Transactionサービス コマンドリファレンス


  
wotssetref

名称 wotssetref - 名前サービスへのリファレンス登録(Windows版、UNIX版)
形式 wotssetref -options RCSID 
wotssetref -R hostname 
説明 wotssetrefコマンドは、RCSを管理するための名前コンテキストを作成し名前サービスにリファレンスを登録します。
このコマンドはサービス起動後に一度実行する必要があります。
また、コマンドを実行する前に、Object Brokerを起動する必要があります。
wotsrcs は適切な特権を持ったユーザしか使用できません。また、RCSIDは16文字以内の英数字にする必要があります。
オプション wotssetref は、次のオプションを認識します。
-a 名前サーバに対して名前コンテキストを登録します。オプションが省略された場合は-aが指定されたとみなして動作します。
-r 名前サーバに登録してある名前コンテキストを削除します。
-h nameserver   登録を行う名前サービスが動作するホスト名を指定します。このオプションを指定しない場合は、Object Brokerで設定されている名前サービスが動作するホスト名に登録します。
-d rcdname   複数のRCDを動作させる場合に、管理サーバを識別する名称を指定します。このオプションを指定しない場合はデフォルトの管理サーバになります。
-I hostname   登録するオブジェクトリファレンスに含めるホスト名を指定します。このオプションは論理ホスト名等を設定する場合に使用します。指定しない場合は自マシンの物理ホスト名が設定されます。
-p portnum   登録するオブジェクトリファレンスに含めるポート番号を指定します。未指定の場合は管理サービスの構成で設定されているポート番号が設定されます。
-R hostname   ProxyRCSが登録したオブジェクトリファレンスを削除します。hostnameにはProxyRCSがTransactionFactoryを登録したホスト名を指定します。このオプションを使用する場合はRCSIDは不要です。
戻り値 wotssetrefは、次のいずれかの値で終了します。
0 処理が正常に終了しました。
< 0 何らかのエラーが生じたので実行が中止されました。エラーの原因は、標準エラー出力に出力されます。

  
wotsrcs

名称 wotsrcs - RCSの状態の表示・制御(Windows版、UNIX版)
形式 wotsrcs [-s -F -h nameserver] RCSID [command]
説明 wotsrcs は、RCSに対してcommand に対応した制御を行います。
引き数commandを省略した場合は、RCSの現在の状態を表示します。
wotsrcs は適切な特権を持ったユーザしか使用できません。
オプション wotsrcs は、次のオプションを認識します。
command RCSに対する制御を指定します。指定可能な制御には次のものがあります。
startRCSを起動します。
stopRCSを停止します。
pauseRCSを一時停止します。
continueRCSを再開します。
-s 名前サーバの参照を行わずに共有メモリの状態を表示します。このオプションは自ホストにのみ有効です。
-F コマンドの結果にかかわらず共有メモリの状態を更新します。このオプションは-sと同時に指定します。
-h nameserver   名前サービスが動作するホスト名を指定します。このオプションを指定しない場合は、Object Brokerで設定されている名前サービスが動作するホスト名に登録します。
戻り値 wotsrcsは、次のいずれかの値で終了します。
>=0 処理が正常に終了しました。
< 0 何らかのエラーが生じたので実行が中止されました。エラーの原因は、標準エラー出力に出力されます。

  
wotstx

名称 wotstx - トランザクションの制御(Windows版、UNIX版)
形式 wotstx  [-l] RCSID operation [txid]
説明 wotstx コマンドは、RCSIDtxid で特定されるトランザクションに対し、operation で指定される操作を行います。
オプション wotstx は、次のオプションを認識します。
operation トランザクションに対する操作を指定します。指定可能な操作には次のものがあります。
commit強制コミット
rollback強制ロールバック
delete強制削除
forget破棄
listトランザクション一覧出力
txid操作を行うトランザクションのトランザクション識別を指定します。このオプションは操作にトランザクション一覧以外が指定された場合、省略できません。
-lトランザクション一覧をロング形式で表示します。このオプションは操作にトランザクション一覧が指定された場合に有効です。
戻り値 wotstxは、次のいずれかの値で終了します。
0 トランザクションに対して操作が正しく処理されました。
< 0 何らかのエラーが生じたので実行が中止されました。エラーの原因は、標準エラー出力に出力されます。

