1. JSR 286: Portlet Specification

本章では、JSR 286 Portlet Specificationについて説明します。

Java Portlet Specification は、ポータル環境で実行されるポートレットの集約、パーソナライゼーション、プレゼンテーション、およびセキュリティーの要件を指定したものです。 最新のJava Portlet Specification のバージョンは 2.0 であり、Java Community Process により、 JSR-286 として承認されました。

WebOTX Portalでは、JSR-286に準拠したポートレットをサポートします。また、Java Portlet Specification 1.0であるJSR-168仕様との互換性も保証しています。

JSR-286の詳細な仕様については、JSR 286: Portlet Specificationより仕様書をダウンロードし、参照してください。

1.1. Portlet API 2.0

JSR-286のPortlet API 2.0仕様に基づくポートレットアプリケーションが、WebOTX Portal上で動作可能です。

1.2. Portlet配備記述子

ポートレットアプリケーションはwarファイルの中に/WEB-INF/portlet.xmlを含むアプリケーションが対象となります。

Portlet配備記述子の詳細については、JSR 286: Portlet Specificationより仕様書をダウンロードし、参照してください。

1.3. Portlet Tag Library

ポートレットでは、ポートレットタグライブラリを利用することができます。

ポートレットタグライブラリの詳細については、、JSR 286: Portlet Specificationより仕様書をダウンロードし、参照してください。