概要: 属性 | 操作  詳細: 属性 | 操作  索引

MO名称:
WebOTXVDResource -  VD情報を設定します。
定義:
ObjectName
{0}:name={3},j2eeType=WebOTXVDResource,server={1},WebOTXSystem={2},category=runtime
CLIName
{2}.{3}
統合運用管理ツール 表示レベル
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション)
1

属性の概要
vdUse (VDを使用する)
VDを使用するかどうかを設定します。設定変更時にはVDの初期化が必要です。VDデータファイルの初期化を行う設定になっていない場合は、TPシステムを停止してVDのクリアを実行してください。この設定の変更はTPシステム起動時に行うとエラーになります。(既定値:使用しない)
maxVd (最大VD数)
最大VD数を設定します。この設定の変更はTPシステム起動時に行うとエラーになります。(既定値:10)
vdMasterDataFileFlash (VDマスタデータファイルのフラッシュを行う)
VDで使用するデータファイルの更新時にディスクへのフラッシュを行うかどうかを設定します。フラッシュを行うとオペレーティングシステムのダウン後もデータファイルを使用できます。設定変更時にはVDの初期化が必要です。VDデータファイルの初期化を行う設定になっていない場合は、TPシステムを停止してVDのクリアを実行してください。(既定値:フラッシュしない)
vdMasterDataFileInitialize (VDマスタデータファイルの初期化を行う)
TPシステム起動時にVDマスタデータファイルを初期化するかどうかの設定を行います。 初期化を行うと前回の電文は全て消去され、行わないと前回運用時のVDのメッセージをそのまま使用できます。設定変更時はVDデータファイルの初期化が必要です。初期化を行う設定になっていない場合は、TPシステムを停止してVDのクリアを実行してください。(既定値:初期化する)
vdTimeout (呼び出したオペレーション終了待ち合わせ時間)
呼び出したオペレーション終了待ち合わせ時間の設定を行います。(既定値:30秒)
vdMessageSize (非同期オペレーションの電文サイズ)
非同期オペレーションの電文サイズを設定します。9765(KB)以上の値を設定する場合は、TPシステムの「10MByte以上の電文を利用する」設定が有効になっている必要があります。(単位:KB、既定値:32)
eventProvider (イベント処理の可否)
チェックされている場合、管理対象内でのイベント発生時における通知(Notification)の発行処理が行われます。

操作の概要
createTermVD (端末型VDの新規作成)
端末型VDを新規に作成します。VDは最大VD数で設定した数まで登録できます。 最大VD数を設定している場合は、それ以上作成することができません。
createTransVD (トランザクション型VDの新規作成)
トランザクション型VDを新規に作成します。VDは最大VD数で設定した数まで登録できます。 最大VD数を設定している場合は、それ以上作成することができません。
createINDVD (間接型VDの新規作成)
間接型VDを新規に作成します。
deleteVD (削除)
VDを削除します。


属性の詳細
vdUse (VDを使用する)

VDを使用するかどうかを設定します。設定変更時にはVDの初期化が必要です。VDデータファイルの初期化を行う設定になっていない場合は、TPシステムを停止してVDのクリアを実行してください。この設定の変更はTPシステム起動時に行うとエラーになります。(既定値:使用しない)

詳細:
運用管理コマンド(otxadmin)では、「VDを使用する/しない」をtrue/falseで設定します。
型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

maxVd (最大VD数)

最大VD数を設定します。この設定の変更はTPシステム起動時に行うとエラーになります。(既定値:10)

詳細:
使用するVDの最大数を1から1000の整数で設定してください。すでに作成されているVD数以上の値を指定してください。
TPシステム起動時に変更するとエラーになります。
設定変更時、VDの初期化が必要です。VDデータファイルの初期化を行う設定になっていない場合は、TPシステムを停止してVDのクリアを実行してください。
型:
java.lang.Integer
値の範囲:
1-1000
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

vdMasterDataFileFlash (VDマスタデータファイルのフラッシュを行う)

VDで使用するデータファイルの更新時にディスクへのフラッシュを行うかどうかを設定します。フラッシュを行うとオペレーティングシステムのダウン後もデータファイルを使用できます。設定変更時にはVDの初期化が必要です。VDデータファイルの初期化を行う設定になっていない場合は、TPシステムを停止してVDのクリアを実行してください。(既定値:フラッシュしない)