  
wotschcnf

名称 wotschcnf - 構成情報変更の通知(Windows版、UNIX版)
形式 wotschcnf [-h nameserver] RCSID
wotschcnf -l [rcdname]
説明 wotschcnf コマンドは、RCS構成情報の変更を通知します。
(wotschcnf コマンドは、変更があったことを通知するだけで、変更内容の通知は行いません。)
オプション wotschcnf は、次のオプションを認識します。
-h hostname名前サービスが動作するホスト名を指定します。このオプションを指定しない場合は、Object Brokerで設定されている名前サービスが動作するホスト名に登録します。
-lrcs.confを変更した場合に自ホスト内の管理サーバに対して変更を通知します。複数の管理サーバが起動している場合はrcdnameを指定します。
戻り値 wotschcnfは、次のいずれかの値で終了します。
0 構成情報の変更通知が正しく通知されました。
< 0 何らかのエラーが生じたので実行が中止されました。エラーの原因は、標準エラー出力に出力されます。

  
chkrcscnf

名称 chkrcscnf - 構成情報のチェック(Windows版、UNIX版)
形式 chkrcscnf <RCSID | -f filename | -rcs [-f filename] | -c RCSID >
説明 chkrcscnfコマンドは指定された構成情報ファイルの内容のチェックを行います。
オプション chkrcscnf は、次のオプションを認識します。
RCSIDconfディレクトリ配下にあるRCS構成情報ファイルからRCSIDで指定された内容をチェックします。
-f filenamefilenameで指定された構成情報の内容をチェックします。
-rcs [-f filename]指定されたrcs.confの内容をチェックします。ファイル名の指定がない場合はconfディレクトリ配下にあるrcs.confファイルをチェックします。
-c RCSIDRCSIDの構成情報ファイルを新規に作成します。
戻り値 chkrcscnfは、次のいずれかの値で終了します。
0 構成情報の変更通知が正しく通知されました。
< 0 何らかのエラーが生じたので実行が中止されました。エラーの原因は、標準エラー出力に出力されます。

  
wotsdbconfj

名称 wotsdbconfj - データベースのコンフィグレーション情報の管理(Java)(Windows版、UNIX版)
形式 wotsdbconfj option [command]
説明 wotsdbconfj は、Javaから使用するデータベースのコンフィグレーション情報を管理するために使用します。wotsdbconfj は、database.dat内の情報を更新します。動作中のRCSに反映するためには、wotsdbadm を使用してください。
オプション wotsdbconfj は、次のオプションを認識します。
option   データベースのコンフィグレーション情報の操作オプションを指定します。指定可能な操作には次のものがあります。
-fデータベースのコンフィグレーション情報を記述したファイル名を指定します。指定されたファイルに記述されているデータベースのコンフィグレーション情報で上書きします。新規にデータベース情報を追加する場合に有効です。このオプションを指定した場合、指定されたファイルに記述されているデータベースのコンフィグレーション情報で全て上書きされますのでご注意ください。
-uデータベースのコンフィグレーション情報を削除します。
-d操作を行うデータベース識別名を指定します。このオプションは、-uオプションを指定する場合に指定します。
-lデータベースのコンフィグレーション情報の詳細を一覧表示します。
command   データベースのコンフィグレーション情報に対する操作を指定します。指定可能な操作には次のものがあります。
list database.datに登録されている全データベースのコンフィグレーション情報を一覧表示します。動作中のRCSに登録されているデータベースのコンフィグレーション情報を一覧表示するには、wotsdbadm を使用してください。
使用例 wotsdbconfj の使用例です。
wotsdbconfj -f templatefile  
wotsdbconfj -u -d databaseid  
wotsdbconfj -l list  

