができません。
BS240123011 コンテナ (name={0}) の状態が {1} なため停止することができません。
BS240123012 コンテナ (name={0}) の停止に失敗しました。理由: {1}
BS240123013 既に起動しています。
BS240123014 既に停止しています。
BS240123015 現在起動処理中です。
BS240123016 現在停止処理中です。
BS240123017 起動処理の開始に失敗しました。各コンテナプロセスの状態を確認してください。
BS240123018 停止処理の開始に失敗しました。各コンテナプロセスの状態を確認してください。
BS240123020 start error : {0}
BS240123021 start timeout : {0} {1} seconds
BS240123022 start failed caused by illegal status : {0}
BS240123023 start failed caused by unknown error : {0}
BS240123024 stop error : {0}
BS240123025 コンテナプロセス {0} の停止でタイムアウト({1}秒)が発生しました。
BS240123026 stop failed caused by illegal status : {0}
BS240123027 stop failed caused by unknown error : {0}
BS240123028 コンテナプロセスが異常終了しました [exitCode = {0,number,#}]。
BS240123029 コンテナプロセスの起動処理が割り込まれました。
BS240123030 コンテナプロセスの起動に失敗しました。
BS240123031 コンテナプロセスに対する停止要求が異常終了しました。
BS240123033 既にコンテナプロセスが起動しています。
BS240123034 既にコンテナプロセスが停止しています。
BS240123035 現在コンテナプロセスが起動処理中です。
BS240123036 現在コンテナプロセスが停止処理中です。
BS240124001 ワークマネージャが見つかりません。 {0}
BS240124002 {0} の開始中に設定の不備に起因したエラーが発生しました ({1})。根本的原因 : {2}
BS240124003 不正なワークマネージャのオブジェクト名です。{0} 原因 : {1}
BS240124006 ワークマネージャMOの登録に失敗しました。{0}
BS240124007 ワークマネージャMOの削除に失敗しました。{0}
BS240124008 ワークマネージャMOの属性の更新に失敗しました。{0}
BS240124009 JNDIサービスを利用するための環境設定に失敗しました。{0}
BS240124010 ジョブ実行リソースコンテキストMOの登録に失敗しました。{0}
BS240124011 ジョブ実行リソースコンテキストMOの削除に失敗しました。{0}
BS240124012 ジョブ実行リソースコンテキストMOの属性の更新に失敗しました。{0}
BS240124013 ジョブ実行リソースコンテキスト[name={0}]が、見つかりません。
BS240124014 ジョブ実行リソースコンテキスト[name={0}]は、既に存在します。
BS240124017 不正なジョブ実行リソースコンテキストのオブジェクト名です。{0} 原因 : {1}
BS240130119 {0}のBean定義が不正です。詳細情報:{1}
BS240130301 ファイルが見つかりません。{0}
BS240130304 キューが見つかりません。原因:{0}
BS240130305 標準出力の読み取りに失敗しました。
BS240130306 ストリームのクローズに失敗しました。
BS240130307 親クラスローダが不正です。
BS240130308 不正なファイルが見つかりました。削除します。ファイル名:{0}
BS240130309 不正なプロパティの設定です。キー:{0}, 値:{1}
BS240130310 MBeanServerが起動していません。
BS240130311 {0} が設定されていません。
BS240130312 バッチコンテナプロセス間でオブジェクトが異なります。{0}、{1}
BS240130314 不正なアカウント情報です。{0}
BS240130315 {0}は不正なバッチコンテナプロセス識別子です。
BS240130316 不正なパラメータが指定されました。パラメータ名:{0}、値:{1}
BS240130317 {0}個のタスクが実行されませんでした。
BS240130318 タスクがキャンセルされました。
BS240130319 想定外の結果が返ってきました。型:{0}、値:{1}
BS240130320 ファイル({0})を削除できませんでした。
BS240130323 {0} は不正なシーケンス番号です。
BS240130324 バッチコンテナ({0}-{1})が重複しています。
BS240130325 ジョブリポジトリのタイプが不正です。databaseであるべきです。
BS240130326 タイムアウトが発生しました。
BS240130327 タイムアウトが発生しました。
BS240130328 関数の実行に失敗しました。 関数名:{0}, バッチコンテナ名:{1}, 原因:{2}
BS240130351 プロセス一覧取得コマンド失敗。情報の更新ができませんでした。
BS240130352 プロセス {0} を破棄します。
BS240130353 プロセス {0} の停止でタイムアウトが発生しました。
BS240130354 スレッドが中断されました。
BS240130355 バッチコンテナプロセスの多重度より大きいシーケンス番号が指定されました。指定されたシーケンス番号:{0}
BS240130361 {1} で指定されたメモリプール {0} は閾値監視をサポートしていないためスキップします。
BS240131021 プロセスの削除に失敗し、プロセスMOの登録解除を試みましたが失敗しました: {0}
