5.2. プログラミング・開発ガイド

本節では、Java EE アプリケーションの作成について説明します。

5.2.1. Java EEアプリケーションの作成

下図が EAR アプリケーション・プロジェクト の設定ページです。


図5.2.1-1

入力内容について、以下に記述します。
表5.2.1-1
オプション
説明
デフォルト
プロジェクト名 
アプリケーションクライアントプロジェクトの名前を新規作成します。
空白
デフォルトの使用
プロジェクトの生成箇所はデフォルト値を採用するかを指定します。
ON
ターゲット・ランタイム 
プロジェクトのランタイムサーバーを設定します。
作成したruntimeがない場合、デフォルト値は<なし>です。作成したruntimeがある場合は作成したものが表示されます
EAR バージョン
EARのパージョンを設定します。
6.0
構成
構成を選択します。
WebOTX Application Server v9(Local Default) デフォルト構成
下図がアプリケーションの プロジェクト・ファセット の設定ページです。 


図5.2.1-2


図5.2.1-3

入力内容について、以下に記述します。
表5.2.1-2
オプション
説明
デフォルト
構成 
構成設定の予定設定です。
WebOTX Application Server v9(Local Default) デフォルト構成
プロジェクト・ファセット
ターゲット・ランタイムがサポートするモジュールのタイプです。
ターゲット・ランタイムのサポートするモジュールのタイプが表示されます。
バージョン
ターゲット・ランタイムがサポートするモジュールのバージョンです。
ターゲット・ランタイムのサポートするモジュールのバージョンが表示されます。
詳細
作成するプロジェクトの説明を表示します。
EARの説明文が表示されます。
ランタイム
WebOTXに作成されたサーバーランタイムのリストです。
アプリケーションクライアント設定ページに選択されたランタイムが選択されます。
下図が エンタープライズ・アプリケーション  の設定ページです。


図5.2.1-4

入力内容について、以下に記述します。
表5.2.1-3

オプション

説明

デフォルト

Java EE モジュール依存関係
関連するプロジェクトのリストです。
Workspaceに既に存在しているejbプロジェクト、webプロジェクト、applicationClientプロジェクト、connectorプロジェクトです。
コンテンツ・ディレクトリー
モジュールの出力フォルダを設定します。
EarContent
application.xmlデプロイメント記述子の生成
プロジェクトに配備記述子を作成します。
OFF

Caution
プロジェクト・ファセット 画面で EAR のバージョンが「1.4」以下の場合、該当画面で application.xmlデプロイメント記述子の生成 チェックボックスは表示されません。

5.2.2. Java EEアプリケーションのデプロイ

作成したJava EEアプリケーションの配備について説明します。
Java EEアプリケーションのアーカイブ
完成したJava EEアプリケーションをアーカイブし、統合運用管理ツールや運用管理コマンド(otxadmin)を使用してデプロイできるようにします。
プロジェクト・エクスプローラで、アーカイブするJava EEアプリケーションプロジェクトを選択します。
右クリックメニュー エクスポート > EARファイルを選択し、エクスポートダイアログを起動します。
宛先を入力し、完了をクリックします。

5.2.2.1. 統合運用管理ツールを利用したデプロイ

Java EEアプリケーションの配備には「統合運用管理ツール」を使用することができます。
統合運用管理ツールはWebOTX Developerのパースペクティブとして組み込まれています。
統合運用管理ツールの使用方法については、 「統合運用管理ツール(WebOTX Administrator) 」を参照してください。

5.2.2.2. サーバで実行機能を利用したデプロイ

プロジェクト・エクスプローラで、Java EEアプリケーションプロジェクトを選択します。
右クリックメニュー 実行 > サーバで実行を選択します。

5.2.2.3. 運用管理コマンド(otxadmin)を利用したデプロイ

Java EEアプリケーションの配備には「運用管理コマンド(otxadmin)」を使用することができます。
運用管理コマンド(otxadmin)の使用方法については、「リファレンス集 運用管理・設定編」- 「運用管理コマンドリファレンス」を参照してください。