  
wotsdbconfc

名称 wotsdbconfc - データベースのコンフィグレーション情報の管理(C++)(Windows版、UNIX版)
形式 wotsdbconfc option [command]
説明 wotsdbconfc は、C++から使用するデータベースのコンフィグレーション情報を管理するために使用します。wotsdbconfc は、database.dat内の情報を更新します。動作中のRCSに反映するためには、wotsdbadm を使用してください。
オプション wotsdbconfc は、次のオプションを認識します。
option データベースのコンフィグレーション情報の操作オプションを指定します。指定可能な操作には次のものがあります。
-fデータベースのコンフィグレーション情報を記述したファイル名を指定します。指定されたファイルに記述されているデータベースのコンフィグレーション情報で上書きします。新規にデータベース情報を追加する場合に有効です。このオプションを指定した場合、指定されたファイルに記述されているデータベースのコンフィグレーション情報で全て上書きされますのでご注意ください。
-uデータベースのコンフィグレーション情報を削除します。
-d操作を行うデータベース識別名を指定します。このオプションは、-uオプションを指定する場合に指定します。
-lデータベースのコンフィグレーション情報の詳細を一覧表示します。
commandデータベースのコンフィグレーション情報に対する操作を指定します。指定可能な操作には次のものがあります。
listdatabase.datに登録されている全データベースのコンフィグレーション情報を一覧表示します。動作中のRCSに登録されているデータベースのコンフィグレーション情報を一覧表示するには、wotsdbadm を使用してください。
使用例 wotsdbconfj の使用例です。
wotsdbconfc -f templatefile
wotsdbconfc -u -d databaseid
wotsdbconfc -l list

  
wotsdbconfap

名称 wotsdbconfap - データベースのコンフィグレーション情報の管理(AP)(Windows版、UNIX版)
形式 wotsdbconfap option [command]
説明 wotsdbconfap は、C++から使用するデータベースのコンフィグレーション情報を管理するために使用します。wotsdbconfap は、database.dat内の情報を更新します。動作中のRCSに反映するためには、wotsdbadm を使用してください。
オプション wotsdbconfap は、次のオプションを認識します。
option データベースのコンフィグレーション情報の操作オプションを指定します。指定可能な操作には次のものがあります。
-fデータベースのコンフィグレーション情報を記述したファイル名を指定します。指定されたファイルに記述されているデータベースのコンフィグレーション情報で上書きします。新規にデータベース情報を追加する場合に有効です。このオプションを指定した場合、指定されたファイルに記述されているデータベースのコンフィグレーション情報で全て上書きされますのでご注意ください。
-uデータベースのコンフィグレーション情報を削除します。
-d操作を行うデータベース識別名を指定します。このオプションは、-uオプションを指定する場合に指定します。
-lデータベースのコンフィグレーション情報の詳細を一覧表示します。
commandデータベースのコンフィグレーション情報に対する操作を指定します。指定可能な操作には次のものがあります。
listdatabase.datに登録されている全データベースのコンフィグレーション情報を一覧表示します。動作中のRCSに登録されているデータベースのコンフィグレーション情報を一覧表示するには、wotsdbadm を使用してください。
使用例 wotsdbconfap の使用例です。
wotsdbconfap -f templatefile
wotsdbconfap -u -d databaseid
wotsdbconfap -l list

