概要: 属性 | 操作  詳細: 属性 | 操作  索引

MO名称:
DeploymentManagerMO -  バッチアプリケーションのインストール・アンインストール・有効化・無効化を行うMOです
定義:
ObjectName
{0}:J2EEServer={1},category=runtime,j2eeType=DeploymentManagerMO
CLIName
domain.bssystem.batch-applications
統合運用管理ツール 表示レベル
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション)
1

属性の概要
installationBapgNames (インストール済みバッチアプリケーショングループ名)
インストールされたバッチアプリケーショングループ名の一覧です
enablementBapgContainerNames (有効化済みバッチアプリケーショングループ名)
有効化されたバッチアプリケーショングループ名の一覧です

操作の概要
installUploadedFile (バッチアプリケーショングループのインストール)
バッチアプリケーショングループファイルをサーバーに転送してインストールします
enable (バッチアプリケーショングループの有効化)
バッチアプリケーショングループを有効化します。
createBatchApplicationStickyContext (バッチアプリケーションのApplicationContextの固定化)
バッチアプリケーションのApplicationContextを固定化します
removeBatchApplicationStickyContext (固定化されたバッチアプリケーションのApplicationContextの削除)
固定化されたバッチアプリケーションのApplicationContextを削除します
disable (バッチアプリケーショングループの無効化)
バッチアプリケーショングループを無効化します。
uninstall (バッチアプリケーショングループのアンインストール)
バッチアプリケーショングループのアンインストールをします。


属性の詳細
installationBapgNames (インストール済みバッチアプリケーショングループ名)

インストールされたバッチアプリケーショングループ名の一覧です

型:
java.lang.String[]
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

enablementBapgContainerNames (有効化済みバッチアプリケーショングループ名)

有効化されたバッチアプリケーショングループ名の一覧です

型:
java.lang.String[]
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

操作の詳細
installUploadedFile (バッチアプリケーショングループのインストール)

バッチアプリケーショングループファイルをサーバーに転送してインストールします

戻り値:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
path - java.lang.String
インストールするファイルの場所を指定します
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

batchapgroupName - java.lang.String
バッチアプリケーショングループ名を指定します
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

containerName - java.lang.String
バッチアプリケーショングループを有効化するコンテナ名を指定します。インストール時にバッチアプリケーショングループを有効化する場合に指定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

enabled - java.lang.Boolean
有効にした場合(trueの場合)、インストール時にバッチアプリケーショングループを有効化します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


enable (バッチアプリケーショングループの有効化)

バッチアプリケーショングループを有効化します。

戻り値:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
batchapgroupName - java.lang.String
有効化するバッチアプリケーショングループ名を指定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

containerName - java.lang.String
バッチアプリケーショングループを有効化するコンテナ名を指定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


createBatchApplicationStickyContext (バッチアプリケーションのApplicationContextの固定化)

バッチアプリケーションのApplicationContextを固定化します

戻り値:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
batchapgroupName - java.lang.String
ApplicationContextを固定化するバッチアプリケーションを含むバッチアプリケーショングループの名称を指定します
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

containerName - java.lang.String
ApplicationContextを固定化するコンテナ名を指定します。未指定の場合、バッチアプリケーショングループが有効化されている全てのコンテナが固定化の対象になります
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


removeBatchApplicationStickyContext (固定化されたバッチアプリケーションのApplicationContextの削除)

固定化されたバッチアプリケーションのApplicationContextを削除します

戻り値:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
batchapgroupName - java.lang.String
固定化されたApplicationContextの削除するバッチアプリケーショングループの名称を指定します
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

containerName - java.lang.String
固定化されたApplicationContextの削除するコンテナ名を指定します。未指定の場合、バッチアプリケーショングループが有効化されている全てのコンテナが削除の対象になります
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


disable (バッチアプリケーショングループの無効化)

バッチアプリケーショングループを無効化します。

戻り値:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
batchapgroupName - java.lang.String
無効化するバッチアプリケーショングループの名を指定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

containerName - java.lang.String
バッチアプリケーショングループが有効化されているコンテナ名を指定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

waitForDestroy - java.lang.Boolean
有効にした場合(trueの場合)、無効化処理の終了を待ち合わせます。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


uninstall (バッチアプリケーショングループのアンインストール)

バッチアプリケーショングループのアンインストールをします。

戻り値:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
batchapgroupName - java.lang.String
アンインストールするバッチアプリケーショングループの名を指定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1