概要: 属性  詳細: 属性  索引

MO名称:
JRCForDefaultMO
定義:
ObjectName
{0}:J2EEServer={1},category=runtime,j2eeType=JRCForDefaultMO
CLIName
domain.bssystem.job-execution-resource.execution-context._ANY_
統合運用管理ツール 表示レベル
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション)
1

属性の概要
name (名前)
name
jobRequestPath (ジョブリクエストパス)
jobRequestPath
dataSourceBeanMapping (データソースとBean名のマッピング)
データソースBean名とJDBCデータソースのJNDI名の対応関係を指定します。「Bean名=データソースJNDI名」の形式で指定してください。
jndiDataSourceBeanScope (データソースBeanのスコープ)
データソースBeanのスコープを指定します。
contextCache (ジョブ実行リソースコンテキストをキャッシュ)
有効にした場合(trueの場合)、ジョブ実行リソースコンテキストをキャッシュします。
jndiDataSourceCache (データソースオブジェクトのキャッシュ)
有効にした場合(trueの場合)、JNDIサーバから取得したデータソースオブジェクトをキャッシュします。
jndiDataSourceLookupOnInit (データソースオブジェクトをコンテキスト初期化時に取得)
有効にした場合(trueの場合)、ジョブ実行リソースコンテキストの初期化時にデータソースオブジェクトをJNDIサーバから取得します。
usingWorkManagerBeanMapping (WorkManagerとBean名のマッピング)
WorkManagerのBean名とWorkManager名の対応関係を指定します。「Bean名=WorkManager名」の形式で指定してください。
jobExecutionLogLevel (ジョブ実行ログレベル)
ジョブ実行ログのログレベルを指定します。
jobRepositoryDataSourceBeanName (ジョブリポジトリに利用するデータソースBean名)
ジョブリポジトリアクセス時に使用するデータソースBean名を指定します。ここで指定するBean名に対応するデータソースのマッピングをコンテキストタブ内で指定する必要があります。
jobRepositoryValidateTransactionState (JobExecution生成時のトランザクション状態の検証)
有効にした場合(trueの場合)、JobExecution生成時にトランザクションが存在しているか否かを確認します。ジョブリポジトリのvalidateTransactionStateプロパティです。
jobRepositoryIsolationLevelForCreate (ジョブ実行エントリ初期生成処理のトランザクション分離レベル)
ジョブ実行エントリ初期生成処理のトランザクション分離レベルを指定します。
jobRepositoryDatabaseType (データベースタイプ)
指定がない場合、自動的に判別します
jobRepositoryMaxVarCharLength (EXIT_MESSAGE列の最大長)
ジョブリポジトリのBATCH_JOB_EXECUTIONテーブル、および、BATCH_STEP_EXECUTIONテーブルのEXIT_MESSAGE列に、格納する最大文字列長を指定します。指定した最大長を超える文字列情報は除外してジョブリポジトリに書き込みます。EXIT_MESSAGE列のデータ型はデータベース種別によって異なる為、格納可能なデータ長、および、単位はデータベース種別によって異なります。
jobRepositoryTablePrefix (テーブル名プレフィックス)
jobRepositoryTablePrefix
usingMapJobRepository (マップジョブリポジトリを利用)
有効にした場合(trueの場合)、マップジョブリポジトリを利用します。データソース用ジョブリポジトリの設定は無視されます。
jobRepositoryRetryEnabled (ジョブリポジトリDB接続リトライの有効化)
有効にした場合(trueの場合)、ジョブリポジトリDB接続リトライ機能を有効化します。
jobRepositoryRetryLimit (DB正常性確認上限回数)
DB障害時の接続確認上限回数を指定します。
jobRepositoryRetryInterval (DB正常性確認間隔)
DB障害時の接続確認間隔を指定します。(単位:秒)
jobRepositoryValidationQuery (ValidationQuery)
DB接続の正常性を確認するためのSQLを指定します。
jobRepositoryRetryableExceptionClasses (リトライ可能例外一覧)
リトライ可能例外のFQCNを指定します。複数指定する場合はカンマ「,」で区切ります。
jobRepositoryInvocationLimit (JobRepositoryメソッドの呼び出し上限回数)
DBの正常性確認後にJobRepositoryメソッドを呼び出す回数の上限値です。
jobRepositoryNotRetryOnJobInitialization (ジョブ開始時リトライの有効化)
有効にした場合(trueの場合)、ジョブ開始時の既存ジョブの確認とJobExecution生成にともなうアクセスをリトライします。
transactionManagerDefaultTimeout (デフォルトタイムアウト)
トランザクションを実行するクライアント側で指定するタイムアウト時間です。既定値の-1の場合、トランザクションサービス側で設定されているタイムアウト値が有効になります。(単位:秒)
failEarlyOnGlobalRollbackOnly (rollback-onlyマークの早期失敗)
有効にした場合(trueの場合)、グローバルトランザクションがrollback-onlyに設定されたことを検知した時点で早期に例外を発生させます。
globalRollbackOnParticipationFailure (内部トランザクション失敗時のrollback-only)
有効にした場合(trueの場合)、内部トランザクション失敗時にグローバルトランザクションをrollback-onlyに設定します。
rollbackOnCommitFailure (commit失敗時のrollback呼び出し)
有効にした場合(trueの場合)、commit失敗時に明示的にrollbackを呼び出します。
transactionSynchronization (スレッドの境界に基づいた同期)
スレッドの境界に基づいたトランザクションの同期ポリシを設定します。SYNCHRONIZATION_ALWAYSの場合、後段のトランザクションがないPROPAGATION_SUPPORTSな処理によって生じる空のトランザクションであっても、常にトランザクション シンクロナイゼーションを有効化します。SYNCHRONIZATION_ON_ACTUAL_TRANSACTIONの場合、実行中のトランザクションが存在する場合にのみ、トランザクション シンクロナイゼーションを有効化します。つまり、後段のトランザクションがないPROPAGATION_SUPPORTSな処理によって生じる空のトランザクションに対しては、有効化しません。SYNCHRONIZATION_NEVERの場合、トランザクション シンクロナイゼーションを有効化しません。
validateExistingTransaction (トランザクション参加時の検証厳密化)
有効にした場合(trueの場合)、新規に開始するトランザクションが既存のトランザクションに参加する際に、設定に矛盾が無いか厳密な検証を行います。既存のトランザクションに参加する際(例えば、PROPAGATION_REQUIRESまたはPROPAGATION_SUPPORTSなトランザクションを既存のトランザクションに参加させる場合)、この外部トランザクションの特性は、内部トランザクション区間にも適用されます。有効にした場合(trueの場合)、内部トランザクションの設定に非互換性のトランザクション分離レベル、および、読み出し専用のセッティングがある場合、例外がスローされ、既存のトランザクションへの参加は拒絶されます。無効にした場合(falseの場合)、外部トランザクションの特性によって、内部トランザクションの設定を単純に上書きしその設定は無視されます。


