概要: 属性 | 操作  詳細: 属性 | 操作  索引

MO名称:
BatchContainerManagerMO
定義:
ObjectName
{0}:J2EEServer={1},category=runtime,j2eeType=BatchContainerManagerMO
CLIName
domain.bssystem.batch-containers
統合運用管理ツール 表示レベル
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション)
1

属性の概要
startTimeout (コンテナ開始タイムアウト)
ドメイン起動時やコンテナ開始指示に利用されるコンテナ開始タイムアウト(秒)。0を指定するとタイムアウト無し。
terminationTimeout (コンテナ停止タイムアウト)
ドメイン停止時に利用されるコンテナ停止タイムアウト(秒)。0を指定するとタイムアウト無し。
terminationMode (コンテナ停止モード)
ドメインの停止時に利用される停止モード
sharedClassLoaderDelegate (共有クラスローダの委譲有効化)
共有クラスローダの親クラスローダにクラスのロードを委譲します。
deleteClassLoaderDelegate (削除可能クラスローダの委譲有効化)
削除可能クラスローダの親クラスローダにクラスのロードを委譲します。
batchApplicationGroupClassLoaderDelegate (バッチアプリケーショングループクラスローダの委譲有効化)
バッチアプリケーショングループクラスローダの親クラスローダにクラスのロードを委譲します。
batchApplicationClassLoaderDelegate (バッチアプリケーションクラスローダの委譲有効化)
バッチアプリケーションの親クラスローダにクラスのロードを委譲します。
persistLogLevel (ログレベルを永続化)
コンテナのログレベル変更を永続化するかどうかを設定します。
core-log-level (Batch Container)
Batch Server のログレベルを設定します。
container-log-max-backup-index (Batch Container Log MaxBackupIndex)
LOGS_DIR/batch/<containerName>/<containerName>_<seq>.log の世代数を指定します。
container-log-max-file-size (Batch Container Log MaxFileSize)
LOGS_DIR/batch/<containerName>/<containerName>_<seq>.log の最大ファイルサイズを指定します。
environment-log-level (Batch Container Enviroment Log)
Batch Server 環境ログのログレベルを設定します。
environment-log-max-backup-index (Batch Container Enviroment Log MaxBackupIndex)
LOGS_DIR/batch/<containerName>/environments_<seq>.log の世代数を指定します。
environment-log-max-file-size (Batch Container Enviroment Log MaxFileSize)
LOGS_DIR/batch/<containerName>/environments_<seq>.log の最大ファイルサイズを指定します。
allexecution-log-max-backup-index (All job execution Log MaxBackupIndex)
LOGS_DIR/batch/<containerName>/allExecution_<seq>.log の世代数を指定します。
allexecution-log-max-file-size (All job execution Log MaxFileSize)
LOGS_DIR/batch/<containerName>/allExecution_<seq>.log の最大ファイルサイズを指定します。
proxy-log-level (Batch Container Proxy Log)
Batch Server プロキシログのログレベルを設定します。
webotx-log-level (WebOTX Common)
WebOTX 共通モジュールのログレベルを設定します。
jdbc-datasource-log-level (JDBC DataSource)
JDBC DataSource モジュールのログレベルを設定します。
jdbc-driver-log-level (JDBC Driver)
JDBC Driver モジュールのログレベルを設定します。
jta-log-level (JTA)
JTAモジュールのログレベルを設定します。
objectbroker-log-level (Object Broker)
Object Broker モジュールのログレベルを設定します。

操作の概要
addBatchContainer (コンテナの追加)
指定したコンテナ名のコンテナを追加します
deleteBatchContainer (コンテナの削除)
指定したコンテナ名のコンテナを削除します


属性の詳細
startTimeout (コンテナ開始タイムアウト)

ドメイン起動時やコンテナ開始指示に利用されるコンテナ開始タイムアウト(秒)。0を指定するとタイムアウト無し。

型:
java.lang.Long
最小値:
0
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

terminationTimeout (コンテナ停止タイムアウト)

ドメイン停止時に利用されるコンテナ停止タイムアウト(秒)。0を指定するとタイムアウト無し。

型:
java.lang.Long
最小値:
0
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

terminationMode (コンテナ停止モード)

ドメインの停止時に利用される停止モード

型:
java.lang.String
値の有効範囲:
NORMAL 
TRANSACTIONAL 
FORCE 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

sharedClassLoaderDelegate (共有クラスローダの委譲有効化)

