概要: 属性 | 操作  詳細: 属性 | 操作  索引

MO名称:
WDCControlledDomain -  制御対象ドメインの情報を表示します。
定義:
ObjectName
{0}:name={6},j2eeType=WDCControlledDomain,J2EEServer={1},WorkingDomainCoordinator={2},WDCControlledServers={3},WDCControlledServer={4},WDCControlledDomains={5},category=runtime
CLIName
server.workingDomainCoordinator.controlledServers.{4}.controlledDomains.{6}
統合運用管理ツール 表示レベル
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション)
1

属性の概要
domainName (制御対象ドメイン名)
制御対象ドメイン名を指定します。この名前を変更しないでください。
businessLogicGroupName (ビジネスロジックグループ名)
ビジネスロジックを束ねるビジネスロジックグループの名前を指定します。
domainAdditionalCommands (ロードバランサの振分先に追加するコマンド)
ロードバランサの振分先に追加するコマンドを指定します。
domainDeleteCommands (ロードバランサの振分先から削除するコマンド)
ロードバランサの振分先から削除するコマンドを指定します。
jmxRemoteURL (JMX Remote URL)
ユーザドメインと接続するためのJMX Remote URLを指定します。ホスト名やポート番号を必要に応じて変更してください。
jmxRemoteSecure (JMX Remoteのセキュリティ機能の有効化)
ドメインと接続する際にJMXRemoteのセキュリティ機能を使用するかどうか
loadBalancerName (ロードバランサ名)
振分先制御が行われるロードバランサ名を指定します。
lbGroupName (振分先のグループ名)
ロードバランサの振分先の論理的なグループ名を指定します。
lbPortNumbers (振分先ポート番号)
ロードバランサの振分先の対象となるポート番号を指定します。
registeredToLb (ロードバランサの振分先に登録済みかどうか)
ロードバランサの振分先に登録済みかどうか
startDomainTimeout (ドメイン起動の待ち合わせ時間)
ドメイン起動時の待ち合わせ時間を指定します。(単位:秒)
stopDomainTimeout (ドメイン停止の待ち合わせ時間)
ドメイン停止時の待ち合わせ時間を指定します。(単位:秒)
enableFailureMonitoring (ドメインの障害監視を行うかどうか)
ドメインの障害監視を行うかどうかを指定します。(既定値:監視する)proxyドメインで動作する場合は、障害監視を行いません。
failureMonitoringInterval (ドメインの障害監視間隔)
ドメインの障害監視間隔を指定します。負荷監視を行う場合は、この障害監視は行いません。(単位:秒)

操作の概要
restartStopProcess (ドメイン停止処理の再開)
制御対象ドメインの停止処理を再開します。
delete (ドメインの削除)
制御対象ドメインを削除します。
export (ドメインのエクスポート)
制御対象ドメインをエクスポートします。
registerDomainToLoadBalancer (負荷分散装置への登録)
このドメインを負荷分散装置の振り分け先に登録します。
unregisterDomainFromLoadBalancer (負荷分散装置から削除)
このドメインを負荷分散装置の振り分け先から削除します。


属性の詳細
domainName (制御対象ドメイン名)

制御対象ドメイン名を指定します。この名前を変更しないでください。

型:
java.lang.String
長さの範囲:
1-
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

businessLogicGroupName (ビジネスロジックグループ名)

ビジネスロジックを束ねるビジネスロジックグループの名前を指定します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

domainAdditionalCommands (ロードバランサの振分先に追加するコマンド)

ロードバランサの振分先に追加するコマンドを指定します。

詳細:
ロードバランサの振分先に追加するためのコマンドや制御対象ドメインの閉塞解除時に発行するコマンドを指定します。

閉塞解除時に発行するコマンドの指定例は次の通りです。
WebContStart.cmd --user admin --passwordfile aaa.txt %WDC_CONNECT_INFO% --aaa bbb

※「%WDC_CONNECT_INFO%」を指定した場合、コマンド発行時に自動的に対象ドメインの接続情報(--host <ホスト名> --port <ポート番号> --protocol=<jmxmp/rmi> --secure=<false/true>)に置換されます。
 
型:
java.lang.String[]
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

domainDeleteCommands (ロードバランサの振分先から削除するコマンド)

ロードバランサの振分先から削除するコマンドを指定します。

詳細:
ロードバランサの振分先から削除するためのコマンドや制御対象ドメインの閉塞時に発行するコマンドを指定します。

閉塞時に発行するコマンドの指定例は次の通りです。
WebContStart.cmd --user admin --passwordfile aaa.txt %WDC_CONNECT_INFO% --aaa bbb

※「%WDC_CONNECT_INFO%」を指定した場合、コマンド発行時に自動的に対象ドメインの接続情報(--host <ホスト名> --port <ポート番号> --protocol=<jmxmp/rmi> --secure=<false/true>)に置換されます。
型:
java.lang.String[]
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

jmxRemoteURL (JMX Remote URL)

