log4j_agent.xml

説明

ドメインエージェント用ログ出力設定ファイル。

特別な要件がない限り、あらかじめ設定されているloggerの設定は変更しないようにしてください。
必要なログが出力されていない場合、障害時の原因調査に支障がでる場合があります。

パス

${DOMAIN_HOME}/config/batch/log4j_agent.xml

設定例
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<!DOCTYPE log4j:configuration SYSTEM "log4j.dtd">
<log4j:configuration xmlns:log4j="http://jakarta.apache.org/log4j/">

    <appender name="proxy" class="com.nec.webotx.batch.core.message.Log4otxProxyAppender">

        <param name="SpecifiedLogger" value="com.nec.webotx.log4otxProxy" />
    </appender>

    <logger name="com.cenqua.shaj.log.Log" additivity="false">
        <level value="OFF" />
        <appender-ref ref="proxy" />
    </logger>

    <logger name="net.sf.jpam.Pam" additivity="false">
        <level value="OFF" />
        <appender-ref ref="proxy" />
    </logger>

    <logger name="org.springframework" additivity="false">
        <level value="TRACE" />
        <appender-ref ref="proxy" />
    </logger>

    <logger name="com.nec.webotx.batch">
        <level value="TRACE" />
        <appender-ref ref="proxy" />
    </logger>
</log4j:configuration>

appender name="proxy" ノード

説明

メッセージを出力するappenderの定義です。
SpringFramework, Spring Batchのログ出力用Appenderです。

既定値
 <appender name="proxy" class="com.nec.webotx.batch.core.message.Log4otxProxyAppender">
     <param name="SpecifiedLogger" value="com.nec.webotx.log4otxProxy" />
 </appender>
設定可能値/範囲

詳細については、log4jのドキュメントを参照してください。
http://logging.apache.org/log4j/1.2/

設定方法

テキストエディタでファイルを開き、直接編集します。
設定を反映させる為には、ドメインを再起動する必要があります。

決定基準/導出式

環境に応じて適切な値を設定してください。

設定値に関する備考

特別な要件が無い限り、本ファイルは変更しないでください。

関連パラメータ

特に無し

logger name="com.cenqua.shaj.log.Log" ノード

説明

categoryがcom.cenqua.shaj.log.Logのメッセージのloggerの定義です。

既定値
 <logger name="com.cenqua.shaj.log.Log" additivity="false">
     <level value="OFF" />
     <appender-ref ref="proxy" />
 </logger>
設定可能値/範囲

詳細については、log4jのドキュメントを参照してください。
http://logging.apache.org/log4j/1.2/

設定方法

テキストエディタでファイルを開き、直接編集します。
設定を反映させる為には、ドメインを再起動する必要があります。

決定基準/導出式

環境に応じて適切な値を設定してください。

設定値に関する備考

特別な要件が無い限り、本ファイルは変更しないでください。

関連パラメータ

特に無し

logger name="net.sf.jpam.Pam" ノード

説明

categoryがnet.sf.jpam.Pamのメッセージのloggerの定義です。

既定値
 <logger name="net.sf.jpam.Pam" additivity="false">
     <level value="OFF" />
     <appender-ref ref="proxy" />
 </logger>
設定可能値/範囲

詳細については、log4jのドキュメントを参照してください。
http://logging.apache.org/log4j/1.2/

設定方法

テキストエディタでファイルを開き、直接編集します。
設定を反映させる為には、ドメインを再起動する必要があります。

決定基準/導出式

環境に応じて適切な値を設定してください。

設定値に関する備考

特別な要件が無い限り、本ファイルは変更しないでください。

関連パラメータ

特に無し

logger name="org.springframework" ノード

説明

categoryがorg.springframeworkのメッセージのloggerの定義です。

既定値
 <logger name="org.springframework" additivity="false">
     <level value="TRACE" />
     <appender-ref ref="proxy" />
 </logger>
設定可能値/範囲

詳細については、log4jのドキュメントを参照してください。
http://logging.apache.org/log4j/1.2/

設定方法

テキストエディタでファイルを開き、直接編集します。
設定を反映させる為には、ドメインを再起動する必要があります。

決定基準/導出式

環境に応じて適切な値を設定してください。

設定値に関する備考

特別な要件が無い限り、本ファイルは変更しないでください。

関連パラメータ

特に無し

logger name="com.nec.webotx.batch" ノード

説明

categoryがcom.nec.webotx.batchのメッセージのloggerの定義です。

既定値
 <logger name="com.nec.webotx.batch">
     <level value="TRACE" />
     <appender-ref ref="proxy" />
 </logger>
設定可能値/範囲

詳細については、log4jのドキュメントを参照してください。
http://logging.apache.org/log4j/1.2/

設定方法

テキストエディタでファイルを開き、直接編集します。
設定を反映させる為には、ドメインを再起動する必要があります。

決定基準/導出式

環境に応じて適切な値を設定してください。

設定値に関する備考

特別な要件が無い限り、本ファイルは変更しないでください。

関連パラメータ

特に無し