概要: 属性 | 操作  詳細: 属性 | 操作  索引

MO名称:
web-container -  Webコンテナです
定義:
ObjectName
{0}:type=web-container,config={1},category=config
CLIName
server.web-container
統合運用管理ツール 表示レベル
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション)
1

属性の概要
log-available-accesslog (アクセスログの採取)
アクセスログを採取するかどうかを表します
processMultiplicity (アドバンスドモード)
WebコンテナがWebOTXアプリケーションサーバ内のどの管理基盤によって制御されるかを表しています。
チェックがある場合、Webコンテナはアドバンスドモードで動作します。
チェックがない場合、Webコンテナはスタンダードで動作します。
この値はWebOTXのインストールまたはドメインの作成時に指定します。変更はできません。
WebOTXのエディションが Express の場合はスタンダードモードで動作します。
advanced-mode-protocol (WebコンテナとWebサーバの連携モード)
アドバンスドモード時に利用するリスナの種類を選択します
session-replication-jndi-url (JNDIサーバのURL)
セッション情報をレプリケーションする対象のJNDIサーバURLです

操作の概要
switchAdvancedModeProtocol (WebコンテナとWebサーバの連携モードの切換え)
アドバンスドモードにおけるWebコンテナとWebサーバの連携モードの切換えを行います。この操作を行う前には、TP システムを停止してください。
設定後はすぐにドメインを再起動してください。
getProperties (プロパティ一覧の取得)
プロパティの一覧を取得します。
setProperty (プロパティの設定)
プロパティの名前と値を設定します。
reloadAllModules (Webアプリケーションの再ロード)
Webコンテナ上の全ユーザアプリケーションの再ロードを行います。
checkSessionTimeoutAS (格納先セッションのタイムアウトチェック)
格納先に保存したセッションのタイムアウトチェックを行います。
非同期モードのみ有効


属性の詳細
log-available-accesslog (アクセスログの採取)

アクセスログを採取するかどうかを表します

詳細:
アクセスログを採取するかどうかを表します。既定値では、ログは server_access.log に記録されます。
型:
java.lang.String
値の有効範囲:
true 
false 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

processMultiplicity (アドバンスドモード)

WebコンテナがWebOTXアプリケーションサーバ内のどの管理基盤によって制御されるかを表しています。
チェックがある場合、Webコンテナはアドバンスドモードで動作します。
チェックがない場合、Webコンテナはスタンダードで動作します。
この値はWebOTXのインストールまたはドメインの作成時に指定します。変更はできません。
WebOTXのエディションが Express の場合はスタンダードモードで動作します。

詳細:
・スタンダードモード
ドメイン・エージェント内で動作し、そのJMX基盤によって制御されます。
単一のJava VMプロセス構成であり、高性能、リソース消費の軽量化、多種の外部Webサーバとの連携などの利点があります。

・アドバンスドモード
TPモニタの制御下で動作します。
TPモニタが備える、優先度制御、流量制御、実行プロセスの多重化制御などの機能によって高信頼・高可用なシステムを実現します。
型:
java.lang.String
値の有効範囲:
true 
false 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

advanced-mode-protocol (WebコンテナとWebサーバの連携モード)

アドバンスドモード時に利用するリスナの種類を選択します

詳細:
リスナのタイプは連携するWebサーバのプロトコルと合わせる必要があります。IISと連携を行う場合は必ず ajp を選択してください。
Apache と連携時にWebサーバ側でどのプロトコルを利用しているかを確かめるためには、<ドメインディレクトリ>/config/WebServer/httpd.conf を確認します。このファイルに mod_jk_om-22.conf-auto または mod_jk_om-24.conf-auto を指定している場合は、IIOP プロトコルを利用しています。もし、mod_jk-22.conf-auto または mod_jk-24.conf-auto を指定している場合は、AJPプロトコルを利用しています。
型:
java.lang.String
値の有効範囲:
ajp 
iiop 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

session-replication-jndi-url (JNDIサーバのURL)

セッション情報をレプリケーションする対象のJNDIサーバURLです

詳細:
次の例のようなURLで記載します。
例) rmiiiop://<ホスト1>:<JNDIサーバポート1>,<ホスト2>:<JNDIサーバポート2>…

ホスト名にはレプリケーションさせるJNDIサーバが動作しているホスト名またはIPアドレスを記述します。

JNDI サーバポート番号はJNDI サーバが動作しているWebOTX ドメインの組み込みIIOP リスナのポート番号となります。インストール時に作成されるdomain1のポート番号は7780 です。省略したときは自ドメインの組み込みIIOP リスナのポート番号が使用されます。

複数のWebOTXドメイン間でHTTPセッションをレプリケートするときはレプリケートする全てのWebOTXドメインのJNDIサーバのホスト名、ポート番号を列挙した指定を各WebOTXドメインに対して設定します。列挙する順番は意識する必要はありません。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

操作の詳細
switchAdvancedModeProtocol (WebコンテナとWebサーバの連携モードの切換え)

アドバンスドモードにおけるWebコンテナとWebサーバの連携モードの切換えを行います。この操作を行う前には、TP システムを停止してください。
設定後はすぐにドメインを再起動してください。

戻り値:
java.lang.String
統合運用管理コンソール 操作の表示レベル:
詳細レベル:詳細設定、オプションなど通常の運用には必要ない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
2
引数:
advProtocol - java.lang.String
WebコンテナとWebサーバの連携モードを指定します。
値の有効範囲:
ajp  ajp
iiop  iiop
統合運用管理コンソール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


getProperties (プロパティ一覧の取得)

プロパティの一覧を取得します。

詳細:
プロパティの一覧を取得します。
戻り値:
javax.management.AttributeList
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
なし

setProperty (プロパティの設定)

プロパティの名前と値を設定します。

詳細:
プロパティの名前と値を設定します。
戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
nameAndValue - javax.management.Attribute
プロパティの名前と値を設定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


reloadAllModules (Webアプリケーションの再ロード)

Webコンテナ上の全ユーザアプリケーションの再ロードを行います。

詳細:
Webコンテナ上の全ユーザアプリケーションの再ロードを行います。再ロードを行った場合、セッション情報や統計情報などが全てクリアされます。Web版統合運用管理コンソール(/manager)については、再ロードされません。
戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
なし

checkSessionTimeoutAS (格納先セッションのタイムアウトチェック)

格納先に保存したセッションのタイムアウトチェックを行います。
非同期モードのみ有効

詳細:
レプリケーション設定(非同期モード)している全Webアプリケーションに対して格納先に保存したセッションのタイムアウトチェックの実効を指示します。
戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
なし