ユーザドメインと接続するためのJMX Remote URLを指定します。ホスト名やポート番号を必要に応じて変更してください。

詳細:
ドメインと接続するためのJMX Remote URLを指定します。ホスト名やポート番号を必要に応じて変更してください。ドメインに接続を行う際に使用するプロトコルがJMXMPの場合、service:jmx:jmxmp://localhost:6212を指定してください(ホスト名やポート番号は必要に応じて変更してください。)
型:
java.lang.String
長さの範囲:
1-
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

jmxRemoteSecure (JMX Remoteのセキュリティ機能の有効化)

ドメインと接続する際にJMXRemoteのセキュリティ機能を使用するかどうか

型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

loadBalancerName (ロードバランサ名)

振分先制御が行われるロードバランサ名を指定します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

lbGroupName (振分先のグループ名)

ロードバランサの振分先の論理的なグループ名を指定します。

詳細:
ロードバランサの振分先の論理的なグループ名を指定します。
ロードバランサがBIG-IPの場合、プール名を指定してください。プール名が指定されていない場合は、ビジネスロジックグループ名がプール名として使用されます。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

lbPortNumbers (振分先ポート番号)

ロードバランサの振分先の対象となるポート番号を指定します。

詳細:
ロードバランサの振分先の対象となるポート番号を指定します。複数設定する場合は、ポート番号をカンマ区切りで入力してください。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

registeredToLb (ロードバランサの振分先に登録済みかどうか)

ロードバランサの振分先に登録済みかどうか

型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

startDomainTimeout (ドメイン起動の待ち合わせ時間)

ドメイン起動時の待ち合わせ時間を指定します。(単位:秒)

型:
java.lang.Integer
値の範囲:
1-3600
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

stopDomainTimeout (ドメイン停止の待ち合わせ時間)

ドメイン停止時の待ち合わせ時間を指定します。(単位:秒)

型:
java.lang.Integer
値の範囲:
1-3600
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

enableFailureMonitoring (ドメインの障害監視を行うかどうか)

ドメインの障害監視を行うかどうかを指定します。(既定値:監視する)proxyドメインで動作する場合は、障害監視を行いません。

型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

failureMonitoringInterval (ドメインの障害監視間隔)

ドメインの障害監視間隔を指定します。負荷監視を行う場合は、この障害監視は行いません。(単位:秒)

型:
java.lang.Integer
値の範囲:
1-2147483647
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

操作の詳細
restartStopProcess (ドメイン停止処理の再開)

制御対象ドメインの停止処理を再開します。

戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
なし

delete (ドメインの削除)

制御対象ドメインを削除します。

戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
in_domainName - java.lang.String
制御対象ドメイン名を指定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


export (ドメインのエクスポート)

制御対象ドメインをエクスポートします。

詳細:
制御対象のドメインを指定した制御対象サーバにエクスポートします。
戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
in_serverName - java.lang.String
エクスポート先の制御対象サーバ名を指定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

in_domainName - java.lang.String
生成する制御対象ドメイン名を指定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

in_jmxRemoteURL - java.lang.String
ドメインと接続するためのJMX Remote URLを指定します。ホスト名やポート番号を必要に応じて変更してください。ドメインに接続を行う際に使用するプロトコルがJMXMPの場合、service:jmx:jmxmp://localhost:6212を指定してください(ホスト名やポート番号は必要に応じて変更してください。)
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

in_jmxRemoteSecure - java.lang.Boolean
ドメインと接続する際にJMXRemoteのセキュリティ機能を使用するかどうか
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

in_businessLogicGroupName - java.lang.String
ビジネスロジックグループ名を指定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

in_domainAdditionalCommands - java.lang.String[]
ロードバランサの振分先に追加するコマンドを指定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

in_domainDeleteCommands - java.lang.String[]
ロードバランサの振分先から削除するコマンドを指定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

in_loadBalancerName - java.lang.String
振分先制御が行われるロードバランサ名を指定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

in_lbGroupName - java.lang.String
ロードバランサの振分先の論理的なグループ名を指定します。BIG-IPの場合、プール名を指定してください。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

in_lbPortNumbers - java.lang.String
ロードバランサの振分先の対象となるポート番号を指定します。複数設定する場合は、ポート番号をカンマ区切りで入力してください。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

in_registeredToLb - java.lang.Boolean
ロードバランサの振分先に登録済みかどうか
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

in_startDomainTimeout - java.lang.Integer
ドメイン起動時の待ち合わせ時間を指定します。(単位:秒)
値の範囲:
1-3600
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

in_stopDomainTimeout - java.lang.Integer
ドメイン停止時の待ち合わせ時間を指定します。(単位:秒)
値の範囲:
1-3600
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


registerDomainToLoadBalancer (負荷分散装置への登録)

このドメインを負荷分散装置の振り分け先に登録します。

戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
なし

unregisterDomainFromLoadBalancer (負荷分散装置から削除)

このドメインを負荷分散装置の振り分け先から削除します。

戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
なし