概要: 属性  詳細: 属性  索引

MO名称:
log-file-config
定義:
ObjectName
{0}:type=log-file-config,config={1},category=config
CLIName
server.log-service.log-file-config
統合運用管理ツール 表示レベル
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション)
1

属性の概要
AccessLogMaxBackupIndex (Web Container Access Log)
server_access.logの世代数を指定します。
AdminMaxBackupIndex (Admin)
webotx_admin.logの世代数を指定します。
CatalinaMaxBackupIndex (Catalina)
webotx_catalina.logの世代数を指定します。
DDeploymentMaxBackupIndex (Distributed Deployment)
ddeployment.logの世代数を指定します。
DeploymentMaxBackupIndex (Deployment)
webotx_deploy.logの世代数を指定します。
AccessMaxBackupIndex (Access for domain groups)
admin_access.logの世代数を指定します。
EventMaxBackupIndex (Event for domain groups)
admin_event.logの世代数を指定します。
EJBContainerMaxBackupIndex (EJB Container)
webotx_ejbcont.logの世代数を指定します。
AgentMaxBackupIndex (Agent)
webotx_agent.logの世代数を指定します。
AgentAccessLogMaxBackupIndex (Agent Access Log)
agent_operation.logの世代数を指定します。
JNDIServiceMaxBackupIndex (JNDI Service)
webotx_jndisp.logの世代数を指定します。
ObjectBrokerMaxBackupIndex (Object Broker)
webotx_ospi.logの世代数を指定します。
ObjectBrokerJavaMaxBackupIndex (Object Broker Java)
objava.logの世代数を指定します。
TPMonitorManagerMaxBackupIndex (TP Monitor Manager)
webotx_tpmmgr.logの世代数を指定します。
TransactionServiceMaxBackupIndex (Transaction Service)
webotx_ts.logの世代数を指定します。
WorkingDomainCoordinatorMaxBackupIndex (Working Domain Coordinator)
wdc.logの世代数を指定します。
WebContainerMaxBackupIndex (Web Container)
webotx_webcont.logの世代数を指定します。
WebServerMaxBackupIndex (WebServer)
webotx_websv.logの世代数を指定します。
JDBCDataSourceMaxBackupIndex (JDBC DataSource)
webotx_jdbc.logの世代数を指定します。
JMSMaxBackupIndex (JMS)
webotx_jms.logの世代数を指定します。
JTAMaxBackupIndex (JTA)
webotx_jta.logの世代数を指定します。
WebServiceMaxBackupIndex (WebService)
webservice.logの世代数を指定します。
JpaMaxBackupIndex (JPA)
webotx_jpa.logの世代数を指定します。
DataGridMaxBackupIndex (Data Grid)
webotx_datagrid.logの世代数を指定します。
AccessLogMaxFileSize (Web Container Access Log)
server_access.logの最大ファイルサイズを指定します。
AdminMaxFileSize (Admin)
webotx_admin.logの最大ファイルサイズを指定します。
CatalinaMaxFileSize (Catalina)
webotx_catalina.logの最大ファイルサイズを指定します。
DDeploymentMaxFileSize (Distributed Deployment)
ddeployment.logの最大ファイルサイズを指定します。
DeploymentMaxFileSize (Deployment)
webotx_deploy.logの最大ファイルサイズを指定します。
AccessMaxFileSize (Access for domain groups)
admin_access.logの最大ファイルサイズを指定します。
EventMaxFileSize (Event for domain groups)
admin_event.logの最大ファイルサイズを指定します。
EJBContainerMaxFileSize (EJB Container)
webotx_ejbcont.logの最大ファイルサイズを指定します。
AgentMaxFileSize (Agent)
webotx_agent.logの最大ファイルサイズを指定します。
AgentAccessLogMaxFileSize (Agent Access Log)
agent_operation.logの最大ファイルサイズを指定します。
JNDIServiceMaxFileSize (JNDI Service)
webotx_jndisp.logの最大ファイルサイズを指定します。
ObjectBrokerMaxFileSize (Object Broker)
webotx_ospi.logの最大ファイルサイズを指定します。
ObjectBrokerJavaMaxFileSize (Object Broker Java)
objava.logの最大ファイルサイズを指定します。
TPMonitorManagerMaxFileSize (TP Monitor Manager)
webotx_tpmmgr.logの最大ファイルサイズを指定します。
TransactionServiceMaxFileSize (Transaction Service)
webotx_ts.logの最大ファイルサイズを指定します。
WorkingDomainCoordinatorMaxFileSize (Working Domain Coordinator)
wdc.logの最大ファイルサイズを指定します。
WebContainerMaxFileSize (Web Container)
webotx_webcont.logの最大ファイルサイズを指定します。
WebServerMaxFileSize (WebServer)
webotx_websv.logの最大ファイルサイズを指定します。
JDBCDataSourceMaxFileSize (JDBC Data Source)
webotx_jdbc.logの最大ファイルサイズを指定します。
JMSMaxFileSize (JMS)
webotx_jms.logの最大ファイルサイズを指定します。
JTAMaxFileSize (JTA)
webotx_jta.logの最大ファイルサイズを指定します。
WebServiceMaxFileSize (WebService)
webservice.logの最大ファイルサイズを指定します。
JpaMaxFileSize (JPA)
webotx_jpa.logの最大ファイルサイズを指定します。
DataGridMaxFileSize (Data Grid)
webotx_datagrid.logの最大ファイルサイズを指定します。