BS240131022 プロセスの削除に失敗しましたが、ドメインを再起動することで削除対象のプロセスは削除されます。
BS240132008 Batch Server Lifecycle : configuration {0} is failed.
BS240132019 不正なエディション名(="{0}")が指定されています。Standard Editionとしての動作を試みます。
BS240132021 failed for mo visibilities properties
BS240133019 {0} は {1} から {2} に遷移することはできません。
BS240133032 process start task error
BS240133038 プロセスの追加に失敗したため、追加処理を取り消そうとしましたが失敗しました。
BS240133039 プロセスの追加起動に失敗したため、部分的に起動したプロセスの停止要求を行いましたが失敗しました。
BS240133040 プロセスを削除後の後処理で失敗しました。
BS240134005 エージェントとコンテナ間の接続がクローズされているか、不正な状態です。{0}
BS240140501 ドメインが起動しました。
BS240140502 ドメインが停止しました。
BS240140503 バッチコンテナ({0})が起動しました。
BS240140504 バッチコンテナ({0})が停止しました。
BS240140505 ドメインの停止要求を受け付けました。停止モード : {0} タイムアウト時間 : {1}
BS240140506 バッチコンテナの停止要求を受け付けました。
BS240140507 MBeanServerの起動をまっています。
BS240140508 {0} が実行されました。
BS240140509 {0} が終了しました。
BS240140550 {0}
BS240140551 バッチコンテナ({0})の状態が{1}に変わりました。
BS240140552 {0}のデプロイを開始します。
BS240140553 {0}のデプロイが終了しました。
BS240140554 タスクの停止に失敗しました。
BS240140555 コンテナプロセス {0}(pid={1}) を停止します。
BS240140556 pid={0} がプロセスリスト {1} に見つかりませんでした。
BS240140561 メモリプール {0} の閾値監視を開始します。閾値 {1}(bytes)[{2}%, max={3}]
BS240140562 メモリ閾値監視通知受信 from {0}; {1}
BS240140563 afterPropertiesSetメソッドの実行中です。
BS240140564 onStartupメソッドの実行中です
BS240140565 onReadyメソッドの実行中です。
BS240140566 onShutdownメソッドの実行中です。
BS240140567 onTerminationTimeoutメソッドの実行中です。
BS240140568 destroyメソッドの実行中です。
BS240141002 コンテナ (name={0}) を追加しました。
BS240141005 コンテナ (name={0}) を削除しました。
BS240141012 コンテナ (name={0}) に対する起動要求を受け付けました
BS240141013 コンテナ (name={0}) に対する停止要求を受け付けました
BS240142001 BatchServer Lifecycle : INIT successful.
BS240142002 BatchServer Lifecycle : STARTUP successful.
BS240142003 BatchServer Lifecycle : READY successful.
BS240142004 BatchServer Lifecycle : SHUTDOWN successful.
BS240142005 BatchServer Lifecycle : TERMINATION successful.
BS240142006 BatchServer Lifecycle : INIT empty service mode, for setup.
BS240142018 BatchServer Lifecycle : startup for WebOTX Batch Server {0} Edition.
BS240142101 バッチコンテナプロセスを開始します。
BS240142102 バッチコンテナプロセスが正常に終了しました。
BS240142108 BatchContainer Lifecycle : INIT successful.
BS240142109 BatchContainer Lifecycle : STARTUP successful.
BS240142110 Batch Container is ready.
BS240142111 BatchContainer Lifecycle : SHUTDOWN successful.
BS240142112 BatchContainer Lifecycle : TERMINATION successful.
BS240142113 停止要求を受け付けました。
BS240142121 メモリ監視の閾値が変更されました。({0} -> {1})
BS240142202 エージェントプロセスが復旧しました。
BS240143002 バッチコンテナ {0} を非同期に起動しています。
BS240143003 {0} は自動起動モードが無効化されているので、起動しません。
BS240143004 全てのコンテナが停止するのを待機しています。
BS240143037 {0} はすでに起動しています。 起動中のコンテナに再接続します。
BS240144015 ジョブ実行リソースコンテキストを追加します。{0}
BS240144016 ジョブ実行リソースコンテキストを削除します。{0}
BS24014563 TerminationContextがnullのため、デフォルトのものを使用します。

