3. アンインストール

本章では、WebOTX Enterprise Service Bus(以降 WebOTX ESB)、WebOTXマニュアルのアンインストール方法について説明します。

事前のバックアップに関しては、 [ Application Server > 高度な管理と運用サイクルガイド > 1. バックアップ/リストア > 1.2. 環境の退避 ]を参照してください。

以下からの説明では、WebOTX Application Serverの各エディション(Express、Standard、Enterprise)を「WebOTX AS」と省略して表現します。

3.1. アンインストール前の作業

アンインストールを行う前に行う作業はOSごとに異なります。

3.1.1. Windows

WebOTX ESBをアンインストールする前に次の作業を行なってください。

  1. トランザクションの有無の確認

    Transactionサービス利用時には、統合運用管理ツールもしくは運用管理コマンドより全てのトランザクションが終了していることを確認してください。 トランザクションが残っている場合は全てのトランザクションを終了させてください。 詳細についてはマニュアル[ Application Server > ドメイン構築・基本設定ガイド ]を参照してください。

  2. Webサーバの停止

    IISなどの外部Webサーバを使用している場合は、Webサーバを停止してください。 停止方法は、各Webサーバのマニュアルを参照してください。

  3. WebOTXサービスの停止

    全てのWebOTXのサービスを停止します。 停止するサービスは次のとおりですので「コントロールパネル」の「サービスマネージャ」で停止してください。

    表3.1.1.1-1
    サービス名備考
    WebOTX AS Agent Service
    WebOTX WatchServer Enterprise Editionでインストール選択した場合のみ

この作業が終わったら[ 3.2. アンインストール作業 ]に進みます。

3.1.2. HP-UX、Linux

WebOTX ESBのアンインストールを行う前に次の作業を行なってください。

  1. トランザクションの有無の確認

    Transactionサービス利用時には、統合運用管理ツールもしくは運用管理コマンドより全てのトランザクションが終了していることを確認してください。 トランザクションが残っている場合は全てのトランザクションを終了させてください。 詳細についてはマニュアル[ Application Server > ドメイン構築・基本設定ガイド ]を参照してください。

  2. WebOTXドメインの停止

    rootユーザでログインし、次のコマンドを実行してドメインを停止してください。

    root> /opt/WebOTX/bin/otxadmin stop-domain WebOTXAdmin
    Caution
    複数バージョンのWebOTXをインストールしている場合、他バージョンのWebOTXのサービス群を停止していることを確認してからアンインストール作業を行なってください。
    他バージョンのWebOTXの操作手順については、ご利用になっているバージョンのマニュアルをご参照ください。
  3. WebOTXの定義情報環境の削除
    V9からはwouninst.sh実行時にWebOTXの定義情報環境の削除を選択して実行することが可能になりましたので「3.2. アンインストール作業」に進んでください。
    V8以前と同様に事前にWebOTXの定義情報環境を削除する場合のみ以降の作業を行ってください。

    WebOTXの定義情報環境を削除する際には、環境変数「JAVA_HOME」にJDKのインストールディレクトリが設定されている必要があります。 envコマンドなどで環境変数を確認後、次のコマンドを実行してください。

    root> /opt/WebOTX/lib/ant/bin/ant -buildfile /opt/WebOTX/setup.xml -Dbasedir=/opt/WebOTX -logfile /opt/WebOTX/ant_uninstall.log uninstall
    実行結果は、/opt/WebOTX/ant_uninstall.logファイルに出力されていますので確認してください。

この作業が終わったら[ 3.2. アンインストール作業 ]に進みます。

3.2. アンインストール作業

WebOTX製品をアンインストールする手順について各々のOSごとに説明します。

3.2.1. Windows

本節では、Windows版のWebOTX ESB のアンインストールについて説明します。

3.2.1.1. WebOTX ESB

  1. WebOTXメディアのDVD-ROM媒体を DVD-ROMドライブに挿入すると、WebOTX製品の統合セットアップ画面が表示されます。 画面右のインストール済み製品フィールドからアンインストールする製品名を選び、[Uninstall」ボタンを押します。
     
  2. Windowsインストーラが起動し「インストール準備中」というメッセージのあとに 次の画面が表示されます。「次へ」ボタンを押してください。

    アンインストール開始画面



  3. [プログラムの保守]画面が表示されます。 アンインストールを行うために「削除」を選択し「次へ」ボタンを押します。

    プログラムの保守画面

    memo
    プログラムの修復を行う場合には「修復」を選択します。


  4. [プログラムの削除]画面が表示されます。 「削除」ボタンを押してファイルの削除を開始します。

    プログラムの削除始画面



  5. [アンインストールしています]画面が表示され、ファイルの削除が始まります。 削除が終了するまで時間がかかりますので、しばらくお待ちください。

    アンインストール中の画面



  6. 次の画面が表示されたら、アンインストールは完了です。 「完了」ボタンを押します。

    アンインストール完了画面



  7. コンピュータを再起動してください。
Caution

3.2.1.2. WebOTX ESB License

「WebOTX ESB」をアンインストールするとWebOTX ESBの全てのライセンスがアンインストールされます。 このため、通常は本オペレーションを行う必要はありません。 ただし、インストールマシンのCPU数を減らし「WebOTX ESB」のライセンス数を変更したい場合には次の手順により登録済みライセンスの数を減らすことができます。

