概要: 属性  詳細: 属性  索引

MO名称:
jmx-connector
定義:
ObjectName
{0}:type=jmx-connector,name={2},config={1},category=config
CLIName
server.admin-service.jmx-connector.{2}
統合運用管理ツール 表示レベル
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション)
1

属性の概要
key-password (キーファイルのパスワード)
キーファイルのパスワードを指定します。
keyfile (キー情報)
キー情報を指定します。
enabled (活性化)
チェックした場合、JMXコネクタが有効になります。
truststore (トラストストアファイル)
トラストストアファイルパスを指定します。
auth-realm-name (認証レルム名)
認証レルム名を指定します。
keystore-password (キーストアパスワード)
キーストアパスワードを指定します。
truststore-password (トラストストアファイルパスワード)
トラストストアファイルパスワードを指定します。
keystore (キーストアファイル)
キーストアファイルパスを指定します。
port (ポート)
JMX Remoteで使用するポート番号を指定します。
address (アドレス)
アドレスを指定します。
access-log-enabled (アクセスログの有無)
アクセス記録の有無を指定します。
security-enabled (セキュリティ使用の有無)
セキュリティ機能の有無を指定します。
protocol (プロトコル)
JMX Remoteで使用するプロトコルを指定します。RMI、JMXMPのいずれかが指定可能です。
name (JMXコネクタ名)
JMXコネクタ名を表します。


属性の詳細
key-password (キーファイルのパスワード)

キーファイルのパスワードを指定します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3

keyfile (キー情報)

キー情報を指定します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3

enabled (活性化)

チェックした場合、JMXコネクタが有効になります。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

truststore (トラストストアファイル)

トラストストアファイルパスを指定します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3

auth-realm-name (認証レルム名)

認証レルム名を指定します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3

keystore-password (キーストアパスワード)

キーストアパスワードを指定します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3

truststore-password (トラストストアファイルパスワード)

トラストストアファイルパスワードを指定します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3

keystore (キーストアファイル)

キーストアファイルパスを指定します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3

port (ポート)

JMX Remoteで使用するポート番号を指定します。

詳細:
JMX Remoteで使用するポート番号を指定します。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

address (アドレス)

アドレスを指定します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

access-log-enabled (アクセスログの有無)

アクセス記録の有無を指定します。

詳細:
チェックした場合、アクセスログ機能が有効になり、クライアントからのJMXコネクタサーバへのアクセス情報をログファイルに出力します。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

security-enabled (セキュリティ使用の有無)

セキュリティ機能の有無を指定します。

詳細:
チェックした場合、セキュリティ機能が有効になります。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

protocol (プロトコル)

JMX Remoteで使用するプロトコルを指定します。RMI、JMXMPのいずれかが指定可能です。

詳細:
JMX Remoteで使用するプロトコルを指定します。RMIまたはJMXMPが利用可能です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

name (JMXコネクタ名)

JMXコネクタ名を表します。

詳細:
JMXコネクタ名
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1