属性の詳細
AccessLogMaxBackupIndex (Web Container Access Log)

server_access.logの世代数を指定します。

詳細:
server_access.logの世代数を指定します。このログファイルには Web Container へのアクセスログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

AdminMaxBackupIndex (Admin)

webotx_admin.logの世代数を指定します。

詳細:
webotx_admin.logの世代数を指定します。このログファイルにはAdmin、Server Core モジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

CatalinaMaxBackupIndex (Catalina)

webotx_catalina.logの世代数を指定します。

詳細:
webotx_catalina.logの世代数を指定します。このログファイルには Catalina モジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

DDeploymentMaxBackupIndex (Distributed Deployment)

ddeployment.logの世代数を指定します。

詳細:
ddeployment.logの世代数を指定します。このログファイルには Distributed Deploymentモジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

DeploymentMaxBackupIndex (Deployment)

webotx_deploy.logの世代数を指定します。

詳細:
webotx_deploy.logの世代数を指定します。このログファイルには Deployment モジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

AccessMaxBackupIndex (Access for domain groups)

admin_access.logの世代数を指定します。

詳細:
admin_access.logの世代数を指定します。
このログファイルにはドメイングループに対するアクセスログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

EventMaxBackupIndex (Event for domain groups)

admin_event.logの世代数を指定します。

詳細:
admin_event.logの世代数を指定します。
このログファイルにはドメイングループに対するイベントログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

EJBContainerMaxBackupIndex (EJB Container)

webotx_ejbcont.logの世代数を指定します。

詳細:
webotx_ejbcont.logの世代数を指定します。このログファイルには EJB Containerモジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

AgentMaxBackupIndex (Agent)

webotx_agent.logの世代数を指定します。

詳細:
webotx_agent.logの世代数を指定します。このログファイルには多くのモジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

AgentAccessLogMaxBackupIndex (Agent Access Log)

agent_operation.logの世代数を指定します。

詳細:
agent_operation.logの世代数を指定します。このログファイルには JMX Remote Access モジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

JNDIServiceMaxBackupIndex (JNDI Service)

webotx_jndisp.logの世代数を指定します。

詳細:
webotx_jndisp.logの世代数を指定します。このログファイルには JNDI Service モジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

ObjectBrokerMaxBackupIndex (Object Broker)

webotx_ospi.logの世代数を指定します。

詳細:
webotx_ospi.logの世代数を指定します。このログファイルには ObjectBroker、OADJ モジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

ObjectBrokerJavaMaxBackupIndex (Object Broker Java)

objava.logの世代数を指定します。

詳細:
objava.logの世代数を指定します。このログファイルには Object Broker Java Message、Object Broker Java Library モジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