  1. Administrator権限をもつユーザでログインし、ドメインが起動している場合には、ドメインを停止します。

    サービスマネージャで次のサービスが開始状態となっている場合は、サービスを停止してください。

    WebOTX AS Agent Service
    Enterprise Editionの場合は「WebOTX WatchServer」サービスも停止させます。
  2. コマンドプロンプトから次のコマンドを実行します。
    # cd <WebOTX ESB をインストールしたディレクトリ>\share\bin
    # OTXLDel 32
    

    このコマンドによって、ライセンスが1ライセンス分だけ削除されます。

  3. ライセンス削除処理が正しく動作すると、「Command succeeded.」のメッセージが出力されます。

  4. 複数個のライセンスを削除したい場合は、OTXLDelコマンドを登録分の必要回数 実行してください。

  5. ライセンスの登録情報一覧は、次のコマンドで確認することができます。
    # OTXLChk

これで WebOTX ESB 追加 License のライセンス削除は完了です。

3.2.1.3. WebOTX マニュアル

WebOTXマニュアルのアンインストール作業は、[ Application Server > セットアップガイド > 3. アンインストール > 3.2. アンインストール作業 > 3.2.1. Windows > 3.2.1.3. WebOTX マニュアル ] を参照してください。

3.2.2. HP-UX、Linux

3.2.2.1. WebOTX AS、ESB、Client

WebOTX ESBは複数のインストール・パッケージから構成されています。 WebOTXのすべての製品をアンインストールするためのスクリプトを提供していますのでこれを利用してアンインストールします。

手順は次のとおりです。

  1. ログイン名 root でログインします。
    login: root
  2. アンインストール・スクリプトが配置されたディレクトリに移ります。
    root> cd /opt/share.nec/bin
    Caution
    インストール・ベースディレクトリを/optから変更している場合、/opt/share.nec/v93/binに移動してください。
  3. アンインストール・スクリプトを実行します。
    root> ./wouninst.sh

    上記コマンド実行時に、以下のように「-s」オプションを指定すると、アンインストール確認画面をスキップすることができます。

    ※「-s」オプションのみ指定した場合、WebOTXの定義情報環境は削除されません。

    root> ./wouninst.sh -s

    WebOTXの定義情報環境の削除の確認画面とアンインストール確認画面をスキップし、かつWebOTXの定義情報環境も削除する場合は、以下のように「-a」オプションも指定してください。

    ※「-a」オプションを指定すると全ドメインの情報が削除されます。

    root> ./wouninst.sh -s -a
  4. WebOTXの定義情報環境の削除の確認画面が表示されます。
    Would you like to delete the configuration environment of WebOTX V9.3? [y,n] (Default: n)
    (All domains will be deleted when 'y' is enterd.)

    WebOTXの定義情報環境を削除するには「y」を入力してください。

    ※「y」を入力すると全ドメインの情報が削除されます。

    WebOTXの定義情報環境を残すには「n」を入力してください。

  5. アンインストール確認画面が表示されます。
    ******************************************************************************
    * Uninstallation of WebOTXWebOTX V9.3 on your computer. To continue, enter y.*
    * Enter q to exit the uninstall. [y, q]                                      *
    ******************************************************************************
    

    アンインストールを開始するには「y」を入力してください。 キャンセルするには「q」を入力してください。

    キャンセルした場合にはアンインストール・スクリプトが終了します。 再実行する場合は、再度アンインストール・スクリプトの実行から行ってください。

  6. スクリプトは、自動的にインストールされているプロダクトを検索してアンインストールを開始します。
     
  7. ライセンスチェッカをアンインストールします。

    ・HP-UXの場合)

    root> swremove OTX93UTIL

    ・Linuxの場合)

    root> rpm -e OTX93UTIL

この作業が終わったら[ 3.3. アンインストール後の作業 ]に進んでください。

3.2.2.2. マニュアル

WebOTXマニュアルのアンインストール作業は、[ Application Server > セットアップガイド > 3. アンインストール > 3.2. アンインストール作業 > 3.2.2. HP-UX、Linux > 3.2.2.2. WebOTX マニュアル ] を参照してください。

3.2.2.3. WebOTX ESB 追加 License

WebOTX ESBをアンインストールすると、登録した全てのESBライセンスがアンインストールされます。 このため、通常は本オペレーションを行う必要はありません。 ただし、インストールマシンのCPU数を減らし、WebOTX ESBのライセンス数を変更したい場合には次の手順でライセンス数を減らすことができます。

  1. ログイン名 root でログインします。
    login: root
  2. 次のコマンドを実行します。
    root> /opt/share.nec/bin/OTXLDel 32
  3. このコマンドによって、追加ライセンス が1ライセンス分だけ削除されます。

    複数個の追加ライセンスを削除したい場合は、OTXLDelコマンドを登録分の必要回数 実行してください。

  4. ライセンスの登録情報一覧は、次のコマンドで確認することができます。
    root> /opt/share.nec/bin/OTXLChk

これでWebOTX ESBの追加ライセンス削除は完了です。

3.3. アンインストール後の作業

アンインストール後に必要な作業は特にありません。