概要: 属性 | 操作  詳細: 属性 | 操作  索引

MO名称:
WebOTXClientSession -  接続クライアント統計情報です。
定義:
ObjectName
{0}:name={3},j2eeType=WebOTXClientSession,server={1},WebOTXSystem={2},category=runtime
CLIName
{2}.{3}
統合運用管理ツール 表示レベル
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション)
1

属性の概要
getHost (クライアント情報表示時にホスト名の逆引き処理を行う)
クライアントセッションの接続クライアント情報にホスト名の表示を行うために逆引き処理を行うかどうか設定します(既定値:行わない)。
connectionInfo (接続クライアント情報)
接続中のクライアント情報の一覧を表示します。IIOPリスナ・AJPリスナのアライブチェック用接続(IPアドレス127.0.0.1)が各1本含まれる場合があります。
eventProvider (イベント処理の可否)
チェックされている場合、管理対象内でのイベント発生時における通知(Notification)の発行処理が行われます。

操作の概要
sendMessage (メッセージ送信)
クライアント管理ライブラリをリンクしているクライアントアプリケーションにメッセージを送信します。
disconnection (クライアント切断)
接続しているクライアントのセッションを切断します。


属性の詳細
getHost (クライアント情報表示時にホスト名の逆引き処理を行う)

クライアントセッションの接続クライアント情報にホスト名の表示を行うために逆引き処理を行うかどうか設定します(既定値:行わない)。

詳細:
クライアントセッションの接続クライアント情報を表示する時に、接続しているクライアントのホスト名を逆引き処理によって取得するかどうかを指定します。
Trueにするとクライアントホスト名が表示されます。ただし、IPアドレスからホスト名を逆引きできない環境ではこれを指定するとクライアント情報を表示させようとしたときにレスポンスが悪くなることがありますので設定には注意が必要です。
型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

connectionInfo (接続クライアント情報)

接続中のクライアント情報の一覧を表示します。IIOPリスナ・AJPリスナのアライブチェック用接続(IPアドレス127.0.0.1)が各1本含まれる場合があります。

詳細:
接続中のクライアント情報を表示します。IIOPリスナ・AJPリスナのアライブチェック用接続(IPアドレス127.0.0.1)が各1本含まれる場合があります。
接続クライアント名:WebOTX Application Server内部で使用しているクライアントの論理識別名
ホスト名:クライアントのホスト名(クライアント情報表示時にホスト名の逆引き処理を行う場合のみ表示)
IPアドレス:クライアントのIPアドレス
接続アプリケーショングループ名:クライアントが接続しているアプリケーショングループ名
接続状態:コネクション接続状態(Not connected/ Now accepting.../ Now connecting.../ Connecting/ Now disconnecting.../ Trouble/ Exit Trouble)
接続時間:コネクション接続時間(秒)
型:
java.lang.String[][]
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

eventProvider (イベント処理の可否)

チェックされている場合、管理対象内でのイベント発生時における通知(Notification)の発行処理が行われます。

型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3

操作の詳細
sendMessage (メッセージ送信)

クライアント管理ライブラリをリンクしているクライアントアプリケーションにメッセージを送信します。

戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
client - java.lang.String
クライアント名(クライアントの論理識別名: termid)を指定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

message - java.lang.String
送信するメッセージを187バイト以内で指定します。マルチバイト文字は使用できません。
長さの範囲:
1-187
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


disconnection (クライアント切断)

接続しているクライアントのセッションを切断します。

戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
client - java.lang.String
クライアント名(クライアントの論理識別名: termid)を指定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

forcible - java.lang.Integer
クライアントの切断方法を指定します。
値の有効範囲:
通常切断
強制切断
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1