メッセージの詳細

BS240110001

ステータス

FATAL

メッセージ

ドメインの起動に失敗しました。

説明

ドメインの起動に失敗しました。

BS240110002

ステータス

FATAL

メッセージ

{0}が見つかりません。

説明

内部サービスの名前解決に失敗しました

BS240110003

ステータス

FATAL

メッセージ

{0}が不正なディレクトリです。

説明

ディレクトリが不正です。

BS240110006

ステータス

FATAL

メッセージ

サポート対象外のOSです。

説明

サポート対象外のOSです。

BS240110007

ステータス

FATAL

メッセージ

ライセンスが不正です。

説明

ライセンスが不正です。

BS240110008

ステータス

FATAL

メッセージ

サポート対象外のセキュリティコンテキストが使われています。セキュリティコンテキストクラス名:{0}

説明

不正なセキュリティコンテキストが設定されています。

BS240110009

ステータス

FATAL

メッセージ

ApplicationContextFatctoryの初期化がされていません。

説明

バッチアプリケーションの初期化に失敗しました。

BS240110011

ステータス

FATAL

メッセージ

コマンド({0})が見つかりませんでした。

説明

コマンドが見つかりませんでした。

BS240110012

ステータス

FATAL

メッセージ

クラスローダの作成に失敗しました。詳細情報:{0}

説明

クラスローダの構築に失敗しました。

BS240110013

ステータス

FATAL

メッセージ

バッチコンテナの起動に失敗しました。詳細情報:{0}

説明

バッチコンテナの起動に失敗しています。

BS240110014

ステータス

FATAL

メッセージ

致命的なエラーが発生したのでバッチコンテナを終了します。

説明

致命的なエラーが発生したためバッチコンテナを終了します。

BS240110015

ステータス

FATAL

メッセージ

ジョブリポジトリの構築に失敗しました。詳細情報:{0}

説明

ジョブリポジトリの構築に失敗しました。

BS240110016

ステータス

FATAL

メッセージ

不正なバッチコンテナプロセスが動作しています。プロセスID:{0}

説明

不正なバッチコンテナプロセスが動作しています。

BS240112007

ステータス

FATAL

メッセージ

BatchServer Lifecycle : fail on {0}, caused by - {1}

説明

ドメインの開始・停止時にBatch Serverでエラーが発生しました。出力されているログから原因を特定してください。

BS240113001

ステータス

FATAL

メッセージ

エージェントプロセス用のロックに失敗しました。 {0}

説明

ロックファイルが不正にロックされている可能性があります。

BS240114004

ステータス

FATAL

メッセージ

エージェント上のワークマネージャMOのフィールド値が不正です。 {0}

説明

エージェント上のワークマネージャMOのフィールド値が不正です。

BS240114018

ステータス

FATAL

メッセージ

エージェント上のジョブ実行リソースコンテキストMOのフィールド値が不正です。 {0}

説明

エージェント上のジョブ実行リソースコンテキストMOのフィールド値が不正です。

BS240114019

ステータス

FATAL

メッセージ

エージェント上のジョブ実行リソースコンテキストMOとJRCManagerMOの状態が不整合です。 {0}

説明

エージェント上のジョブ実行リソースコンテキストMOとJRCManagerMOの状態が不整合です。ドメインの状態のリカバリと再起動が必要な場合があります。

BS240120101

ステータス

ERROR

メッセージ

ファイルが見つかりません。 ファイル名:{0}

説明

ファイルが見つかりません。

BS240120102

ステータス

ERROR

メッセージ

関数の実行に失敗しました。 関数名:{0}, バッチコンテナ名:{1}

説明

メソッドの呼び出しに失敗しました

BS240120103

ステータス

ERROR

メッセージ

バッチコンテナの起動に失敗しました。

説明

バッチコンテナの起動に失敗しています。

BS240120105

ステータス

ERROR

メッセージ

ファイル名が不正です。ファイル名:{0}

説明

不正なファイル名です。

BS240120106

ステータス

ERROR

メッセージ

ジョブ実行に失敗しました。

説明

ジョブの実行に失敗しました。

BS240120110

ステータス

ERROR

メッセージ

バッチアプリケーションが見つかりません。バッチアプリケーショングループ:{0}、バッチアプリケーション:{1}

説明

指定されたバッチアプリケーションが見つかりません。

BS240120111

ステータス

ERROR

メッセージ

バッチアプリケーショングループが見つかりません。バッチアプリケーショングループ:{0}

説明

バッチアプリケーショングループが見つかりません。

BS240120112

ステータス

ERROR

メッセージ

ジョブ停止中にタイムアウトが発生しました。

説明

バッチコンテナを停止する際に、実行中のジョブの停止を要求し、その停止要求がタイムアウトしました。

BS240120113

ステータス

ERROR

メッセージ

{0}個のジョブの強制終了に失敗しました。

説明

バッチコンテナを停止する際に、ジョブの強制停止を試みましたがいくつかのジョブの停止に失敗しました。

BS240120114

ステータス

ERROR

メッセージ

コマンド実行に失敗しました。コマンド名:{0} 引数{1} 戻り値:{2}

説明

内部的に実行したコマンドが失敗しました。

BS240120115

ステータス

ERROR

メッセージ

不正なキー名です。キー名:{0}

説明

不正なキー名です。

BS240120116

ステータス

ERROR

メッセージ

ジョブリポジトリの設定が不正です。

説明

ジョブリポジトリの設定が不正です

BS240120117

ステータス

ERROR

メッセージ

コンテナ:{0} が見つかりませんでした。

説明

バッチコンテナが見つかりません。

BS240120118

ステータス

ERROR

メッセージ

コンテナ:{0} はすでに起動しています。

説明

バッチコンテナはすでに起動中です。

BS240120120

ステータス

ERROR

メッセージ

データソース:{0} が見つかりません。

説明

データソースの定義が不正です

BS240120121

ステータス

ERROR

メッセージ

ジョブリポジトリが見つかりませんでした。アカウント名{0}、バッチアプリケーショングループ名{1}、バッチアプリケーション名:{2}

説明

ジョブリポジトリ定義が見つかりません

BS240120122

ステータス

ERROR

メッセージ

ジョブが見つかりませんでした。バッチアプリケーショングループ名:{0}、バッチアプリケーション名:{1}、ジョブ名:{2}

説明

ジョブが見つかりませんでした。指定したジョブがデプロイされているか確認してください。

BS240120123

ステータス

ERROR

メッセージ

ファイルの読み込みに失敗しました。ファイル名:{0}

説明

ファイルの読み込みに失敗しました。指定したファイルが正しいか確認してください。

BS240120124

ステータス

ERROR

メッセージ

