概要: 属性  詳細: 属性  索引

MO名称:
FTPBindingEndpoint -  エンドポイント
定義:
ObjectName
{0}:ControlType=FTPBindingEndpoint,EndpointName={4},ServiceUnitName={3},ComponentName={2},ServerName={1},category=proxy
CLIName
{1}.jbi.components.{2}.service-units.{3}.endpoints.{4}
統合運用管理ツール 表示レベル
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション)
1

属性の概要
Name (名前)
この管理対象の名前(エンドポイント名)を表します。
ServerName (サーバの名前)
この管理対象を取り扱っているサーバの名前を表します。
Type (管理対象のタイプ)
この管理対象のタイプを表します。
ObjectName (オブジェクト名)
この管理対象のオブジェクト名を表します。
ServiceUnitName (サービスユニットの名前)
このエンドポイントに対するサービスユニットの名前を表します。
ComponentName (コンポーネントの名前)
このエンドポイントに対するコンポーネントの名前を表します。
ServiceName (サービス名)
QName形式におけるこのサービスの名前を表します。
InterfaceName (インタフェース名)
このサービスが実装するインタフェースの名前を表します。
EndpointName (エンドポイント名)
エンドポイント名を表します。
EndpointRole (エンドポイントのロール)
エンドポイントのロール(consumerまたはprovider)を表します。
Operations (オペレーション一覧)
オペレーションのリストを表します。
name : オペレーション名
mep : メッセージ交換方式
directTransfer : 直接転送を有効にする
input-properties / output-properties : 「メッセージ処理方式、メモリ上での処理が有効、エンコーディング」 プロパティの値が含まれる
input-message-file-properties / output-message-file-properties : 「ファイル名のパターン、Inboundファイル名のプレフィックス、Outboundファイル名のプレフィックス、ファイル保護を有効にする、排他制御を有効にする、ファイルの世代数、ファイルサイズチェックを有効にする」 プロパティの値が含まれる
input-message-other-properties / output-message-other-properties : 「メッセージリポジトリ、監視間隔(ミリ秒)、アーカイブを有効にする、送受信を作業用ディレクトリで行う、メッセージの関連を有効にする」プロパティの値が含まれる
input-transfer-file-properties / output-transfer-file-properties : 「送信ファイル名、送信ファイル名にパターンを有効にする、受信ファイル名、受信ファイル名にパターンを有効にする、出力ファイル名重複時の動作、出力ファイルの世代数、出力ファイルの最大サイズ(MB)、排他制御を有効にする、ファイルサイズチェックを有効にする」プロパティの値が含まれる
input-transfer-send-command-properties / output-transfer-send-command-properties : 「送信前コマンド、送信前コマンドのターゲット、送信前ロケーションにパターンを有効にする、送信後コマンド、送信後コマンドのターゲット、送信後ロケーションにパターンを有効にする」プロパティの値が含まれる
input-transfer-receive-command-properties / output-transfer-receive-command-properties : 「受信前コマンド、受信前コマンドのターゲット、受信前ロケーションにパターンを有効にする、受信後コマンド、受信後コマンドのターゲット、受信後ロケーションにパターンを有効にする」プロパティの値が含まれる
input-transfer-other-properties / output-transfer-other-properties : 「監視間隔(ミリ秒)、メッセージの関連を有効にする」プロパティの値が含まれる
input-schema : 入力メッセージ検証用のスキーマファイル
output-schema : 出力メッセージ検証用のスキーマファイル
FTPServerURL (FTPサーバのURL)
ftp://[<user>[:<password>]@]<host>[:<port>]のように書く必要があります。
DirListStyle (DirListStyle)
FTPサーバのDirListStyleを指定します。
UseUserDefHeuristics (ユーザ定義Heuristicsの有効化)
ユーザ定義のdirListStyleを使うかどうかを表します。
UserDefDirListStyle (ユーザ定義DirListStyle)
指定した設定ファイル内で使用するdirListStyleの名前を表します。
UserDefHeuristics (ユーザ定義Heuristics)
ユーザ定義したDirListStyleに使うHeuristicsのLocationを表します。
FTPTransferMode (FTP転送モード)
FTPの転送モードを表します。
CmdChannelTimeout (コマンドチャンネルのタイムアウト(msec))
コマンドチャンネルに対するソケット受信タイムアウト時間を指定します。0を指定した場合、タイムアウトは発生しません。
DataChannelTimeout (データチャンネルのタイムアウト(msec))
データチャンネルに対するソケット受信タイムアウト時間を指定します。0を指定した場合、タイムアウトは発生しません。
MaxRequestCount (エンドポイント単位の同時処理最大リクエスト数)
エンドポイント単位の同時処理できる最大リクエスト数を設定します。0にした場合は無制限となります。この設定はconsumerでのみ有効です。
MessageProcessMode (メッセージ処理モード)
メッセージ処理モードを表します。
AuthEndpointAuthnEnabled (エンドポイント認証)
エンドポイントの認証が有効かどうかを表します。
AuthEndpointAuthzEnabled (エンドポイント認可)
エンドポイントの認可が有効かどうかを表します。
AuthEndpointUrlName (エンドポイント名のURL表記)
セキュリティ認証におけるエンドポイント名のURL表記を表します。
AuthEndpointAuthnId (エンドポイント認証で利用するID)
エンドポイント認証で利用するIDを指定します。
AuthEndpointAuthnPassword (エンドポイント認証で利用するパスワード)
エンドポイント認証で利用するパスワードを指定します。
AuthEndpointAuthnLoginModule (エンドポイント認証のログインモジュール)
エンドポイント認証のログインモジュールを表します。
AuthEndpointAuthzType (エンドポイント認可で利用する認証情報)
エンドポイント認可で利用する認証情報(client、consumerまたはprovider)を表します。
AuthEndpointAuthzPrincipalId (エンドポイント認可で利用するPrincipalの識別子)
エンドポイント認可で利用するPrincipalの識別子を表します。
AuthPropagatePrincipalEnable (認証済み情報を伝播する)
認証済み情報を伝播するかどうかを表示する
RetryNum (リトライ回数)
エラーを受けてメッセージを再送信する回数(回)を指定します。この設定は consumer でのみ有効です。
RetryInterval (リトライ間隔)
エラーを受けてメッセージを再送信するまでの間隔を指定します。この設定は consumer でのみ有効です。(単位:秒)
Transaction (トランザクション)
トランザクション制御(no-transactionまたはxa-transaction)を表します。
MessageExchangeHandlerList (メッセージエクスチェンジハンドラのリスト)
メッセージエクスチェンジハンドラのリストを表します。
MessageConvertHandlerList (メッセージコンバートハンドラのリスト)
メッセージコンバートハンドラのリストを表します。
CurrentState (状態)
このエンドポイントの現在の状態値を表します。
Options (オプション一覧 )
オプションのリストを指定します。


