概要: 属性  詳細: 属性  索引

MO名称:
ConfigurationService -  コンフィグレーションサービス
定義:
ObjectName
{0}:ControlType=ConfigurationService,ServiceName={2},ServerName={1},category=proxy
CLIName
{1}.jbi.system-services.{2}
統合運用管理ツール 表示レベル
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション)
1

属性の概要
Name (名前)
この管理対象の名前(サービス名)を表します。
ServerName (サーバの名前)
この管理対象を取り扱っているサーバの名前を表します。
Type (管理対象のタイプ)
この管理対象のタイプを表します。
ObjectName (オブジェクト名)
この管理対象のオブジェクト名を表します。
DisplayName (Loggerの表示名)
このサービスに対するLoggerの表示名を表します。
LoggerName (Loggerの名前)
このサービスに対するLoggerの名前を表します。
CurrentState (状態)
このサービスの現在の状態値を表します。
PropertyKeys (プロパティキーのリスト)
このサービスに対する全てのプロパティ情報を表します。
SystemConfigMBeans (コンフィグレーション管理オブジェクト名のリスト)
フレームワーク内に現在インストールされている全てのシステムサービスに対するコンフィグレーション管理オブジェクト名のリストを表します。
IS_UPDATE_CONFIG_RUN (設定自動更新スレッドの実行)
設定項目を自動更新するスレッドを実行する場合に設定します。
UPDATE_CONFIG_INTERVAL_TIME (コンフィグレーションサービスが管理している設定項目を更新する時間間隔)
コンフィグレーションサービスが管理している設定項目を更新する時間間隔を設定します。(単位:秒)
SECUREMASTER_LINK (SECUREMASTER連携)
SECUREMASTERを利用する場合に設定します。
SECUREMASTER_CONFIG_FILE_NAME (SECUREMASTER設定ファイル名)
SECUREMASTER設定ファイルの名前を設定します
SECUREMASTER_CONFIG_FILE_PIN (SECUREMASTER設定ファイル暗号化時に利用したPIN)
SECUREMASTER設定ファイルの暗号化に利用したpinを設定します。


属性の詳細
Name (名前)

この管理対象の名前(サービス名)を表します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

ServerName (サーバの名前)

この管理対象を取り扱っているサーバの名前を表します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3

Type (管理対象のタイプ)

この管理対象のタイプを表します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3

ObjectName (オブジェクト名)

この管理対象のオブジェクト名を表します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
詳細レベル:詳細設定、オプションなど通常の運用には必要ない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
2

DisplayName (Loggerの表示名)

このサービスに対するLoggerの表示名を表します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
詳細レベル:詳細設定、オプションなど通常の運用には必要ない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
2

LoggerName (Loggerの名前)

このサービスに対するLoggerの名前を表します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
詳細レベル:詳細設定、オプションなど通常の運用には必要ない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
2

CurrentState (状態)

このサービスの現在の状態値を表します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

PropertyKeys (プロパティキーのリスト)

このサービスに対する全てのプロパティ情報を表します。

型:
java.lang.String[]
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3

SystemConfigMBeans (コンフィグレーション管理オブジェクト名のリスト)

フレームワーク内に現在インストールされている全てのシステムサービスに対するコンフィグレーション管理オブジェクト名のリストを表します。

型:
javax.management.ObjectName[]
統合運用管理ツール 表示レベル:
詳細レベル:詳細設定、オプションなど通常の運用には必要ない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
2

IS_UPDATE_CONFIG_RUN (設定自動更新スレッドの実行)

設定項目を自動更新するスレッドを実行する場合に設定します。

型:
java.lang.Boolean
最大値:
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

UPDATE_CONFIG_INTERVAL_TIME (コンフィグレーションサービスが管理している設定項目を更新する時間間隔)

コンフィグレーションサービスが管理している設定項目を更新する時間間隔を設定します。(単位:秒)

型:
java.lang.Long
値の範囲:
0-214748
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

SECUREMASTER_LINK (SECUREMASTER連携)

SECUREMASTERを利用する場合に設定します。

型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

SECUREMASTER_CONFIG_FILE_NAME (SECUREMASTER設定ファイル名)

SECUREMASTER設定ファイルの名前を設定します

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3

SECUREMASTER_CONFIG_FILE_PIN (SECUREMASTER設定ファイル暗号化時に利用したPIN)

SECUREMASTER設定ファイルの暗号化に利用したpinを設定します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3