共有クラスローダの親クラスローダにクラスのロードを委譲します。

型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

deleteClassLoaderDelegate (削除可能クラスローダの委譲有効化)

削除可能クラスローダの親クラスローダにクラスのロードを委譲します。

型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

batchApplicationGroupClassLoaderDelegate (バッチアプリケーショングループクラスローダの委譲有効化)

バッチアプリケーショングループクラスローダの親クラスローダにクラスのロードを委譲します。

型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

batchApplicationClassLoaderDelegate (バッチアプリケーションクラスローダの委譲有効化)

バッチアプリケーションの親クラスローダにクラスのロードを委譲します。

型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

persistLogLevel (ログレベルを永続化)

コンテナのログレベル変更を永続化するかどうかを設定します。

型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

core-log-level (Batch Container)

Batch Server のログレベルを設定します。

型:
java.lang.String
値の有効範囲:
TRACE 
DETAIL 
DEBUG 
CONFIG 
INFO 
WARN 
ERROR 
OFF 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

container-log-max-backup-index (Batch Container Log MaxBackupIndex)

LOGS_DIR/batch/<containerName>/<containerName>_<seq>.log の世代数を指定します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

container-log-max-file-size (Batch Container Log MaxFileSize)

LOGS_DIR/batch/<containerName>/<containerName>_<seq>.log の最大ファイルサイズを指定します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

environment-log-level (Batch Container Enviroment Log)

Batch Server 環境ログのログレベルを設定します。

型:
java.lang.String
値の有効範囲:
TRACE 
DETAIL 
DEBUG 
CONFIG 
INFO 
WARN 
ERROR 
OFF 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

environment-log-max-backup-index (Batch Container Enviroment Log MaxBackupIndex)

LOGS_DIR/batch/<containerName>/environments_<seq>.log の世代数を指定します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

environment-log-max-file-size (Batch Container Enviroment Log MaxFileSize)

LOGS_DIR/batch/<containerName>/environments_<seq>.log の最大ファイルサイズを指定します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

allexecution-log-max-backup-index (All job execution Log MaxBackupIndex)

LOGS_DIR/batch/<containerName>/allExecution_<seq>.log の世代数を指定します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

allexecution-log-max-file-size (All job execution Log MaxFileSize)

LOGS_DIR/batch/<containerName>/allExecution_<seq>.log の最大ファイルサイズを指定します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

proxy-log-level (Batch Container Proxy Log)

Batch Server プロキシログのログレベルを設定します。

型:
java.lang.String
値の有効範囲:
TRACE 
DETAIL 
DEBUG 
CONFIG 
INFO 
WARN 
ERROR 
OFF 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

webotx-log-level (WebOTX Common)

WebOTX 共通モジュールのログレベルを設定します。

型:
java.lang.String
値の有効範囲:
TRACE 
DETAIL 
DEBUG 
CONFIG 
INFO 
WARN 
ERROR 
OFF 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

jdbc-datasource-log-level (JDBC DataSource)

JDBC DataSource モジュールのログレベルを設定します。

型:
java.lang.String
値の有効範囲:
TRACE 
DETAIL 
DEBUG 
CONFIG 
INFO 
WARN 
ERROR 
OFF 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

jdbc-driver-log-level (JDBC Driver)

JDBC Driver モジュールのログレベルを設定します。

型:
java.lang.String
値の有効範囲:
TRACE 
DETAIL 
DEBUG 
CONFIG 
INFO 
WARN 
ERROR 
OFF 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

jta-log-level (JTA)

JTAモジュールのログレベルを設定します。

型:
java.lang.String
値の有効範囲:
TRACE 
DETAIL 
DEBUG 
CONFIG 
INFO 
WARN 
ERROR 
OFF 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

objectbroker-log-level (Object Broker)

Object Broker モジュールのログレベルを設定します。

型:
java.lang.String
値の有効範囲:
TRACE 
DETAIL 
DEBUG 
CONFIG 
INFO 
WARN 
ERROR 
OFF 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

操作の詳細
addBatchContainer (コンテナの追加)

指定したコンテナ名のコンテナを追加します

戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
containerName - java.lang.String
追加するコンテナの名前
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


deleteBatchContainer (コンテナの削除)

指定したコンテナ名のコンテナを削除します

戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
containerName - java.lang.String
削除するコンテナの名前
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1