  
wotsdbadm

名称 wotsdbadm - データベースの制御(Windows版、UNIX版)
形式 wotsdbadm option [command] RCSID [stxid]
説明 wotsdbadm は、動作中のRCSに対してデータベースへの操作を要求します。wotsdbconfjwotsdbconfcwotsdbconfap でデータベースのコンフィグレーション情報が登録・更新されたことをRCSへ通知します。データベースの停止・再開を要求します。また、データベースに不正に残っているトランザクションの一覧表示、および、トランザクションに対する操作を要求します。
オプション wotsdbadm は、次のオプションを認識します。
option データベースの操作オプションを指定します。指定可能な操作には次のものがあります。
-hRCSが動作しているコンピュータを指定します。
-d操作を行うデータベース識別名を指定します。このオプションは、commandstatusコマンド(状態表示)が指定された場合のみ省略できます。
-Fデータベースの強制停止を要求します。このオプションは、commandclose(データベースの停止)が指定された場合のみ有効です。
commandデータベースに対する操作を指定します。指定可能な操作には次のものがあります。
registerデータベースの登録・更新を要求します。
unregisterデータベースの削除を要求します。
closeデータベースの停止を要求します。
openデータベースの再開を要求します。
statusデータベースの状態を表示します。
commitトランザクションのcommitを要求します。
rollbackトランザクションのrollbackを要求します。
forgetトランザクションのforgetを要求します。
deleteトランザクションの削除を要求します。
txlistトランザクションの一覧を表示します。
RCSID操作を行うRCSIDを指定します。このオプションは、省略できません。
stxid操作を行うトランザクションブランチのトランザクション識別子を指定します。commandにcommit、rollback、forget、deleteを指定する場合は、このオプションは省略できません。
使用例 wotsdbadm の使用例です。
database operation
wotsdbadm [-h servername] -d databaseid register RCSID
wotsdbadm [-h servername] -d databaseid unregister RCSID
wotsdbadm [-h servername] -d databaseid open RCSID
wotsdbadm [-F] [-h servername] -d databaseid close RCSID
wotsdbadm [-h servername] [-d databaseid] status RCSID
transaction branch operation
wotsdbadm [-h servername] -d databaseid commit RCSID stxid
wotsdbadm [-h servername] -d databaseid rollback RCSID stxid
wotsdbadm [-h servername] -d databaseid forget RCSID stxid
wotsdbadm [-h servername] -d databaseid delete RCSID stxid
wotsdbadm [-h servername] -d databaseid txlist RCSID

  
wotsrcd

名称 wotsrcd - 管理サーバの状態表示・停止(Windows版、UNIX版)
形式 wotsrcd [options] [rcdname]
説明 wotsrcdは管理サーバの状態の確認と指定を行います。
オプション wotsrcdは、次のオプションを認識します。
-s [rcdname]管理サーバの状態を確認します。[rcdname]が指定された場合は該当する管理サーバの状態を表示します。
-k [rcdname]管理サーバを停止します。[rcdname]が指定された場合は該当する管理サーバを停止します。
-m エラー時にエラーの内容を表示します。(Windows版)
-a [rcdname]rcdnameをサービス名としてサービスコントロールマネージャに登録します。(Windows版)
-r [rcdname]登録されたrcdnameのサービスをサービスコントロールマネージャから削除します。(Windows版)
-g WebOTX_TSWebOTX Transaction Serviceとして登録されている全てのサービスをサービスコントロールマネージャから削除します。本コマンド実行後WebOTX Transaction Serviceは動作しなくなるため注意してください。(Windows版)
戻り値 wotsrcdは、次のいずれかの値で終了します。
≥ 0 処理が正常に終了しました。
< 0 何らかのエラーが生じたので実行が中止されました。エラーの原因は、標準エラー出力に出力されます。


