名称
     delete-message-security-provider - 管理者はメッセージ・セキ
     ュリティ・プロバイダを削除できます

形式
     delete-message-security-provider [ --user admin_user ] [ --
     password admin_password ] [ --host host_name ] [ --port port
     _number ] [ --protocol=rmi|jmxmp ] [ --passwordfile filename
     ] [ --encrypted=true|false ] [ --terse=true|false ] [ --echo
     =true|false ] [ --interactive=true|false ] [ --secure=true|
     false ] [ --legacy=true|false ] [ --help ] [ --target target
     ] --layer message_layer provider_name

説明
     delete-message-security-providerを使用すると、管理者はメッセ
     ージ・セキュリティ・プロバイダを削除できます。このサブコマン
     ドを実行すると、特定のメッセージ層のprovider-configサブ要素(
     domain.xmlのmessage-security-config要素)が削除されます。後述
     するリストで指定したオプションは、domain.xmlファイルの
     message-security-configおよびprovider-configサブ要素内の属性
     に適用されます。    メッセージ層(message-security-config属性
     )が存在しない場合は作成されて、その下にprovider-configが作成
     されます。

オプション
     -u	--user
	   ドメインの運用管理エージェントの管理ユーザ名。

	   既にotxadmin loginコマンドでログインしている場合は、--userオ
	   プションの指定は不要です。

     -w	--password
	   ドメインの運用管理エージェントの管理ユーザのパスワード。

     -H	--host
	   ドメインの運用管理エージェントが起動しているマシン名。

     -p	--port
	   ドメインの運用管理エージェントのポート番号。既定値は6212です
	   。

     --protocol
	   ドメインの運用管理エージェントとの接続プロトコルを選択します
	   。指定できるプロトコルは、rmi、jmxmpです。既定値はrmiです。

     -W	--passwordfile
	   ドメインの運用管理エージェントのパスワードを含むファイル。

     --encrypted
	   ドメインの運用管理エージェントのパスワードに暗号化されたパス
	   ワードを利用する場合に指定します。既定値はfalseです。暗号化
	   されたパスワードの生成にはencryptコマンドを使用してください
	   。このオプションはpasswordfileオプションが指定されている場合
	   のみ有効です。

     -t	--terse
	   trueを指定すると、出力データがスクリプトによる処理のための簡
	   潔なデータとなります。既定値はfalseです。

     -e	--echo
	   trueを指定すると、標準出力でコマンドライン文が表示されます。
	   既定値はfalseです。

     -I	--interactive
	   true(既定値)を指定すると、パスワードオプション入力用のプロン
	   プトを表示します。

     -s	--secure
	   trueを指定すると、ドメインの運用管理エージェントとの通信に
	   SSL/TLSを利用します。既定値はfalseです。

     --legacy
	   trueを指定すると、コマンドの接続先のサーバがV8か、V9か確認し
	   ます。確認後V8であれば旧互換動作を行い、V9であればV9の動作を
	   行います。falseの場合は接続先のサーバを確認せずにV9の動作を
	   行います。既定値はfalseです。

     --help
	   コマンドのヘルプを表示します。

     --target
	   メッセージ・セキュリティ・プロバイダを削除するターゲットを指
	   定します

     --layer
	   プロバイダを削除する必要のあるメッセージ層。デフォルト値は
	   HttpServletです。

オペランド
     product_name
	   provider-config要素を参照するときに使用されるプロバイダの名
	   前。

使用例
     例1: delete-message-security-providerコマンドの使用法

     次の例は、クライアントのメッセージ・セキュリティ・プロバイダ
     を削除する方法を示しています。

     otxadmin> delete-message-security-provider --user admin --password adminadmin --host hostname --port 6212 mySecurityProvider

終了ステータス
     0	   コマンド実行成功

     1	   コマンド実行失敗

関連事項
 create-message-security-provider(1)
 list-message-security-providers(1)