概要: 操作  詳細: 操作  索引

MO名称:
network-config
定義:
ObjectName
amx:type=network-config,config={1},category=config
CLIName
server.network-config
統合運用管理ツール 表示レベル
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション)
1

操作の概要
deleteTransport (トランスポートの削除)
トランスポートを削除します。
deleteProtocol (プロトコルの削除)
プロトコルを削除します。
createTransport (トランスポートの追加)
トランスポートを追加します。
createNetworkListener (ネットワークリスナの追加)
ネットワークリスナを追加します。
createProtocol (プロトコルの追加)
プロトコルを追加します。
createSsl (プロトコルのSSL設定)
プロトコルにSSLを追加します。
deleteNetworkListener (ネットワークリスナの削除)
ネットワークリスナを削除します。
listProtocol (プロトコルの取得)
プロトコルを取得します。
listNetworkListener (ネットワークリスナの取得)
ネットワークリスナを取得します。
getProperties (プロパティ一覧の取得)
プロパティの一覧を取得します。
setProperty (プロパティの設定)
プロパティを設定します。
listTransport (トランスポートの取得)
トランスポートを取得します。
deleteSsl (プロトコルのSSL設定の削除)
プロトコルからSSL設定を削除します


操作の詳細
deleteTransport (トランスポートの削除)

トランスポートを削除します。

戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
transport-name - java.lang.String
削除対象であるトランスポートの識別名を指定してください。現在登録されているトランスポートを確認するためには操作の「トランスポートの取得」を行って結果を確認してください。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


deleteProtocol (プロトコルの削除)

プロトコルを削除します。

戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
protocol-name - java.lang.String
削除対象のプロトコルの識別名を指定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


createTransport (トランスポートの追加)

トランスポートを追加します。

戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
transport-name - java.lang.String
トランスポートの識別名です
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

selection-key-handler - java.lang.String
選択キー・ハンドラのクラス名。空白のままにすると、デフォルトの実装が使用されます。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

classname - java.lang.String
トランスポートの論理を実装するクラスの名前です
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

acceptor-threads - java.lang.Integer
マシンに搭載されているプロセッサの数を指定します。値が -1の場合は、WebOTX がアクセプタ・スレッドの数を計算します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

buffer-size-bytes - java.lang.Integer
このトランスポートを使用するネットワーク・リスナーが作成した、入力ストリームに使用されるバッファのサイズです。(単位:Byte)
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

byte-buffer-type - java.lang.String
トランスポートで使用されるバッファのタイプを指定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

display-configuration - java.lang.Boolean
trueを設定するとWebコンテナの内部構成をサーバー・ログにフラッシュします。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

enable-snoop - java.lang.Boolean
リクエストとレスポンスの情報をサーバー・ログにダンプします。デバッグに利用できますが、パフォーマンスが大きく低下します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

idle-key-timeout-seconds - java.lang.Integer
アイドル・キーが取り消されてチャンネルがクローズされるまでの時間を指定します。(単位:秒)
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

max-connections-count - java.lang.Integer
コネクションの最大接続数を指定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

read-timeout-millis - java.lang.Integer
読み取り操作のタイムアウト値を指定します。(単位:ミリ秒)
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

write-timeout-millis - java.lang.Integer
書き込み操作のタイムアウト値を指定します。(単位:ミリ秒)
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

selector-poll-timeout-millis - java.lang.Integer
NIOセレクタがイベント(ユーザー・リクエスト)の待機をブロックするまでの期間を表します。(単位:ミリ秒)
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

tcp-no-delay - java.lang.Boolean
true にした場合、ソケットオプションの TCP_NODELAY が有効となりパケット送信待ち時間が最小となります。
false にした場合、ソケットオプションの TCP_NODELAY は設定されず、1 つのパケットにできるだけ多くのデータを格納して送信します。このため、パケット送信数を最小限に抑えてネットワーク全体の混雑を緩和することができます。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


createNetworkListener (ネットワークリスナの追加)

ネットワークリスナを追加します。

詳細:
ネットワークリスナを作成します。
戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
name - java.lang.String
ネットワークリスナのリスナIDです。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

listener-port - java.lang.Integer
リスナソケットを作成するポート番号。有効な値は 1-65535 です。UNIXで1-1024ポートで通信するソケットを作成するためにはスーパーユーザ権限が必要です。443ポートで通信するSSL通信ソケットを構成することを推奨します。
値の範囲:
1-65535
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

enabled - java.lang.Boolean
リソースが動作中に有効化されるかどうかを決定します。既定値は true です。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

address - java.lang.String
複数アドレスを持つサーバで、特定のアドレスに対するリクエストのみ許可したい場合に指定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

threadpool - java.lang.String
使用するスレッドプールを指定します。

transport - java.lang.String
リスナで使用するトランスポートを指定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

protocol - java.lang.String
参照するプロトコルを指定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


createProtocol (プロトコルの追加)