TPMonitorManagerMaxBackupIndex (TP Monitor Manager)

webotx_tpmmgr.logの世代数を指定します。

詳細:
webotx_tpmmgr.logの世代数を指定します。このログファイルには TP Monitor Manager、Admin Listener、Admin Assistant モジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

TransactionServiceMaxBackupIndex (Transaction Service)

webotx_ts.logの世代数を指定します。

詳細:
webotx_ts.logの世代数を指定します。このログファイルには Transaction Service モジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

WorkingDomainCoordinatorMaxBackupIndex (Working Domain Coordinator)

wdc.logの世代数を指定します。

詳細:
wdc.logの世代数を指定します。このログファイルには Working Domain Coordinator モジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

WebContainerMaxBackupIndex (Web Container)

webotx_webcont.logの世代数を指定します。

詳細:
webotx_webcont.logの世代数を指定します。このログファイルには Web Container、Sip Service モジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

WebServerMaxBackupIndex (WebServer)

webotx_websv.logの世代数を指定します。

詳細:
webotx_websv.logの世代数を指定します。このログファイルには Web Server モジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

JDBCDataSourceMaxBackupIndex (JDBC DataSource)

webotx_jdbc.logの世代数を指定します。

詳細:
webotx_jdbc.logの世代数を指定します。このログファイルには JDBC Data Source モジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

JMSMaxBackupIndex (JMS)

webotx_jms.logの世代数を指定します。

詳細:
webotx_jms.logの世代数を指定します。このログファイルには JMS Client モジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

JTAMaxBackupIndex (JTA)

webotx_jta.logの世代数を指定します。

詳細:
webotx_jta.logの世代数を指定します。このログファイルには JTA モジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

WebServiceMaxBackupIndex (WebService)

webservice.logの世代数を指定します。

詳細:
webservice.logの世代数を指定します。このログファイルには Web Service(JAXR、JAXRPC、JAX-RS、JAXWS、SAAJ、Web Service Commons、WS Security、WSIT Commons、WS-ReliableMessaging) モジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

JpaMaxBackupIndex (JPA)

webotx_jpa.logの世代数を指定します。

詳細:
webotx_jpa.logの世代数を指定します。このログファイルには JPA モジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

DataGridMaxBackupIndex (Data Grid)

webotx_datagrid.logの世代数を指定します。

詳細:
webotx_datagrid.logの世代数を指定します。このログファイルには モジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

AccessLogMaxFileSize (Web Container Access Log)

server_access.logの最大ファイルサイズを指定します。

詳細:
server_access.logの最大ファイルサイズを指定します。このログファイルには Web Container へのアクセスログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

AdminMaxFileSize (Admin)

webotx_admin.logの最大ファイルサイズを指定します。

詳細:
webotx_admin.logの最大ファイルサイズを指定します。このログファイルには Admin、Server Coreモジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

CatalinaMaxFileSize (Catalina)

webotx_catalina.logの最大ファイルサイズを指定します。

詳細:
webotx_catalina.logの最大ファイルサイズを指定します。このログファイルには Catalina モジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

DDeploymentMaxFileSize (Distributed Deployment)

ddeployment.logの最大ファイルサイズを指定します。

詳細:
ddeployment.logの最大ファイルサイズを指定します。このログファイルには Distributed Deployment モジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

DeploymentMaxFileSize (Deployment)

webotx_deploy.logの最大ファイルサイズを指定します。

詳細:
webotx_deploy.logの最大ファイルサイズを指定します。このログファイルには Deployment モジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

AccessMaxFileSize (Access for domain groups)

admin_access.logの最大ファイルサイズを指定します。

詳細:
admin_access.logの最大ファイルサイズを指定します。
このログファイルにはドメイングループに対するアクセスログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

EventMaxFileSize (Event for domain groups)

admin_event.logの最大ファイルサイズを指定します。

詳細:
admin_event.logの最大ファイルサイズを指定します。
このログファイルにはドメイングループに対するイベントログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

EJBContainerMaxFileSize (EJB Container)

webotx_ejbcont.logの最大ファイルサイズを指定します。

詳細:
webotx_ejbcont.logの最大ファイルサイズを指定します。このログファイルには EJB Containerモジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