属性の詳細
Name (名前)

この管理対象の名前(エンドポイント名)を表します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

ServerName (サーバの名前)

この管理対象を取り扱っているサーバの名前を表します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3

Type (管理対象のタイプ)

この管理対象のタイプを表します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3

ObjectName (オブジェクト名)

この管理対象のオブジェクト名を表します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
詳細レベル:詳細設定、オプションなど通常の運用には必要ない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
2

ServiceUnitName (サービスユニットの名前)

このエンドポイントに対するサービスユニットの名前を表します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

ComponentName (コンポーネントの名前)

このエンドポイントに対するコンポーネントの名前を表します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

ServiceName (サービス名)

QName形式におけるこのサービスの名前を表します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

InterfaceName (インタフェース名)

このサービスが実装するインタフェースの名前を表します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

EndpointName (エンドポイント名)

エンドポイント名を表します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

EndpointRole (エンドポイントのロール)

エンドポイントのロール(consumerまたはprovider)を表します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

Operations (オペレーション一覧)

オペレーションのリストを表します。
name : オペレーション名
mep : メッセージ交換方式
directTransfer : 直接転送を有効にする
input-properties / output-properties : 「メッセージ処理方式、メモリ上での処理が有効、エンコーディング」 プロパティの値が含まれる
input-message-file-properties / output-message-file-properties : 「ファイル名のパターン、Inboundファイル名のプレフィックス、Outboundファイル名のプレフィックス、ファイル保護を有効にする、排他制御を有効にする、ファイルの世代数、ファイルサイズチェックを有効にする」 プロパティの値が含まれる
input-message-other-properties / output-message-other-properties : 「メッセージリポジトリ、監視間隔(ミリ秒)、アーカイブを有効にする、送受信を作業用ディレクトリで行う、メッセージの関連を有効にする」プロパティの値が含まれる
input-transfer-file-properties / output-transfer-file-properties : 「送信ファイル名、送信ファイル名にパターンを有効にする、受信ファイル名、受信ファイル名にパターンを有効にする、出力ファイル名重複時の動作、出力ファイルの世代数、出力ファイルの最大サイズ(MB)、排他制御を有効にする、ファイルサイズチェックを有効にする」プロパティの値が含まれる
input-transfer-send-command-properties / output-transfer-send-command-properties : 「送信前コマンド、送信前コマンドのターゲット、送信前ロケーションにパターンを有効にする、送信後コマンド、送信後コマンドのターゲット、送信後ロケーションにパターンを有効にする」プロパティの値が含まれる
input-transfer-receive-command-properties / output-transfer-receive-command-properties : 「受信前コマンド、受信前コマンドのターゲット、受信前ロケーションにパターンを有効にする、受信後コマンド、受信後コマンドのターゲット、受信後ロケーションにパターンを有効にする」プロパティの値が含まれる
input-transfer-other-properties / output-transfer-other-properties : 「監視間隔(ミリ秒)、メッセージの関連を有効にする」プロパティの値が含まれる
input-schema : 入力メッセージ検証用のスキーマファイル
output-schema : 出力メッセージ検証用のスキーマファイル