属性の詳細
name (名前)

name

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

jobRequestPath (ジョブリクエストパス)

jobRequestPath

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

dataSourceBeanMapping (データソースとBean名のマッピング)

データソースBean名とJDBCデータソースのJNDI名の対応関係を指定します。「Bean名=データソースJNDI名」の形式で指定してください。

型:
java.lang.String[]
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

jndiDataSourceBeanScope (データソースBeanのスコープ)

データソースBeanのスコープを指定します。

型:
java.lang.String
値の有効範囲:
singleton 
prototype 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

contextCache (ジョブ実行リソースコンテキストをキャッシュ)

有効にした場合(trueの場合)、ジョブ実行リソースコンテキストをキャッシュします。

型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

jndiDataSourceCache (データソースオブジェクトのキャッシュ)

有効にした場合(trueの場合)、JNDIサーバから取得したデータソースオブジェクトをキャッシュします。

型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

jndiDataSourceLookupOnInit (データソースオブジェクトをコンテキスト初期化時に取得)

有効にした場合(trueの場合)、ジョブ実行リソースコンテキストの初期化時にデータソースオブジェクトをJNDIサーバから取得します。

型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

usingWorkManagerBeanMapping (WorkManagerとBean名のマッピング)

WorkManagerのBean名とWorkManager名の対応関係を指定します。「Bean名=WorkManager名」の形式で指定してください。

型:
java.lang.String[]
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

jobExecutionLogLevel (ジョブ実行ログレベル)

ジョブ実行ログのログレベルを指定します。

型:
java.lang.String
値の有効範囲:
FATAL  FATAL
ERROR  ERROR
WARN  WARN
INFO  INFO
DEBUG  DEBUG
TRACE  TRACE
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

jobRepositoryDataSourceBeanName (ジョブリポジトリに利用するデータソースBean名)

ジョブリポジトリアクセス時に使用するデータソースBean名を指定します。ここで指定するBean名に対応するデータソースのマッピングをコンテキストタブ内で指定する必要があります。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

jobRepositoryValidateTransactionState (JobExecution生成時のトランザクション状態の検証)

有効にした場合(trueの場合)、JobExecution生成時にトランザクションが存在しているか否かを確認します。ジョブリポジトリのvalidateTransactionStateプロパティです。

型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

jobRepositoryIsolationLevelForCreate (ジョブ実行エントリ初期生成処理のトランザクション分離レベル)

ジョブ実行エントリ初期生成処理のトランザクション分離レベルを指定します。

型:
java.lang.String
値の有効範囲:
ISOLATION_DEFAULT  DEFAULT
ISOLATION_READ_COMMITTED  READ_COMMITTED
ISOLATION_READ_UNCOMMITTED  READ_UNCOMMITTED
ISOLATION_REPEATABLE_READ  REPEATABLE_READ
ISOLATION_SERIALIZABLE  SERIALIZABLE
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

jobRepositoryDatabaseType (データベースタイプ)

指定がない場合、自動的に判別します

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

jobRepositoryMaxVarCharLength (EXIT_MESSAGE列の最大長)

