1. 使用上の条件

本章では、WebOTX Application Server (WebOTX AS)とAdministrator, Clientを利用するために必要なメモリ容量、固定ディスク空き容量などのハードウェア・リソースと、動作対象オペレーティング・システムやJava、データベース・サーバなどのソフトウェアについて説明します。

1.1. 必要リソース

ここでは、インストールするために必要な固定ディスク空き容量と、インストール中、およびインストール後の初期動作で必要なメモリ容量について説明します。

下記に示すメモリ容量は、インストール時に既定値を選択して動作させた場合を表しています。

ハード ディスク容量には、CコンパイラやJava SE Development Kitなどの関連ソフトウェアのディスク消費量は含まれていません。

1.1.1. WebOTX Application Server Express

WebOTX Application Server Expressには製品の諸元制限があります。詳細は[ 1.3. 製品の諸元制限について > 1.3.1. WebOTX Application Server Express]を参照してください。

表1.1.1-1
プラットフォーム メモリ ハード ディスク
Windows - Intel x86 最小 512 MB、推奨 1 GB以上 200 MB
Windows - Intel 64 最小 640 MB、推奨 1 GB以上
HP-UX - Itanium 最小 1 GB、推奨 1.5 GB以上 350 MB
Linux - Intel x86 最小 512 MB、推奨 1 GB以上 220 MB
Linux - Intel 64 最小 640 MB、推奨 1 GB以上 240 MB

1.1.2. WebOTX Application Server Standard

表1.1.2-1
プラットフォーム メモリ ハード ディスク
Windows - Intel x86 最小 512 MB、推奨 1 GB以上 300 MB
Windows - Intel 64 最小 1 GB、推奨 1.5 GB以上
HP-UX - Itanium 最小 1.5 GB、推奨 2 GB以上 470 MB
Linux - Intel x86 最小 640 MB、推奨 1 GB以上 300 MB
Linux - Intel 64 最小 1 GB、推奨 1.5 GB以上 320 MB

1.1.3. WebOTX Application Server Enterprise

表1.1.3-1
プラットフォーム メモリ ハード ディスク
Windows - Intel x86 最小 512 MB、推奨 1 GB以上 360 MB
Windows - Intel 64 最小 1 GB、推奨 1.5 GB以上
HP-UX - Itanium 最小 1.5 GB、推奨 2 GB以上 550 MB
Linux - Intel x86 最小 1 GB、推奨 1.5 GB以上 380 MB
Linux - Intel 64 最小 1.5 GB、推奨 2 GB以上 400 MB

1.1.4. WebOTX Administrator

表1.1.4-1
プラットフォーム メモリ ハード ディスク
Windows - Intel x86 最小 96 MB、推奨 384 MB以上 90 MB
Windows - Intel 64 最小 96 MB、推奨 512 MB以上
HP-UX - Itanium
最小 128 MB、推奨 512 MB以上 85 MB
Linux - Intel x86
最小 64 MB、推奨 384 MB以上
Linux - Intel 64
最小 128 MB、推奨 512 MB以上
ディスプレイは、解像度1024 x 768、16ビットカラー以上が表示可能なカラーモニタを推奨します。

1.1.5. WebOTX Client

表1.1.5-1
プラットフォーム メモリ ハード ディスク
Windows - Intel x86 最小 256 MB、推奨 512 MB以上 130 MB
Windows - Intel 64 最小 256 MB、推奨 512 MB以上
HP-UX - Itanium 最小 256 MB、推奨 512 MB以上 230 MB
Linux - Intel x86 最小 256 MB、推奨 512 MB以上 140 MB
Linux - Intel 64 最小 256 MB、推奨 512 MB以上

1.2. ソフトウェア条件について

製品がサポートするオペレーティング・システム(OS)とハードウェア、および、製品を利用するために必要な関連ソフトウェアについて説明します。

1.2.1. オペレーティング・システム

製品の動作対象であるオペレーティング・システムとハードウェアの対応を以下に示します。

1.2.2. Java SE Development Kit

WebOTXシステムは、実行時にJava™ Platform, Standard EditionのSDKを必要とします。 サポートするSDKバージョンは次のとおりです。

適用するJava SEのSDKのメンテナンス・バージョンは、最新版を推奨します。 なお、各SDKのバージョンには、次の注意・制限事項がありますのでご注意ください。