プロトコルを追加します。

戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
protocol-name - java.lang.String
作成するプロトコルの識別名を指定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

security-enabled - java.lang.Boolean
SSLを利用したセキュアな通信を有効にする場合(true)に設定します (既定値:false)
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

file-cache-enabled - java.lang.Boolean
ファイルキャッシュを有効にするかどうかを指定します
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

max-files-count - java.lang.Integer
ファイルキャッシュを行う際のファイル数の最大値を指定します
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

max-age-seconds - java.lang.Integer
キャッシュをどのくらい古いものまで残しておくかを指定します(単位:秒)
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

max-cache-size-bytes - java.lang.Integer
ディスクに保存するキャッシュのサイズの最大値を指定します(単位:バイト)
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

default-virtual-server - java.lang.String
この特定のコネクショングループに対する既定の仮想サーバの ID 属性です。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

servername - java.lang.String
サーバーがエイリアスを使用する場合のエイリアス名を指定します。コロンとポート番号を追加すると、サーバーがクライアントに送信する URL 内でそのポートが使用されます。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

request-timeout -seconds - java.lang.Integer
要求タイムアウト値を指定します。(単位:秒)
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

connection-timeout - java.lang.Integer
リクエスト受け付け用ソケットの接続タイムアウト値です (単位:ミリ秒、既定値:60000)
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

max-connection - java.lang.Integer
コネクションの最大接続数を指定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

dns-lookup-enabled - java.lang.Boolean
DNS ルックアップを行うかどうかを表します。Web アプリケーションで request.getRemoteHost() を使う場合には有効(true)にしてください。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

xpowered - java.lang.Boolean
レスポンスヘッダに X-Powered-by を含めるかどうかを指定します。(既定値:false)
true を指定した場合に X-Powered-by がレスポンスヘッダに追加されます。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

redirect-port - java.lang.Integer
セキュアな接続が必要な URL アクセスが通常ポートに来た時にリダイレクトするポート番号です。リダイレクト先の http-listener では「SSL の使用の有無」がチェックされている必要があります。
値の範囲:
1-65535
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


createSsl (プロトコルのSSL設定)

プロトコルにSSLを追加します。

戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
cername - java.lang.String
証明書データベースやPKCS#11トークンで証明されるサーバの愛称。その証明書で、名前の書き方はtokenname:nicknameです。この属性のtokenname:の部分を含むかどうかは任意です。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

type - java.lang.String
SSLが作成されるサービスまたはリスナの種類を指定します。種類は http-listener です。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

listener-id - java.lang.String
SSL が作成されるリスナかサービスの ID を指定してください。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

ssl2-enabled - java.lang.Boolean
SSL2 が有効化されるかどうかを決定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

ssl2-ciphers - java.lang.String
使用される SSL2 暗号のカンマ区切りの一覧です。有効化には前に + をつけ、無効化には前に - をつけて下さい。有効な値は rc4, rc4export, rc2, rc2export, idea, des, desede3 です。値が指定されない場合、全ての暗号が有効化されます。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

ssl3-enabled - java.lang.Boolean
SSL3 を有効化するかどうかを決定します。既定値は有効(true)です。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

ssl3-tls-ciphers - java.lang.String
使用されるSSL3暗号のコンマ区切りの一覧です。有効化には前に + をつけ、無効化には前に - をつけて下さい。有効な値はrsa_rc4_128_md5, rsa3des_sha, rsa_des_sha, rsa_rc4_40_md5, rsa_rc2_40_md5, rsa_null_md5です。有効なTSL値はrsa_des_56_sha, rsa_rc4_56_shaです。値が指定されない場合、全ての暗号が有効化されます。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

tls-enabled - java.lang.Boolean
TLSを有効化するかどうかを決定します。既定値は有効(true)です。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

tls-rollback-enabled - java.lang.Boolean
TLSロールバックを有効化するかどうかを決定します。TLSロールバックはMicrosoft Internet Explorer 5.0 and 5.5に対して有効化されます。既定値は有効(true)です。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

client-auth-enabled - java.lang.Boolean
SSL3クライアント認証がACLに基づくアクセス制御と無関係の全てのリクエスト上で実行されるかどうかを決定します。既定値は無効(false)です。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


deleteNetworkListener (ネットワークリスナの削除)

ネットワークリスナを削除します。

詳細:
ネットワークリスナの識別名を指定して、ネットワークリスナの削除を行います。
戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
tareget - java.lang.String
削除対象となるネットワークリスナの識別名を指定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


listProtocol (プロトコルの取得)

プロトコルを取得します。

戻り値:
javax.management.ObjectName[]
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
なし

listNetworkListener (ネットワークリスナの取得)

ネットワークリスナを取得します。

戻り値:
javax.management.ObjectName[]
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
なし

getProperties (プロパティ一覧の取得)

プロパティの一覧を取得します。

詳細:
プロパティの一覧を取得します。
戻り値:
javax.management.AttributeList
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
なし

setProperty (プロパティの設定)

プロパティを設定します。

詳細:
プロパティを設定します。
戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
nameAndValue - javax.management.Attribute
プロパティの名前と値を指定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


listTransport (トランスポートの取得)

トランスポートを取得します。

戻り値:
javax.management.ObjectName[]
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
なし

deleteSsl (プロトコルのSSL設定の削除)

プロトコルからSSL設定を削除します

戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
listener-id - java.lang.String
SSL設定を削除する対象のリスナのIDを指定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

type - java.lang.String
SSLが削除されるリスナまたはサービスの種類です。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1