1.4. 注意制限事項

1.4.1. 注意事項

1.4.1.1. XMLマッピングファイルの名前変更について

XMLマッピングファイルの名前変更は推奨されない操作です。

名前を変更したい場合は、以下の手順に従って変更してください。
  1. ナビゲータービューで名前を変更。
  2. XMLマッピングプロジェクトの.xmlmappingpluginファイルに記述されるXMLマッピングファイル名を手動で修正。
例:old_file.xmfnew_file.xmf に変更した場合に、.xmlmappingpluginファイルの内容を以下のように修正してください。

修正前:
 ...
 xmfFile="[XMLマッピングプロジェクト名]/old_file.xmf"
 ...
修正後:
 ...
 xmfFile="[XMLマッピングプロジェクト名]/new_file.xmf"
 ...

1.4.1.2. デザイン操作時にエラーや警告メッセージが問題ビューに出力されない

マッピングやノードのプロパティ設定、XSL編集などのデザイン操作時に、 エラーメッセージや警告メッセージが問題ビューに出力されない場合、次の対処を行ってください。 問題ビューで 内容の構成 を選択します。


図1.4.1.2-1

フィルターダイアログで、タイプ > XMLマッピング問題 をONにして、OK をクリックします。


図1.4.1.2-2

1.4.2. 制限事項

1.4.2.1. XMLデータ変換後結線のない要素も出力される

XMLマッピングで生成したXSLファイルを使って、XMLデータ変換を実施した後に、ターゲットスキーマに定義される結線のない要素・属性も変換後のXMLファイルに出力されます。
この場合は、以下の手順に従って不要なノードを削除してください。

  1. 変換後のXMLファイルに、値が"
    "の属性を削除。
  2. 結線のない要素は、変換後のXMLファイルに空要素を生成した場合、この空要素を削除。
例:以下のように、ターゲットスキーマの要素・属性の一部だけ結線があったXMLマッピングで生成したXSLファイルを利用して、XMLデータ変換を行います。


図1.4.2.1-1

変換前のXMLファイル:
<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
<movies>
    <movie>
        <movieName>AAA</movieName>
        <movieType>Action</movieType>
        <moviePrice>10</moviePrice>
        <movieTime>2</movieTime>
    </movie>
</movies>
変換後のXMLファイル:
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?><movies>
<movieType name="Action">
<movieName>AAA</movieName>
<movieTime/>
</movieType>
<moviePrice price="&#10;    ">
<movieName/>
<movieTime/>
</moviePrice>
<count/>
</movies>
手動で不要なノードを削除後のXMLファイル:
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?><movies>
<movieType name="Action">
<movieName>AAA</movieName>
</movieType>
</movies>