1. 対象となる読者

このマニュアルは、本製品を利用して業務システムの開発、設計、構築、運用を実際に行う方、 システム開発のプロジェクトの統括を行う方を対象としています。

開発者や設計者などの異なる役割に応じたマニュアル参照ガイドは、 「マニュアルの構成」 で説明します。