概要: 属性 | 操作  詳細: 属性 | 操作  索引

MO名称:
network-listener
定義:
ObjectName
{0}:type=network-listener,config={1},name={2},category=config
CLIName
server.network-config.network-listeners.network-listener.{2}
統合運用管理ツール 表示レベル
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション)
1

属性の概要
name (識別名)
リスナの識別用名です
port (ポート番号)
リクエスト受け付け用ポート番号です
enabled (活性状態)
リスナの活性状態を表します
address (バインドするサーバのアドレス)
複数アドレスを持つサーバで、特定のアドレスに対するリクエストのみ許可したい場合に指定します
bind-on-init (初期バインド)
ネットワークリスナ起動時にポートをバインドする場合(false)に設定します (既定値:true)
thread-pool (スレッドプール)
参照するスレッドプールを指定します
transport (トランスポート層のプロトコル)
トランスポート層で使用するプロトコルを表します
protocol (プロトコルの参照先)
参照するプロトコルを指定します

操作の概要
getProperties (プロパティ一覧の取得)
プロパティの一覧を取得します。
setProperty (プロパティの設定)
プロパティの名前と値を設定します。


属性の詳細
name (識別名)

リスナの識別用名です

詳細:
先頭の文字に数字は使えまえん。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

port (ポート番号)

リクエスト受け付け用ポート番号です

詳細:
リスナ受け付け用ポート番号です。有効な値は1-65535です。UNIXで1-1024ポート通信するソケットを作成するためにはスーパーユーザ権限が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

enabled (活性状態)

リスナの活性状態を表します

詳細:
リスナの活性状態を表します。ただし、仮想サーバ名が __otxadmin のリスナを無効にした場合は、運用管理コンソールが利用できなくなるため、起動時に警告のログを出力します。
型:
java.lang.String
値の有効範囲:
true 
false 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

address (バインドするサーバのアドレス)

複数アドレスを持つサーバで、特定のアドレスに対するリクエストのみ許可したい場合に指定します

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

bind-on-init (初期バインド)

ネットワークリスナ起動時にポートをバインドする場合(false)に設定します (既定値:true)

詳細:
ポートにバインドしてからネットワークリスナを起動するか、ネットワークリスナ起動時にポートをバインドするかを指定します
型:
java.lang.String
値の有効範囲:
true 
false 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

thread-pool (スレッドプール)

参照するスレッドプールを指定します

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

transport (トランスポート層のプロトコル)

トランスポート層で使用するプロトコルを表します

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

protocol (プロトコルの参照先)

参照するプロトコルを指定します

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

操作の詳細
getProperties (プロパティ一覧の取得)

プロパティの一覧を取得します。

詳細:
プロパティの一覧を取得します。
戻り値:
javax.management.AttributeList
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
なし

setProperty (プロパティの設定)

プロパティの名前と値を設定します。

詳細:
プロパティの名前と値を設定します。
戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
nameAndValue - javax.management.Attribute
プロパティの名前と値を設定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1