ファイルの削除に失敗しました。ファイル名:{0}

説明

ファイルの削除に失敗しました。

BS240120125

ステータス

ERROR

メッセージ

認証に失敗しました。

説明

ユーザーの認証に失敗しました。指定したユーザーがOSに登録されているか確認してください。

BS240120126

ステータス

ERROR

メッセージ

不正なオブジェクト({0})を受け取りました。

説明

不正なオブジェクトです。

BS240120127

ステータス

ERROR

メッセージ

ファイルの書き込みに失敗しました。ファイル名:{1}

説明

ファイルの書き込みに失敗しました。

BS240120128

ステータス

ERROR

メッセージ

PAMの設定が不正です。詳細情報:{0}

説明

PAMの設定がおかしいです。

BS240120129

ステータス

ERROR

メッセージ

クラスローダの作成に失敗しました。詳細情報:{0}

説明

クラスローダの作成に失敗しました。

BS240120130

ステータス

ERROR

メッセージ

コマンド({0})が見つかりませんでした。

説明

コマンドが見つかりませんでした。

BS240120131

ステータス

ERROR

メッセージ

利用可能なバッチコンテナが見つかりませんでした。

説明

利用可能なバッチコンテナが見つかりませんでした。

BS240120132

ステータス

ERROR

メッセージ

ドメインエージェントが利用可能ではありません。

説明

ドメインエージェントが利用可能ではありません。

BS240120133

ステータス

ERROR

メッセージ

ジョブリポジトリに接続できませんでした。 {0}

説明

ジョブリポジトリに接続できませんでした。

BS240120134

ステータス

ERROR

メッセージ

コンテナとの通信で異常が発生しました。

説明

コンテナとの通信で異常が発生しました。

BS240120135

ステータス

ERROR

メッセージ

設定ファイルの作成に失敗しました。 {0}

説明

設定ファイルの作成に失敗しました。

BS240120303

ステータス

ERROR

メッセージ

{0} のデプロイに失敗しました。このアプリケーションを無視します。

説明

デプロイに失敗しました。ジョブ定義ファイルを確認してください。

BS240121003

ステータス

ERROR

メッセージ

コンテナ (name={0}) はすでに存在します。

説明

既に指定した名前のコンテナが存在します。

BS240121006

ステータス

ERROR

メッセージ

コンテナ (name={0}) が存在しないため削除に失敗しました。

説明

指定されたコンテナが存在しません。

BS240121007

ステータス

ERROR

メッセージ

コンテナ (name={0}) はまだ起動中のため削除できません。

説明

コンテナがまだ起動中のため、コンテナを削除することができません。

BS240121008

ステータス

ERROR

メッセージ

MBeanの属性変更に失敗しました。

説明

MBean操作時のエラーです

BS240121009

ステータス

ERROR

メッセージ

MBeanに対する操作に失敗しました。

説明

MBean操作時のエラーです

BS240121010

ステータス

ERROR

メッセージ

MOの登録に失敗しました。

説明

MBean操作時のエラーです

BS240121011

ステータス

ERROR

メッセージ

MOの登録削除に失敗しました。

説明

MBean操作時のエラーです

BS240121014

ステータス

ERROR

メッセージ

プロセスの増減値(={0})が不正です: Express エディションの場合、利用可能なプロセス多重度は 1までです。

説明

Expressエディションの制限のためプロセス数を増やすことができません。

BS240121015

ステータス

ERROR

メッセージ

プロセスの増減値(={0})が不正です: 指定可能な増減値は {1} - {2} です。

説明

プロセス増減値に指定可能な範囲を超えています。

BS240121016

ステータス

ERROR

メッセージ

プロセスの増減値(={0})が不正です: プロセス多重度を 1 未満にすることはできません。(現在値={1})

説明

指定された数のプロセスを削除するとプロセス多重度が1未満になってしまいます。

BS240121017

ステータス

ERROR

メッセージ

プロセスの追加に失敗しました。

説明

プロセスの追加に失敗しています。ログ等を確認して原因を特定してください。

BS240121018

ステータス

ERROR

メッセージ

プロセスMOの追加登録に失敗しました。

説明

MOの追加登録に失敗しています。追加したプロセス自体は既に起動している不正な状態です。ドメインを再起動するか手動でプロセスを停止させてください。

BS240121019

ステータス

ERROR

メッセージ

プロセス多重度の永続化に失敗しました。

説明

プロセス追加時にこのエラーが発生した場合、追加したプロセス自体は既に起動しています。プロセス削除時にこのエラーが発生した場合、プロセスは削除されていません。

BS240121020

ステータス

ERROR

メッセージ

プロセスMOの登録解除に失敗しました: {0}

説明

MOの登録解除に失敗しています。削除したプロセス自体は停止していますが、不正なMOが残存しています。

BS240122014

ステータス

ERROR

メッセージ

Register BatchContainerManagerMO is failed

説明

ドメイン起動時にバッチコンテナを管理するMOの登録に失敗しています。

BS240122017

ステータス

ERROR

メッセージ

Register BatchContainerMO(name={0}) is failed

説明

バッチコンテナ追加時のMO登録に失敗しています。

BS240122022

ステータス

ERROR

メッセージ

エージェントサービスから属性("{0}")の取得に失敗しました。

説明

初期化に必要なプロパティをエージェント上から取得する際にエラーが発生しています。エージェント上でいくつかの初期化エラーが発生している可能性があります。

BS240122103

ステータス

ERROR

メッセージ

バッチコンテナプロセスが異常終了しました。

説明

バッチコンテナプロセスが異常終了した場合(プロセスが強制終了した場合を除く)に出力されます。このメッセージはログファイル、および、プロセスの標準出力の両方に出力されます。

BS240122104

ステータス

ERROR

メッセージ

illegal command syntax. missing arguments

説明

起動用のスクリプトでエラーが発生している可能性があります。

BS240122105

ステータス

ERROR

メッセージ

illegal command syntax. illegal sequence number "{0}"

説明

起動用のスクリプトでエラーが発生している可能性があります。

BS240122106

ステータス

ERROR

メッセージ

illegal command environments. com.nec.webotx.instanceRoot must be specifed.

説明

起動用のスクリプトでエラーが発生している可能性があります。

BS240122107

ステータス

ERROR

メッセージ

Failed to start alive check. Already started container.