詳細:
運用管理コマンド(otxadmin)では、有効・無効をtrue/falseで設定します。
型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3

vdMasterDataFileInitialize (VDマスタデータファイルの初期化を行う)

TPシステム起動時にVDマスタデータファイルを初期化するかどうかの設定を行います。 初期化を行うと前回の電文は全て消去され、行わないと前回運用時のVDのメッセージをそのまま使用できます。設定変更時はVDデータファイルの初期化が必要です。初期化を行う設定になっていない場合は、TPシステムを停止してVDのクリアを実行してください。(既定値:初期化する)

詳細:
運用管理コマンド(otxadmin)では、有効・無効をtrue/falseで設定します。
型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3

vdTimeout (呼び出したオペレーション終了待ち合わせ時間)

呼び出したオペレーション終了待ち合わせ時間の設定を行います。(既定値:30秒)

詳細:
トランザクション型VDの場合、呼び出したオペレーションをvdserverが監視しています。その待ち合わせ時間を指定します。0秒を指定すると無限待ちとなります。
型:
java.lang.Integer
値の範囲:
0-
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

vdMessageSize (非同期オペレーションの電文サイズ)

非同期オペレーションの電文サイズを設定します。9765(KB)以上の値を設定する場合は、TPシステムの「10MByte以上の電文を利用する」設定が有効になっている必要があります。(単位:KB、既定値:32)

型:
java.lang.Integer
値の範囲:
32-97656
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

eventProvider (イベント処理の可否)

チェックされている場合、管理対象内でのイベント発生時における通知(Notification)の発行処理が行われます。

型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3

操作の詳細
createTermVD (端末型VDの新規作成)

端末型VDを新規に作成します。VDは最大VD数で設定した数まで登録できます。 最大VD数を設定している場合は、それ以上作成することができません。

戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
vdName - java.lang.String
作成するVDのVD名を16文字以内の英数字で指定します。
長さの範囲:
1-16
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


createTransVD (トランザクション型VDの新規作成)

トランザクション型VDを新規に作成します。VDは最大VD数で設定した数まで登録できます。 最大VD数を設定している場合は、それ以上作成することができません。

戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
vdName - java.lang.String
作成するVDのVD名を16文字以内の英数字で指定します。
長さの範囲:
1-16
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

applicationGroupName - java.lang.String
非同期オペレーションが属するアプリケーショングループ名を指定します。
長さの範囲:
1-8
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

processGroupName - java.lang.String
非同期オペレーションが属するプロセスグループ名を指定します。
長さの範囲:
1-32
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

moduleName - java.lang.String
非同期オペレーションが属するモジュール名を指定します。
長さの範囲:
1-1024
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

otxObjectName - java.lang.String
非同期オペレーションが属するインタフェース名を指定します。
長さの範囲:
1-2550
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

operationName - java.lang.String
非同期オペレーション名を指定してください。指定されたオペレーションは非同期オペレーションになり、非同期呼び出しの設定をしたプロセスグループからVD経由で呼ばれることになります。すでに他のVDで選択されているオペレーションは選択できません。
長さの範囲:
1-2550
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


createINDVD (間接型VDの新規作成)

間接型VDを新規に作成します。

戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
vdName - java.lang.String
作成するVD名を16文字以内の英数字で指定してください。VDは最大VD数で設定した数まで登録できます。 最大VD数を設定している場合は、それ以上作成することができません。
長さの範囲:
1-16
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

vdModel - java.lang.Integer
間接型VDは次のような機能を持っています。
ラウンドロビン:間接型VDはラウンドロビンで決定した配下のVDへ送信する
滞留数優先:間接型VDは滞留数の最も少ない配下のVDへ送信する
値の有効範囲:
間接型(ラウンドロビン)
間接型(滞留数優先)
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

transactionVDList - java.lang.String[]
間接型VDが使用するトランザクション型VDを選択してください。複数のトランザクション型VDを選択できます。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


deleteVD (削除)

VDを削除します。

戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
vdName - java.lang.String
削除するVD名を16文字以内の英数字で指定してください。指定しない場合は全VDを削除します。
長さの範囲:
1-16
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1