AgentMaxFileSize (Agent)

webotx_agent.logの最大ファイルサイズを指定します。

詳細:
webotx_agent.logの最大ファイルサイズを指定します。このログファイルには多くのモジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

AgentAccessLogMaxFileSize (Agent Access Log)

agent_operation.logの最大ファイルサイズを指定します。

詳細:
agent_operation.logの最大ファイルサイズを指定します。このログファイルには JMX Remote Access モジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

JNDIServiceMaxFileSize (JNDI Service)

webotx_jndisp.logの最大ファイルサイズを指定します。

詳細:
webotx_jndisp.logの最大ファイルサイズを指定します。このログファイルには JNDI Service モジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

ObjectBrokerMaxFileSize (Object Broker)

webotx_ospi.logの最大ファイルサイズを指定します。

詳細:
webotx_ospi.logの最大ファイルサイズを指定します。このログファイルには ObjectBroker、OADJモジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

ObjectBrokerJavaMaxFileSize (Object Broker Java)

objava.logの最大ファイルサイズを指定します。

詳細:
objava.logの最大ファイルサイズを指定します。このログファイルには Object Broker Java Message、Object Broker Java Library モジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

TPMonitorManagerMaxFileSize (TP Monitor Manager)

webotx_tpmmgr.logの最大ファイルサイズを指定します。

詳細:
webotx_tpmmgr.logの最大ファイルサイズを指定します。このログファイルには TP Monitor Manager、Admin Listener、Admin assistant モジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

TransactionServiceMaxFileSize (Transaction Service)

webotx_ts.logの最大ファイルサイズを指定します。

詳細:
webotx_ts.logの最大ファイルサイズを指定します。このログファイルには Transaction Service モジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

WorkingDomainCoordinatorMaxFileSize (Working Domain Coordinator)

wdc.logの最大ファイルサイズを指定します。

詳細:
wdc.logの最大ファイルサイズを指定します。このログファイルには Working Domain Coordinator モジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

WebContainerMaxFileSize (Web Container)

webotx_webcont.logの最大ファイルサイズを指定します。

詳細:
webotx_webcont.logの最大ファイルサイズを指定します。このログファイルには Web Container、Sip Servlet モジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

WebServerMaxFileSize (WebServer)

webotx_websv.logの最大ファイルサイズを指定します。

詳細:
webotx_websv.logの最大ファイルサイズを指定します。このログファイルには Web Server モジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

JDBCDataSourceMaxFileSize (JDBC Data Source)

webotx_jdbc.logの最大ファイルサイズを指定します。

詳細:
webotx_jdbc.logの最大ファイルサイズを指定します。このログファイルには JDBC Data Source モジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

JMSMaxFileSize (JMS)

webotx_jms.logの最大ファイルサイズを指定します。

詳細:
webotx_jms.logの最大ファイルサイズを指定します。このログファイルには JMS Client モジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

JTAMaxFileSize (JTA)

webotx_jta.logの最大ファイルサイズを指定します。

詳細:
webotx_jta.logの最大ファイルサイズを指定します。このログファイルには JTA モジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

WebServiceMaxFileSize (WebService)

webservice.logの最大ファイルサイズを指定します。

詳細:
webservice.logの最大ファイルサイズを指定します。このログファイルには Web Service(JAXR、JAXRPC、JAX-RS、JAXWS、SAAJ、Web Service Commons、WS Security、WSIT Commons、WS-ReliableMessaging) モジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

JpaMaxFileSize (JPA)

webotx_jpa.logの最大ファイルサイズを指定します。

詳細:
webotx_jpa.logの最大ファイルサイズを指定します。このログファイルには Webotx Cache Implementation、Coherence、Infinispan モジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

DataGridMaxFileSize (Data Grid)

webotx_datagrid.logの最大ファイルサイズを指定します。

詳細:
webotx_jpa.logの最大ファイルサイズを指定します。このログファイルには JPA モジュールのログが出力されます。
設定を反映させるためにはドメインの再起動が必要です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1