説明

すでにコンテナプロセスが起動しているため、起動に失敗しました。

BS240122113

ステータス

ERROR

メッセージ

BatchContainer Lifecycle : fail on {0}, caused by - {1}

説明

バッチコンテナの開始・停止時にBatch Serverでエラーが発生しました。

BS240122201

ステータス

ERROR

メッセージ

エージェントプロセスが不正にダウンしました。

説明

エージェントプロセスのダウンを検出しました。

BS240122204

ステータス

ERROR

メッセージ

BSService(type={0}) is failed in {1}

説明

className, lifecycle

BS240122205

ステータス

ERROR

メッセージ

BSService(type={0}) is failed in {1}

説明

lifecycle

BS240123006

ステータス

ERROR

メッセージ

コンテナ (name={0}) が存在しないため開始することができません。

説明

指定されたコンテナが見つかりません。

BS240123007

ステータス

ERROR

メッセージ

コンテナ (name={0}) の状態が {1} なため開始することができません。

説明

指定されたコンテナは開始できる状態ではありません。

BS240123008

ステータス

ERROR

メッセージ

コンテナ (name={0}) の開始に失敗しました。 理由: {1}

説明

何らかの理由でコンテナを開始できませんでした。出力されている理由を確認してください。

BS240123010

ステータス

ERROR

メッセージ

コンテナ (name={0}) が存在しないため停止することができません。

説明

指定されたコンテナが見つかりません。

BS240123011

ステータス

ERROR

メッセージ

コンテナ (name={0}) の状態が {1} なため停止することができません。

説明

指定されたコンテナは起動状態ではありません。

BS240123012

ステータス

ERROR

メッセージ

コンテナ (name={0}) の停止に失敗しました。理由: {1}

説明

何らかの理由でコンテナを停止できませんでした。出力されている理由を確認してください。

BS240123013

ステータス

ERROR

メッセージ

既に起動しています。

説明

既に起動しています。

BS240123014

ステータス

ERROR

メッセージ

既に停止しています。

説明

既に停止しています。

BS240123015

ステータス

ERROR

メッセージ

現在起動処理中です。

説明

現在起動処理中です。

BS240123016

ステータス

ERROR

メッセージ

現在停止処理中です。

説明

現在停止処理中です。

BS240123017

ステータス

ERROR

メッセージ

起動処理の開始に失敗しました。各コンテナプロセスの状態を確認してください。

説明

起動処理の開始に失敗しました。各コンテナプロセスの状態を確認してください。

BS240123018

ステータス

ERROR

メッセージ

停止処理の開始に失敗しました。各コンテナプロセスの状態を確認してください。

説明

停止処理の開始に失敗しました。各コンテナプロセスの状態を確認してください。

BS240123020

ステータス

ERROR

メッセージ

start error : {0}

説明

start failed

BS240123021

ステータス

ERROR

メッセージ

start timeout : {0} {1} seconds

説明

start timeout

BS240123022

ステータス

ERROR

メッセージ

start failed caused by illegal status : {0}

説明

illega status on start

BS240123023

ステータス

ERROR

メッセージ

start failed caused by unknown error : {0}

説明

unknown error on start

BS240123024

ステータス

ERROR

メッセージ

stop error : {0}

説明

stop failed

BS240123025

ステータス

ERROR

メッセージ

コンテナプロセス {0} の停止でタイムアウト({1}秒)が発生しました。

説明

コンテナプロセスの停止にタイムアウトが発生しました。プロセスが終了しているか確認してください。

BS240123026

ステータス

ERROR

メッセージ

stop failed caused by illegal status : {0}

説明

illega status on stop

BS240123027

ステータス

ERROR

メッセージ

stop failed caused by unknown error : {0}

説明

unknown error on stop

BS240123028

ステータス

ERROR

メッセージ

コンテナプロセスが異常終了しました [exitCode = {0,number,#}]。

説明

コンテナプロセスが異常終了しました。ログから原因を確認してください。

BS240123029

ステータス

ERROR

メッセージ

コンテナプロセスの起動処理が割り込まれました。

説明

コンテナプロセスが異常終了しました。ログから原因を確認してください。

BS240123030

ステータス

ERROR

メッセージ

コンテナプロセスの起動に失敗しました。

説明

コンテナプロセスが異常終了しました。ログから原因を確認してください。

BS240123031

ステータス

ERROR

メッセージ

コンテナプロセスに対する停止要求が異常終了しました。

説明

コンテナプロセスに対する停止要求呼び出し中に異常が発生しました。

BS240123033

ステータス

ERROR

メッセージ

既にコンテナプロセスが起動しています。

説明

既にプロセスが起動しています。

BS240123034

ステータス

ERROR

メッセージ

既にコンテナプロセスが停止しています。

説明

既にプロセスが停止しています。

BS240123035

ステータス

ERROR

メッセージ

現在コンテナプロセスが起動処理中です。

説明

現在プロセスが起動処理中です。

BS240123036

ステータス

ERROR

メッセージ

現在コンテナプロセスが停止処理中です。

説明

現在プロセスが停止処理中です。

BS240124001

ステータス

ERROR

メッセージ

ワークマネージャが見つかりません。 {0}

説明

{0}という名前のワークマネージャが見つかりません。ジョブ実行リソースコンテキストの WorkManagerとBean名のマッピング の設定、および、WorkManager に指定された名前のワークマネージャが存在することを確認してください。