下の表は、WebOTX ASの動作対象となるJava SEのSDKのバージョンを示しています。

表1.2.2-1
 bitCPUOS Java
SE 7
Java
SE 8
備考
Windows 32 x86 Windows Server 2008  
x64 32ビットモードで動作
64 x64 Windows Server 2008  
Windows Server 2008 R2 ○(*1) (*1)Windows Server 2008 R2 SP1以降
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
 
HP 64 Itanium 2 HP-UX 11i v2 (11.23)
HP-UX 11i v3 (11.31)
○ (*1) − (*2) (*1) 7.0.11 以降
(*2)次リリース以降にサポート予定
Linux 32 x86 Red Hat Enterprise Linux 6 Server (x86) ※6.1以降
Red Hat Enterprise Linux 5 (x86)
Red Hat Enterprise Linux AP 5 (x86)
○(*1) ○(*1) (*1)正式対応はRed Hat Enterprise Linux 5.5以降
x64 ○ (*1) ○ (*1) 32ビットモードで動作
(*1) 正式対応はRed Hat Enterprise Linux 5.5以降
64 x64 Red Hat Enterprise Linux 7 Server (x86-64) ※7.1以降
Red Hat Enterprise Linux 6 Server (x86-64) ※6.1以降
Red Hat Enterprise Linux 5 (x86-64)
Red Hat Enterprise Linux AP 5 (x86-64)
○ (*1) ○ (*1) (*1) 正式対応はRed Hat Enterprise Linux 5.5以降

HP-UXプラットフォームでは、各々のベンダからSDKの動作に必要なOSパッチが付属ドキュメントに記載されています。 パッチ未適用による品質や性能の低下、劣化を防止するために、WebOTX導入時にOSパッチの適用状況を確認し、SDKの動作で必要とされる全てのOSパッチを適用しておくことを強く推奨します。

Caution

1.2.3. Webブラウザ・プラグイン

WebOTX実行環境を管理するためにWebブラウザベースの管理ツールとして、Web版統合運用管理コンソールを提供しています。WebOTX V9.3のWeb版統合運用管理コンソールを使用するには、Internet Explorer 7/8/9/10/11 または Firefox 24以上、Google Chrome 30以上 が必要です。 必要なWebブラウザ・プラグインはありません。

1.2.4. C++アプリケーション開発

WebOTX Developerを使用して C/C++ プログラミング言語でアプリケーション開発を行う場合には、コンパイラが必要です。

対応しているコンパイラ・ソフトウェア製品に関しては、 [ セットアップガイド > 1. 使用上の条件 > 1.2. ソフトウェア条件について > 1.2.3. C++アプリケーション開発 ] の記載を参照してください。

1.2.5. 対応ソフトウェア

ここでは、WebOTX実行時環境がデータベース・サーバなどの外部サービスと連携する場合に、対応しているサーバ製品について説明をします。

1.2.5.1. Webサーバ

WebOTX ASは次のWebサーバに対応しています。

*1
WebOTX Media V9 Release 6からインストールする場合、WebOTX ASにはApache HTTP Server 2.2.31/2.4.16 相当がバンドルされています。
*2
64bit環境での、IIS 32bitモードはサポートしていません。

1.2.5.2. データベース・サーバ

WebOTX ASがサポート対象とするデータベース・サーバは、プログラミング言語、オペレーティング・システムによって次の製品に対応しています。

1.3. 製品の諸元制限について

WebOTX製品の諸元制限について説明します。

1.3.1. WebOTX Application Server Express

WebOTX Application Server Expressはエントリ・モデルのため、以下の諸元制限があります。

1.4. 複数バージョンインストールについて

WebOTX製品はV9.3からUNIX版において同一マシンへの複数バージョンインストールをサポートします。
また、V9.2まではWebOTX製品のインストール・ベースディレクトリ(※)は/opt固定でしたが、V9.3からインストール時に変更することが可能です。
※UNIX版のパッケージ(RPM/デポ)のインストール時に起点として使用するディレクトリ

複数バージョンインストールの詳細に関しては[製品構成と提供機能 > 3. 提供機能 > 3.11. インストール/アンインストール > 3.11.3. 複数バージョンインストール ]を確認してください。