はじめに

本書では、WebOTX Portal利用時の注意事項、制限事項について説明します。

対象読者

本書はWebOTX Portalを使用する次の方を対象としています。

表記について

パス名表記

本書ではパス名の表記については特にOSを限定しない限りセパレータはスラッシュ’/’で統一しています。Windows環境においては’\’に置き換えてください。

環境変数表記

本書では環境変数について${env}を用いて表します。

環境変数名 説明
AS_INSTALL WebOTXインストールディレクトリ /opt/WebOTX
INSTANCE_ROOT ドメインルートディレクトリ /opt/WebOTX/domains/domain1
JAVA_HOME JDKインストールディレクトリ /usr/java/jdk1.7.0_xx

変数表記

本書では環境変数以外で環境によって値の異なるものについては<変数名>を用いて表します。XML文書内では{変数名}を用いて表します。

略称

本書では以下の略称で表記することがあります。

略称 名称または説明
WebOTX AS WebOTX Application Server

本書の構成

1. WebOTX Portal全体における事項
WebOTX Portal全体における注意制限事項について説明します。
2. インストール/アンインストールにおける事項
インストール/アンインストールにおける注意制限事項について説明します。
3. ストレージにおける事項
ストレージにおける注意制限事項について説明します。
4. ポートレット基盤における事項
ポートレット基盤における注意制限事項について説明します。
5. ビルトインポートレットにおける事項
ビルトインポートレットにおける注意制限事項について説明します。
6. 国際化対応における事項
国際化対応における注意制限事項について説明します。
7. アクセス権における事項
アクセス権における注意制限事項について説明します。
8. ユーザインタフェースにおける事項
ユーザインタフェースにおける注意制限事項について説明します。
9. ログ機能における事項
ログ機能における注意制限事項について説明します。
10. 運用ツールにおける事項
運用ツールにおける注意制限事項について説明します。
11. ユーザリソースにおける事項
ユーザリソースにおける注意制限事項について説明します。
12. 認証連携機能における事項
認証連携機能における注意制限事項について説明します。
13. 認証機能における事項
認証機能における注意制限事項について説明します。
14. スマートデバイスアプリケーションにおける事項
スマートデバイスアプリケーションにおける注意制限事項について説明します。