  
otstrc

名称 otstrc - トレース構成情報の変更(Windows版、UNIX版)
形式 otstrc trace_kind [-p file_path] [-s file_size] [-l collect_level] [-i collect_on_off][-F]
説明 otstrc コマンドは、trace_kindで指定されたトレース構成情報の変更を行います。
変更可能なトレース構成情報には、リカバリサーバトレース構成情報、リソーストレース構成情報、カレントトレース構成情報、アプリケーション動作トレース、RCSトレース、RCDトレースがあります。
動作中のRCS、RCD、及びRCSを利用するアプリケーションに対し、トレースレベルを動的反映させるためには、otstrc コマンド実行後、wotschcnf コマンドを実行する必要があります。
オプション otstrc コマンドは、次のオプションを認識します。
trace_kind以外の全てのオプションが省略された場合は、現在設定されているトレース構成情報の内容を表示します。
trace_kind変更するトレース構成情報を指定します。trace_kind には次の値を指定します。
rsリカバリサーバトレース
xaリソーストレース
currentカレントトレース
lrsアプリケーション動作トレース
rcsRecovery Coordination Serverトレース
rcdRCDトレース
-pfile_pathトレースファイルのパスを絶対パスで指定します。
-sfile_sizeトレースファイルのサイズをKB単位で指定します。ファイルサイズは、指定したトレース構成情報によって異なります。指定できる範囲は次のとおりです。
リカバリサーバ1-512,000
リソース640-4,096
カレント1-512,000
-lcollect_level採取するトレース情報のレベルを指定します。collect_level には次の値を指定します。
0すべての情報を採取しない
1障害情報までの情報を採取
2警告情報までの情報を採取
3動作情報までの情報を採取
4詳細情報までの情報を採取
-icollect_on_offトレースファイルの初期化を行うかどうかを指定します。collect_on_off には次の値を指定します。
onトレースファイルの初期化を行う
offトレースファイルの初期化を行わない
-F強制的にトレースファイルの参照カウンタをリセットします。この参照カウンタは、トレースファイルを参照しているプログラムが使用しています。リカバリサーバなどに障害が発生した場合、参照カウンタが不正になります。参照カウンタが不正の場合、トレース構成情報の変更ができませんので、このオプションを指定する必要があります。通常、このオプションを使用する必要はありません。このオプションはUNIX版でのみ指定可能です
戻り値 otstrcは、次のいずれかの値で終了します。
0 構成情報がすべて正しく設定されました。
< 0 何らかのエラーが生じたので実行が中止されました。エラーの原因は、標準出力に出力されます。

  
trcview

名称 trcview - トレースビューアの起動(UNIX版のみ)
形式 trcview [-s start_date_time] [-e end_date_time] [-l ewrd1234] [-c component_name] [-o occurrence] [-i user_id] [-p process_id] [-t thread_id] [-x] [-d display_file] target_file 
説明 trcview コマンドは、引数 target_file で指定されたトレース情報ファイルの内容を表示するトレースビューアを起動します。
オプション trcview コマンドは、次のオプションを認識します。
target_fileトレースファイルのパスを指定します。このパラメータは省略できません。
-sstart_date_time表示するトレース情報の先頭時刻を指定します。
指定例-s 19981121012459
結果1998年11月21日 1時24分59秒
-eend_date_time表示するトレース情報の末尾時刻を指定します。
-lewrd1234指定されたトレースレベルの情報を表示します。この指定がない場合、すべてのレベルの情報が表示されます。
e障害情報
w警告情報
r動作情報
d詳細情報
1障害情報
2障害情報,警告情報
3障害情報,警告情報,動作情報
4障害情報,警告情報,動作情報,詳細情報
-ccomponent_name指定されたコンポーネント名を持つ情報を表示します。
-ooccurrence指定されたトレース事象を持つ情報を表示します。
-iuser_id指定されたユーザー識別子(16進指定)を持つ情報を表示します。
-pprocess_id指定されたプロセスID(16進指定)を持つ情報表示します。
-tthread_id指定されたスレッドID(16進指定)を持つ情報を表示します。
-xデータ部の表示を行います。
-ddisplay_file指定された画面表示設定ファイルを使用します。
多言語化対応 環境変数
環境変数は参照しません。
サポートされるコードセット
シングル・バイトの文字コードセットがサポートされます。
戻り値 jnlviewは、次のいずれかの値で終了します。
0 入力ファイルがすべて正しく表示されました。
-1 ファイルへのアクセス時にエラーが生じたので、実行が中止されました。
ファイル
~/.trcviewトレースビューアが起動時にデフォルトで読み込む画面表示設定ファイルです。