2. WebOTX Webサーバ

2.1. 各OS共通の注意事項

2.1.1. WebOTX Webサーバの追加インストール

すでにWebOTX Application Serverをインストール済みの環境にWebOTX Webサーバの追加を行うには、Windows版の場合、WebOTXの再インストールが必要になります。

UNIX版の場合、WebOTX Webサーバのパッケージを個別にインストールした後に、otxadmin create-domainコマンドを実行して、ドメインの再作成を行ってください。
個別インストールは、[ セットアップガイド > 2. インストール > 2.2. インストール > 2.2.2. HP-UX、Linux > 2.2.2.8. コマンドによる追加インストール ]を参照してください。
ドメインの再作成方法については、[ ドメイン構築・基本設定ガイド > 3. ドメイン > 3.2. ドメインの作成・削除 ] を参照してください。

2.1.2. 統合運用管理ツール/コマンドで設定可能な定義情報

統合運用管理ツール/コマンドで設定可能な定義情報と定義情報ファイル(httpd.conf/ssl.conf)を直接編集する必要がある定義情報については、[ リファレンス集 運用管理・設定編 > 1. コンフィグレーション(設定一覧) > 1.3. HTTPサーバ > 1.3.2. WebOTX Webサーバ設定方法] を参照してください。

2.2. Windows 版の注意事項

2.2.1. サービス名

表2.2.1-1
バージョン サービス名

2.2

WebOTX WebServer22 domain名

2.4

WebOTX WebServer24 domain名

WebOTX Webサーバのインストールを行うと次のサービスが自動的に登録されます。このサービスは、WebOTXのドメインの起動/停止と連動しているため、個別にサービスの起動属性等を変更する必要はありません。
なお、WebOTXのアンインストール時に上記サービスが削除されない場合があります。
この場合には、次のサービスのレジストリ情報を削除してください。

\\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentConnnnrolSet\Services 配下
    \WebOTXWebServer22domain名 キー または
    \WebOTXWebServer24domain名 キー

2.2.2. error.logの手動移動

error.logに対して、rotatelogs.exeによるローテーションを設定している場合、WebOTX Webサーバ起動時に生成されたerror.logファイルをWebOTX Webサーバ動作中に削除しないでください。このファイルを削除する場合は、WebOTX Webサーバを停止後に実行してください。
なお、WebOTX Webサーバ動作中にローテーションにより退避されたerror.logファイルであれば、WebOTX Webサーバ動作中の削除は可能です。

2.2.3. WebOTX Webサーバが応答しなくなる事象

Windows版のWebOTX Webサーバではaccept()APIよりもよい性能を発揮するAcceptEx()関数を使用していますが、使用されている環境(ウィルススキャナ、VPNパッケージ、ネットワークドライバ、クライアントのブラウザ等)によりAcceptEx()関数の適切な動作が妨げられる場合があります。
以下のようなエラーに遭遇した場合は定義情報ファイル(httpd.conf)に設定を追加してAcceptEx()関数を使用しないようにする必要があります。

(エラーログ出力例)

[Xxx Xxx xx xx:xx:xx xxxx] [error] (730038)An operation was attempted on something that is not a socket.: winnt_accept: AcceptEx failed. Attempting to recover.

(WebOTX Webサーバ 2.2利用時)

 <IfModule mpm_winnt.c>
   ・・・
   ・・・
   Win32DisableAcceptEx
 </IfModule>


(WebOTX Webサーバ 2.4利用時)

   AcceptFilter http none
   AcceptFilter https none

2.3. UNIX版の注意事項

2.3.1. WebOTX運用ユーザ利用時のポート番号制限

UNIX版の場合、インストール時に「WebOTX 運用ユーザ」を利用する設定を行った場合、利用できるポート番号がOSによって制限されるため、1024以下のポート番号を利用することはできません。

WebOTX運用ユーザ利用時でも1024以下のポート番号を利用したい場合には、rootユーザで次のコマンドを実行し、ファイルの実行権限を変更する必要があります。

(WebOTX Webサーバ 2.2利用時)

 >chmod +s /opt/WebOTX/WebServer22/bin/httpd


(WebOTX Webサーバ 2.4利用時)

 >chmod +s /opt/WebOTX/WebServer24/bin/httpd

2.3.2. Linux版での注意事項

WebOTX Webサーバの起動時にwebotx_agent.logに「セグメンテーション違反です $HTTPD -f $CONFFILE -d $SERVERROOT -k $ARGV」のメッセージが出力された場合、次のOS側設定を確認してください。

1.localhostが名前解決できるようにしてください。
2./etc/hostsファイルに次の設定が無い場合は追加してください。

127.0.0.1 localhost