詳細:
型:
java.lang.String[][]
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

FTPServerURL (FTPサーバのURL)

ftp://[<user>[:<password>]@]<host>[:<port>]のように書く必要があります。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

DirListStyle (DirListStyle)

FTPサーバのDirListStyleを指定します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

UseUserDefHeuristics (ユーザ定義Heuristicsの有効化)

ユーザ定義のdirListStyleを使うかどうかを表します。

型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

UserDefDirListStyle (ユーザ定義DirListStyle)

指定した設定ファイル内で使用するdirListStyleの名前を表します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

UserDefHeuristics (ユーザ定義Heuristics)

ユーザ定義したDirListStyleに使うHeuristicsのLocationを表します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

FTPTransferMode (FTP転送モード)

FTPの転送モードを表します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

CmdChannelTimeout (コマンドチャンネルのタイムアウト(msec))

コマンドチャンネルに対するソケット受信タイムアウト時間を指定します。0を指定した場合、タイムアウトは発生しません。

型:
java.lang.Integer
値の範囲:
0-2147483647
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

DataChannelTimeout (データチャンネルのタイムアウト(msec))

データチャンネルに対するソケット受信タイムアウト時間を指定します。0を指定した場合、タイムアウトは発生しません。

型:
java.lang.Integer
値の範囲:
0-2147483647
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

MaxRequestCount (エンドポイント単位の同時処理最大リクエスト数)

エンドポイント単位の同時処理できる最大リクエスト数を設定します。0にした場合は無制限となります。この設定はconsumerでのみ有効です。

型:
java.lang.Integer
値の範囲:
0-2147483647
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

MessageProcessMode (メッセージ処理モード)

メッセージ処理モードを表します。

型:
java.lang.String
値の有効範囲:
normal 
control 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

AuthEndpointAuthnEnabled (エンドポイント認証)

エンドポイントの認証が有効かどうかを表します。

型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

AuthEndpointAuthzEnabled (エンドポイント認可)

エンドポイントの認可が有効かどうかを表します。

型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

AuthEndpointUrlName (エンドポイント名のURL表記)

セキュリティ認証におけるエンドポイント名のURL表記を表します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

AuthEndpointAuthnId (エンドポイント認証で利用するID)

エンドポイント認証で利用するIDを指定します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

AuthEndpointAuthnPassword (エンドポイント認証で利用するパスワード)

エンドポイント認証で利用するパスワードを指定します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

AuthEndpointAuthnLoginModule (エンドポイント認証のログインモジュール)

エンドポイント認証のログインモジュールを表します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

AuthEndpointAuthzType (エンドポイント認可で利用する認証情報)

エンドポイント認可で利用する認証情報(client、consumerまたはprovider)を表します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

AuthEndpointAuthzPrincipalId (エンドポイント認可で利用するPrincipalの識別子)

エンドポイント認可で利用するPrincipalの識別子を表します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

AuthPropagatePrincipalEnable (認証済み情報を伝播する)

認証済み情報を伝播するかどうかを表示する

型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

RetryNum (リトライ回数)

エラーを受けてメッセージを再送信する回数(回)を指定します。この設定は consumer でのみ有効です。

型:
java.lang.Integer
値の範囲:
0-2147483647
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

RetryInterval (リトライ間隔)

エラーを受けてメッセージを再送信するまでの間隔を指定します。この設定は consumer でのみ有効です。(単位:秒)

型:
java.lang.Integer
値の範囲:
0-2147483
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

Transaction (トランザクション)

トランザクション制御(no-transactionまたはxa-transaction)を表します。

型:
java.lang.String
値の有効範囲:
no-transaction 
xa-transaction 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

MessageExchangeHandlerList (メッセージエクスチェンジハンドラのリスト)

メッセージエクスチェンジハンドラのリストを表します。

型:
java.lang.String[][]
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

MessageConvertHandlerList (メッセージコンバートハンドラのリスト)

メッセージコンバートハンドラのリストを表します。

型:
java.lang.String[][]
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

CurrentState (状態)

このエンドポイントの現在の状態値を表します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

Options (オプション一覧 )

オプションのリストを指定します。

型:
java.lang.String[][]
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1