BS240124002

ステータス

ERROR

メッセージ

{0} の開始中に設定の不備に起因したエラーが発生しました ({1})。根本的原因 : {2}

説明

ジョブ {0} の開始中に設定の不備に起因したエラーが発生しました。ジョブキー : {1}。根本的原因は、{2} です。

BS240124003

ステータス

ERROR

メッセージ

不正なワークマネージャのオブジェクト名です。{0} 原因 : {1}

説明

{0}は、不正なワークマネージャのオブジェクト名です。原因 : {1}

BS240124006

ステータス

ERROR

メッセージ

ワークマネージャMOの登録に失敗しました。{0}

説明

ワークマネージャMOの登録に失敗しました。{0}

BS240124007

ステータス

ERROR

メッセージ

ワークマネージャMOの削除に失敗しました。{0}

説明

ワークマネージャMOの削除に失敗しました。{0}

BS240124008

ステータス

ERROR

メッセージ

ワークマネージャMOの属性の更新に失敗しました。{0}

説明

ワークマネージャMOの属性の更新に失敗しました。{0}

BS240124009

ステータス

ERROR

メッセージ

JNDIサービスを利用するための環境設定に失敗しました。{0}

説明

JNDIサービスを利用するための環境設定に失敗しました。{0}

BS240124010

ステータス

ERROR

メッセージ

ジョブ実行リソースコンテキストMOの登録に失敗しました。{0}

説明

ジョブ実行リソースコンテキストMOの登録に失敗しました。{0}

BS240124011

ステータス

ERROR

メッセージ

ジョブ実行リソースコンテキストMOの削除に失敗しました。{0}

説明

ジョブ実行リソースコンテキストMOの削除に失敗しました。{0}

BS240124012

ステータス

ERROR

メッセージ

ジョブ実行リソースコンテキストMOの属性の更新に失敗しました。{0}

説明

ジョブ実行リソースコンテキストMOの属性の更新に失敗しました。{0}

BS240124013

ステータス

ERROR

メッセージ

ジョブ実行リソースコンテキスト[name={0}]が、見つかりません。

説明

ジョブ実行リソースコンテキスト[name={0}]が、見つかりません。

BS240124014

ステータス

ERROR

メッセージ

ジョブ実行リソースコンテキスト[name={0}]は、既に存在します。

説明

ジョブ実行リソースコンテキスト[name={0}]は、既に存在します。

BS240124017

ステータス

ERROR

メッセージ

不正なジョブ実行リソースコンテキストのオブジェクト名です。{0} 原因 : {1}

説明

{0}は、不正なジョブ実行リソースコンテキストのオブジェクト名です。原因 : {1}

BS240130119

ステータス

WARN

メッセージ

{0}のBean定義が不正です。詳細情報:{1}

説明

バッチアプリケーションの定義エラーです。

BS240130301

ステータス

WARN

メッセージ

ファイルが見つかりません。{0}

説明

ファイルが見つかりません。

BS240130304

ステータス

WARN

メッセージ

キューが見つかりません。原因:{0}

説明

キューが見つかりません

BS240130305

ステータス

WARN

メッセージ

標準出力の読み取りに失敗しました。

説明

バッチコンテナの標準出力の読込に失敗しました。

BS240130306

ステータス

WARN

メッセージ

ストリームのクローズに失敗しました。

説明

ストリームのクローズに失敗しました。

BS240130307

ステータス

WARN

メッセージ

親クラスローダが不正です。

説明

クラスローダが不正です

BS240130308

ステータス

WARN

メッセージ

不正なファイルが見つかりました。削除します。ファイル名:{0}

説明

不正なファイルが見つかりました。

BS240130309

ステータス

WARN

メッセージ

不正なプロパティの設定です。キー:{0}, 値:{1}

説明

不正な設定です。

BS240130310

ステータス

WARN

メッセージ

MBeanServerが起動していません。

説明

バッチドメインエージェントが起動していません。

BS240130311

ステータス

WARN

メッセージ

{0} が設定されていません。

説明

不正な設定です。

BS240130312

ステータス

WARN

メッセージ

バッチコンテナプロセス間でオブジェクトが異なります。{0}、{1}

説明

バッチコンテナプロセス間でオブジェクトが異なります

BS240130314

ステータス

WARN

メッセージ

不正なアカウント情報です。{0}

説明

アカウント情報の形式が不正です。文字列配列もしくはListで渡しているか確認してください。

BS240130315

ステータス

WARN

メッセージ

{0}は不正なバッチコンテナプロセス識別子です。

説明

不正な文字列です。

BS240130316

ステータス

WARN

メッセージ

不正なパラメータが指定されました。パラメータ名:{0}、値:{1}

説明

不正なパラメータです。

BS240130317

ステータス

WARN

メッセージ

{0}個のタスクが実行されませんでした。

説明

実行されなかったタスクの数を表しています。

BS240130318

ステータス

WARN

メッセージ

タスクがキャンセルされました。

説明

タスクがキャンセルされました。

BS240130319

ステータス

WARN

メッセージ

想定外の結果が返ってきました。型:{0}、値:{1}

説明

想定外の型が返ってきました。

BS240130320

ステータス

WARN

メッセージ

ファイル({0})を削除できませんでした。

説明

ファイルの削除に失敗しました。

BS240130323

ステータス

WARN

メッセージ

{0} は不正なシーケンス番号です。

説明

不正なパラメータです。

BS240130324

ステータス

WARN

メッセージ

バッチコンテナ({0}-{1})が重複しています。

説明

バッチコンテナが重複しています。

BS240130325

ステータス

WARN

メッセージ

ジョブリポジトリのタイプが不正です。databaseであるべきです。

説明

ジョブリポジトリのタイプが不正です。databaseであるべきです。

BS240130326

ステータス

WARN

メッセージ

タイムアウトが発生しました。

説明

タイムアウトが発生しました。

BS240130327

ステータス

WARN

メッセージ

タイムアウトが発生しました。

説明

タイムアウトが発生しました。

BS240130328

ステータス

WARN

メッセージ

関数の実行に失敗しました。 関数名:{0}, バッチコンテナ名:{1}, 原因:{2}

説明

メソッドの呼び出しに失敗しました

BS240130351

ステータス

WARN

メッセージ

プロセス一覧取得コマンド失敗。情報の更新ができませんでした。