ジョブリポジトリのBATCH_JOB_EXECUTIONテーブル、および、BATCH_STEP_EXECUTIONテーブルのEXIT_MESSAGE列に、格納する最大文字列長を指定します。指定した最大長を超える文字列情報は除外してジョブリポジトリに書き込みます。EXIT_MESSAGE列のデータ型はデータベース種別によって異なる為、格納可能なデータ長、および、単位はデータベース種別によって異なります。

型:
java.lang.Integer
最小値:
1
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

jobRepositoryTablePrefix (テーブル名プレフィックス)

jobRepositoryTablePrefix

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

usingMapJobRepository (マップジョブリポジトリを利用)

有効にした場合(trueの場合)、マップジョブリポジトリを利用します。データソース用ジョブリポジトリの設定は無視されます。

型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

jobRepositoryRetryEnabled (ジョブリポジトリDB接続リトライの有効化)

有効にした場合(trueの場合)、ジョブリポジトリDB接続リトライ機能を有効化します。

型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

jobRepositoryRetryLimit (DB正常性確認上限回数)

DB障害時の接続確認上限回数を指定します。

型:
java.lang.Integer
最小値:
0
最大値:
2147483647
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

jobRepositoryRetryInterval (DB正常性確認間隔)

DB障害時の接続確認間隔を指定します。(単位:秒)

型:
java.lang.Integer
最小値:
1
最大値:
3600
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

jobRepositoryValidationQuery (ValidationQuery)

DB接続の正常性を確認するためのSQLを指定します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

jobRepositoryRetryableExceptionClasses (リトライ可能例外一覧)

リトライ可能例外のFQCNを指定します。複数指定する場合はカンマ「,」で区切ります。

型:
java.lang.String[]
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

jobRepositoryInvocationLimit (JobRepositoryメソッドの呼び出し上限回数)

DBの正常性確認後にJobRepositoryメソッドを呼び出す回数の上限値です。

型:
java.lang.Integer
最小値:
1
最大値:
2147483647
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

jobRepositoryNotRetryOnJobInitialization (ジョブ開始時リトライの有効化)

有効にした場合(trueの場合)、ジョブ開始時の既存ジョブの確認とJobExecution生成にともなうアクセスをリトライします。

型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

transactionManagerDefaultTimeout (デフォルトタイムアウト)

トランザクションを実行するクライアント側で指定するタイムアウト時間です。既定値の-1の場合、トランザクションサービス側で設定されているタイムアウト値が有効になります。(単位:秒)

型:
java.lang.Long
最小値:
-1
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

failEarlyOnGlobalRollbackOnly (rollback-onlyマークの早期失敗)

有効にした場合(trueの場合)、グローバルトランザクションがrollback-onlyに設定されたことを検知した時点で早期に例外を発生させます。

型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

globalRollbackOnParticipationFailure (内部トランザクション失敗時のrollback-only)

有効にした場合(trueの場合)、内部トランザクション失敗時にグローバルトランザクションをrollback-onlyに設定します。

型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

rollbackOnCommitFailure (commit失敗時のrollback呼び出し)

有効にした場合(trueの場合)、commit失敗時に明示的にrollbackを呼び出します。

型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

transactionSynchronization (スレッドの境界に基づいた同期)

スレッドの境界に基づいたトランザクションの同期ポリシを設定します。SYNCHRONIZATION_ALWAYSの場合、後段のトランザクションがないPROPAGATION_SUPPORTSな処理によって生じる空のトランザクションであっても、常にトランザクション シンクロナイゼーションを有効化します。SYNCHRONIZATION_ON_ACTUAL_TRANSACTIONの場合、実行中のトランザクションが存在する場合にのみ、トランザクション シンクロナイゼーションを有効化します。つまり、後段のトランザクションがないPROPAGATION_SUPPORTSな処理によって生じる空のトランザクションに対しては、有効化しません。SYNCHRONIZATION_NEVERの場合、トランザクション シンクロナイゼーションを有効化しません。

型:
java.lang.String
値の有効範囲:
SYNCHRONIZATION_ALWAYS  ALWAYS
SYNCHRONIZATION_NEVER  NEVER
SYNCHRONIZATION_ON_ACTUAL_TRANSACTION  ON_ACTUAL_TRANSACTION
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

validateExistingTransaction (トランザクション参加時の検証厳密化)

有効にした場合(trueの場合)、新規に開始するトランザクションが既存のトランザクションに参加する際に、設定に矛盾が無いか厳密な検証を行います。既存のトランザクションに参加する際(例えば、PROPAGATION_REQUIRESまたはPROPAGATION_SUPPORTSなトランザクションを既存のトランザクションに参加させる場合)、この外部トランザクションの特性は、内部トランザクション区間にも適用されます。有効にした場合(trueの場合)、内部トランザクションの設定に非互換性のトランザクション分離レベル、および、読み出し専用のセッティングがある場合、例外がスローされ、既存のトランザクションへの参加は拒絶されます。無効にした場合(falseの場合)、外部トランザクションの特性によって、内部トランザクションの設定を単純に上書きしその設定は無視されます。

型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1