mapping.properties

説明

戻り値定義ファイル
ジョブの実行結果とジョブ制御コマンドの終了コード(戻り値,exit値)のマッピング設定を行うファイルです。

パス

${DOMAIN_HOME}/config/batch/exitcode/mapping.properties

書式
webotx.batch.exit.status.<ExitStatus>[.<BatchStatus>]=<戻り値>
プロパティ一覧
パラメータ 説明
webotx.batch.exit.default マッピングが設定されていない場合の終了コード
webotx.batch.exit.status.COMPLETED ジョブのCOMPLETEDに応じた終了コードの指定
webotx.batch.exit.status.COMPLETED\ WITH\ SKIPS ジョブのCOMPLETED_WITH_SKIPSに応じた終了コードの指定
webotx.batch.exit.status.STOPPED ジョブのSTOPPEDに応じた終了コードの指定
webotx.batch.exit.status.FAILED.FAILED ジョブのFAILED.FAILEDに応じた終了コードの指定
webotx.batch.exit.status.FAILED ジョブのFAILEDに応じた終了コードの指定
webotx.batch.exit.status.NOOP ジョブのNOOPに応じた終了コードの指定
webotx.batch.exit.status.UNKNOWN ジョブのUNKNOWNに応じた終了コードの指定

webotx.batch.exit.default

説明

デフォルトの終了コードです。
ExitStatusおよびBatchStatusに該当する定義が存在しない場合の終了コードです。

既定値

255

設定可能値/範囲

 0 〜 255 

設定方法

テキストエディタでファイルを開き、直接編集します。
設定を反映させる為には、ドメインを再起動する必要があります。

決定基準/導出式

環境に応じて適切な値を設定してください。

設定値に関する備考

特になし

関連パラメータ

特になし

webotx.batch.exit.status.COMPLETED

説明

ExitStatus=COMPLETED、BatchStatus=ANYの場合の終了コードです。

既定値

0

設定可能値/範囲

 0 〜 255 

設定方法

テキストエディタでファイルを開き、直接編集します。
設定を反映させる為には、ドメインを再起動する必要があります。

決定基準/導出式

環境に応じて適切な値を設定してください。

設定値に関する備考

特になし

関連パラメータ

特になし

webotx.batch.exit.status.COMPLETED\ WITH\ SKIPS

説明

ExitStatus=COMPLETED WITH SKIPS、BatchStatus=ANYの場合の終了コードです。

既定値

102

設定可能値/範囲

指定可能な文字列、使用可能文字列、値、値の範囲 など

設定方法

テキストエディタでファイルを開き、直接編集します。
設定を反映させる為には、ドメインを再起動する必要があります。

決定基準/導出式

環境に応じて適切な値を設定してください。

設定値に関する備考

特になし

関連パラメータ

特になし

webotx.batch.exit.status.STOPPED

説明

ExitStatus=STOPPED、BatchStatus=ANYの場合の終了コードです。

既定値

106

設定可能値/範囲

 0 〜 255 

設定方法

テキストエディタでファイルを開き、直接編集します。
設定を反映させる為には、ドメインを再起動する必要があります。

決定基準/導出式

環境に応じて適切な値を設定してください。

設定値に関する備考

特になし

関連パラメータ

特になし

webotx.batch.exit.status.FAILED.FAILED

説明

ExitStatus=FAILED、BatchStatus=FAILEDの場合の終了コードです。

既定値

107

設定可能値/範囲

指定可能な文字列、使用可能文字列、値、値の範囲 など

設定方法

テキストエディタでファイルを開き、直接編集します。
設定を反映させる為には、ドメインを再起動する必要があります。

決定基準/導出式

環境に応じて適切な値を設定してください。

設定値に関する備考

特になし

関連パラメータ

特になし

webotx.batch.exit.status.FAILED

説明

ExitStatus=FAILED、BatchStatus=ANYの場合の終了コードです。

既定値

1

設定可能値/範囲

 0 〜 255 

設定方法

テキストエディタでファイルを開き、直接編集します。
設定を反映させる為には、ドメインを再起動する必要があります。

決定基準/導出式

環境に応じて適切な値を設定してください。

設定値に関する備考

特になし

関連パラメータ

特になし

webotx.batch.exit.status.NOOP

説明

ExitStatus=NOOP、BatchStatus=ANYの場合の終了コードです。

既定値

108

設定可能値/範囲

 0 〜 255 

設定方法

テキストエディタでファイルを開き、直接編集します。
設定を反映させる為には、ドメインを再起動する必要があります。

決定基準/導出式

環境に応じて適切な値を設定してください。

設定値に関する備考

特になし

関連パラメータ

特になし

webotx.batch.exit.status.UNKNOWN

説明

ExitStatus=UNKNOWN、BatchStatus=ANYの場合の終了コードです。

既定値

109

設定可能値/範囲

 0 〜 255 

設定方法

テキストエディタでファイルを開き、直接編集します。
設定を反映させる為には、ドメインを再起動する必要があります。

決定基準/導出式

環境に応じて適切な値を設定してください。

設定値に関する備考

特になし

関連パラメータ

特になし