説明

プロセス一覧取得に失敗しました。

BS240130352

ステータス

WARN

メッセージ

プロセス {0} を破棄します。

説明

プロセスを強制停止しました。

BS240130353

ステータス

WARN

メッセージ

プロセス {0} の停止でタイムアウトが発生しました。

説明

プロセスの停止にタイムアウトが発生しました。プロセスが終了しているか確認をお願いします。

BS240130354

ステータス

WARN

メッセージ

スレッドが中断されました。

説明

スレッドが中断されました

BS240130355

ステータス

WARN

メッセージ

バッチコンテナプロセスの多重度より大きいシーケンス番号が指定されました。指定されたシーケンス番号:{0}

説明

バッチコンテナプロセスの多重度より大きいシーケンス番号が指定されました。

BS240130361

ステータス

WARN

メッセージ

{1} で指定されたメモリプール {0} は閾値監視をサポートしていないためスキップします。

説明

閾値監視をサポートしていないメモリプールに対する設定を無視しました。

BS240131021

ステータス

WARN

メッセージ

プロセスの削除に失敗し、プロセスMOの登録解除を試みましたが失敗しました: {0}

説明

プロセスの削除に失敗しましたが、念のためMOの削除も実施しています。しかし、そのMOの削除にも失敗しています。

BS240131022

ステータス

WARN

メッセージ

プロセスの削除に失敗しましたが、ドメインを再起動することで削除対象のプロセスは削除されます。

説明

プロセスの削除に失敗しています。プロセスのMOは削除されており、削除対象のプロセスに対する操作はできません。

BS240132008

ステータス

WARN

メッセージ

Batch Server Lifecycle : configuration {0} is failed.

説明

設定の読み込み時に一部エラーが発生しています。意図した設定のとおりに動作しない可能性があるので、エラー内容と設定項目を確認してください。

BS240132019

ステータス

WARN

メッセージ

不正なエディション名(="{0}")が指定されています。Standard Editionとしての動作を試みます。

説明

不正なエディションが指定されているため、Standardエディションとしての初期化を試みます。

BS240132021

ステータス

WARN

メッセージ

failed for mo visibilities properties

説明

failed for mo visibilities properties

BS240133019

ステータス

WARN

メッセージ

{0} は {1} から {2} に遷移することはできません。

説明

starting、または、stoppingへの遷移に失敗しました。

BS240133032

ステータス

WARN

メッセージ

process start task error

説明

コンテナプロセス起動中のエラーが発生しています。

BS240133038

ステータス

WARN

メッセージ

プロセスの追加に失敗したため、追加処理を取り消そうとしましたが失敗しました。

説明

プロセスの追加に失敗した際、部分的に初期化してしまった情報を削除しようとしましたが、その削除処理自体も失敗しています。

BS240133039

ステータス

WARN

メッセージ

プロセスの追加起動に失敗したため、部分的に起動したプロセスの停止要求を行いましたが失敗しました。

説明

プロセスの追加失敗時に、追加の延長で起動してしまったプロセスを停止させる際のエラーです。

BS240133040

ステータス

WARN

メッセージ

プロセスを削除後の後処理で失敗しました。

説明

削除されたプロセスが利用していた情報を削除するのに失敗しています。不要なファイル等が残存している可能性があります。

BS240134005

ステータス

WARN

メッセージ

エージェントとコンテナ間の接続がクローズされているか、不正な状態です。{0}

説明

エージェントとコンテナ間の接続がクローズされているか、不正な状態です。{0}

BS240140501

ステータス

INFO

メッセージ

ドメインが起動しました。

説明

ドメインが正常に起動しました。

BS240140502

ステータス

INFO

メッセージ

ドメインが停止しました。

説明

ドメインが正常に停止しました。

BS240140503

ステータス

INFO

メッセージ

バッチコンテナ({0})が起動しました。

説明

バッチコンテナが起動しました。

BS240140504

ステータス

INFO

メッセージ

バッチコンテナ({0})が停止しました。

説明

バッチコンテナが停止しました。

BS240140505

ステータス

INFO

メッセージ

ドメインの停止要求を受け付けました。停止モード : {0} タイムアウト時間 : {1}

説明

ドメインの停止処理を開始します

BS240140506

ステータス

INFO

メッセージ

バッチコンテナの停止要求を受け付けました。

説明

バッチコンテナの停止処理を開始します

BS240140507

ステータス

INFO

メッセージ

MBeanServerの起動をまっています。

説明

バッチドメインエージェントの起動を待っています。

BS240140508

ステータス

INFO

メッセージ

{0} が実行されました。

説明

メソッドが実行されました

BS240140509

ステータス

INFO

メッセージ

{0} が終了しました。

説明

メソッドが終了しました。

BS240140550

ステータス

INFO

メッセージ

{0}

説明

外部コマンドの標準出力、標準エラーを出力するときのメッセージ

BS240140551

ステータス

INFO

メッセージ

バッチコンテナ({0})の状態が{1}に変わりました。

説明

バッチコンテナの状態が変わりました。

BS240140552

ステータス

INFO

メッセージ

{0}のデプロイを開始します。

説明

バッチアプリケーションのデプロイを開始しました。

BS240140553

ステータス

INFO

メッセージ

{0}のデプロイが終了しました。

説明

バッチアプリケーションのデプロイを終了しました。

BS240140554

ステータス

INFO

メッセージ

タスクの停止に失敗しました。

説明

タスクの停止に失敗しました。

BS240140555

ステータス

INFO

メッセージ

コンテナプロセス {0}(pid={1}) を停止します。

説明

コンテナの実行プロセスを停止します。

BS240140556

ステータス

INFO

メッセージ

pid={0} がプロセスリスト {1} に見つかりませんでした。

説明

指定されたコンテナプロセスがプロセス一覧中に見つかりませんでした。

BS240140561

ステータス

INFO

メッセージ

メモリプール {0} の閾値監視を開始します。閾値 {1}(bytes)[{2}%, max={3}]

