ジャーナルユーティリティ

ジャーナルユーティリティは、WebOTX Transaction Serviceで使用するジャーナルファイルの各種操作を行うためのユーティリティです。
ジャーナルファイルの設定の変更を行う場合、ジャーナルユーティリティによる操作を行う前に、リカバリサーバ設定ダイアログのジャーナルタグからジャーナルファイルの設定を変更しておく必要があります。

ジャーナルユーティリティには、次のコマンドがあります。


 
createコマンド

形式

jrnlutil create /name:RecoveryServer
                /conf:[YES|NO]
説明 コンフィグレーション情報にしたがって、ジャーナルファイルを生成します。
nameパラメータに、ジャーナル名として「RecoveryServer」を指定します。
confパラメータに、「NO」を指定した場合、確認メッセージを表示せずにコマンドを実行します。
実行結果 コマンドが異常終了した場合、イベントログ、あるいはsyslogににイベントを記録します。


 
deleteコマンド

形式

jrnlutil delete /name:RecoveryServer
                /conf:[YES|NO]
説明 ジャーナルファイルを削除します。
nameパラメータに、ジャーナル名として「RecoveryServer」を指定します。
confパラメータに、「NO」を指定した場合、確認メッセージを表示せずにコマンドを実行します。
実行結果 コマンドが異常終了した場合、イベントログ、あるいはsyslogににイベントを記録します。


 
initコマンド

形式

jrnlutil init /name:RecoveryServer 
              /current 
              /conf:[YES|NO] 

jrnlutil init /name:RecoveryServer 
              /all 
              /conf:[YES|NO] 

jrnlutil init /name:RecoveryServer 
              /date:YYYY/MM/DD 
              /time:HH:MM[:SS[.MS]] 
              /conf:[YES|NO] 
説明 ジャーナルファイルを初期化します。
nameパラメータに、ジャーナル名として「RecoveryServer」を指定します。
curentパラメータを指定した場合、未セーブファイルの先頭から、カレントファイルまでを初期化します。
allパラメータを指定した場合、すべてのファイルを初期化します。
dateパラメータ、timeパラメータを指定した場合、未セーブファイルの先頭から、指定された日時を含むファイルまでを初期化します。
confパラメータに、「NO」を指定した場合、確認メッセージを表示せずにコマンドを実行します。
実行結果 コマンドが異常終了した場合、イベントログ、あるいはsyslogににイベントを記録します。


 
saveコマンド

形式

jrnlutil save /name:RecoveryServer 
              /path:セーブファイルパス 
              /all 
              /conf:[YES|NO] 

jrnlutil save /name:RecoveryServer 
              /path:セーブファイルパス 
              /date:YYYY/MM/DD 
              /time:HH:MM[:SS[.MS]] 
              /conf:[YES|NO] 
説明 ジャーナルファイルをpathパラメータで指定したディレクトリにセーブします。
nameパラメータに、ジャーナル名として「RecoveryServer」を指定します。
allパラメータを指定した場合、すべてのファイルをセーブします。
dateパラメータ、timeパラメータを指定した場合、未セーブファイルの先頭から、指定された日時を含むファイルまでをセーブします。
confパラメータに、「NO」を指定した場合、確認メッセージを表示せずにコマンドを実行します。
実行結果 コマンドが異常終了した場合、イベントログ、あるいはsyslogににイベントを記録します。


 
swapコマンド

形式

jrnlutil swap /name:RecoveryServer 
説明 ジャーナルファイルをスワップします。
nameパラメータに、ジャーナル名として「RecoveryServer」を指定します。
実行結果 コマンドが異常終了した場合、イベントログ、あるいはsyslogににイベントを記録します。


 
statusコマンド

形式

jrnlutil status /name:RecoveryServer 
説明 ジャーナルファイル情報として、以下の情報を表示します。
nameパラメータに、ジャーナル名として「RecoveryServer」を指定します。
実行結果 次の項目が表示されます。またコマンドが異常終了した場合、イベントログ、あるいはsyslogににイベントを記録します。
File Size ジャーナルファイルサイズを、MB単位で表示します。
File User ジャーナルファイル利用者数を表示します。
Current File Number カレントファイル番号を表示します。
Non Saved File Number 未セーブファイルの先頭番号を表示します。
Used File Rate ファイル使用率を表示します。
Non Saved File Rate ファイル未セーブ率を表示します。