説明

メモリプールの監視を開始しました。

BS240140562

ステータス

INFO

メッセージ

メモリ閾値監視通知受信 from {0}; {1}

説明

メモリプールの監視の通知を受信しました。

BS240140563

ステータス

INFO

メッセージ

afterPropertiesSetメソッドの実行中です。

説明

afterPropertiesSetメソッドの実行中です。

BS240140564

ステータス

INFO

メッセージ

onStartupメソッドの実行中です

説明

onStartupメソッドの実行中です

BS240140565

ステータス

INFO

メッセージ

onReadyメソッドの実行中です。

説明

onReadyメソッドの実行中です。

BS240140566

ステータス

INFO

メッセージ

onShutdownメソッドの実行中です。

説明

onShutdownメソッドの実行中です。

BS240140567

ステータス

INFO

メッセージ

onTerminationTimeoutメソッドの実行中です。

説明

onTerminationTimeoutメソッドの実行中です。

BS240140568

ステータス

INFO

メッセージ

destroyメソッドの実行中です。

説明

destroyメソッドの実行中です。

BS240141002

ステータス

INFO

メッセージ

コンテナ (name={0}) を追加しました。

説明

コンテナの追加に成功しました

BS240141005

ステータス

INFO

メッセージ

コンテナ (name={0}) を削除しました。

説明

コンテナの削除に成功しました

BS240141012

ステータス

INFO

メッセージ

コンテナ (name={0}) に対する起動要求を受け付けました

説明

クライアントからのコンテナ起動要求です。

BS240141013

ステータス

INFO

メッセージ

コンテナ (name={0}) に対する停止要求を受け付けました

説明

クライアントからのコンテナ停止要求です。

BS240142001

ステータス

INFO

メッセージ

BatchServer Lifecycle : INIT successful.

説明

Batch Serverの初期化に成功しました

BS240142002

ステータス

INFO

メッセージ

BatchServer Lifecycle : STARTUP successful.

説明

Batch Serverの開始処理に成功しました

BS240142003

ステータス

INFO

メッセージ

BatchServer Lifecycle : READY successful.

説明

Batch Serverが初期化に成功し、処理を実行可能な状態になりました。

BS240142004

ステータス

INFO

メッセージ

BatchServer Lifecycle : SHUTDOWN successful.

説明

Batch Serverの終了処理に成功しました

BS240142005

ステータス

INFO

メッセージ

BatchServer Lifecycle : TERMINATION successful.

説明

Batch Serverが終了しました。

BS240142006

ステータス

INFO

メッセージ

BatchServer Lifecycle : INIT empty service mode, for setup.

説明

セットアップのための特殊モードで起動します。

BS240142018

ステータス

INFO

メッセージ

BatchServer Lifecycle : startup for WebOTX Batch Server {0} Edition.

説明

指定されているエディション用の初期化処理を実施しています

BS240142101

ステータス

INFO

メッセージ

バッチコンテナプロセスを開始します。

説明

バッチコンテナプロセス起動時の最初に出力されます。このメッセージはログファイル、および、プロセスの標準出力の両方に出力されます。

BS240142102

ステータス

INFO

メッセージ

バッチコンテナプロセスが正常に終了しました。

説明

バッチコンテナプロセスが正常に終了した場合に出力されます。このメッセージはログファイル、および、プロセスの標準出力の両方に出力されます。

BS240142108

ステータス

INFO

メッセージ

BatchContainer Lifecycle : INIT successful.

説明

Batch コンテナプロセスの初期化に成功しました

BS240142109

ステータス

INFO

メッセージ

BatchContainer Lifecycle : STARTUP successful.

説明

Batch コンテナプロセスの開始処理に成功しました

BS240142110

ステータス

INFO

メッセージ

Batch Container is ready.

説明

Batch コンテナプロセスが初期化に成功し、処理を実行可能な状態になりました。

BS240142111

ステータス

INFO

メッセージ

BatchContainer Lifecycle : SHUTDOWN successful.

説明

Batch コンテナプロセスの終了処理に成功しました

BS240142112

ステータス

INFO

メッセージ

BatchContainer Lifecycle : TERMINATION successful.

説明

Batch コンテナプロセスが終了しました。

BS240142113

ステータス

INFO

メッセージ

停止要求を受け付けました。

説明

停止要求を受け付けました。

BS240142121

ステータス

INFO

メッセージ

メモリ監視の閾値が変更されました。({0} -> {1})

説明

メモリ監視の閾値が変更されました。

BS240142202

ステータス

INFO

メッセージ

エージェントプロセスが復旧しました。

説明

不正にダウンしていたエージェントプロセスの復旧を検知しました。

BS240143002

ステータス

INFO

メッセージ

バッチコンテナ {0} を非同期に起動しています。

説明

ドメイン起動処理の延長で、自動起動が有効化されているコンテナを非同期に起動しています。

BS240143003

ステータス

INFO

メッセージ

{0} は自動起動モードが無効化されているので、起動しません。

説明

自動起動モードが無効にされているコンテナはドメイン起動時に開始されません。個別にコンテナを開始するか、自動起動を有効化してください。

BS240143004

ステータス

INFO

メッセージ

全てのコンテナが停止するのを待機しています。

説明

ドメインの停止要求に伴い、全てのコンテナが停止するのを待機します。

BS240143037

ステータス

INFO

メッセージ

{0} はすでに起動しています。 起動中のコンテナに再接続します。

説明

起動中のコンテナプロセスに再接続します。

BS240144015

ステータス

INFO

メッセージ

ジョブ実行リソースコンテキストを追加します。{0}

説明

ジョブ実行リソースコンテキストを追加します。{0}

BS240144016

ステータス

INFO

メッセージ

ジョブ実行リソースコンテキストを削除します。{0}

説明

ジョブ実行リソースコンテキストを削除します。{0}

BS24014563

ステータス

INFO

メッセージ

TerminationContextがnullのため、デフォルトのものを使用します。

説明

TerminationContextがnullのため、デフォルトのものを使用します。