概要: 属性  詳細: 属性  索引

MO名称:
java-config -  Java環境の設定
定義:
ObjectName
{0}:type=java-config,config={1},category=config
CLIName
server.java-config
統合運用管理ツール 表示レベル
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション)
1

属性の概要
java-home (Javaインストールディレクトリ)
Javaインストールディレクトリを表します。
heap-size (初期Javaヒープサイズ)
初期Javaヒープサイズを指定します。
max-heap-size (最大Javaヒープサイズ)
最大Javaヒープサイズを指定します。
perm-size (初期Javaパーマネントサイズ)
初期Javaパーマネントサイズを指定します。(JDK 8以降を使用している場合、この設定は無視されます。)
max-perm-size (最大Javaパーマネントサイズ)
最大Javaパーマネントサイズを指定します。(JDK 8以降を使用している場合、この設定は無視されます。)
debug-enabled (デバッグモード)
デバッグモードを指定します。
debug-options (JPDAオプション)
JPDA (JavaPlatform Debugger Architecture) オプションを指定します。
rmic-options (rmicオプション)
RMIコンパイラオプションを指定します。
javac-options (javaコンパイラオプション)
javaコンパイラオプションを指定します。
wscompile-options (wscompileオプション)
wscompileコンパイラオプションを指定します。
system-jvm-options (システム JVM オプション)
システムJVM オプションを指定します。
jvm-options (JVM オプション)
JVM オプションを指定します。
use-processgroups (システムプロパティをプロセスグループに反映)
JVMオプション(システムJVMオプションは除く)に指定した値のうち、システムプロパティをプロセスグループに対しても反映します。この設定はStandard,EnterpriseにおいてJavaEEプロセスを利用している場合にのみ有効です。
server-classpath (サーバのクラスパス)
サーバのクラスパスを指定します。
system-classpath (システムクラスパス)
システムクラスパスを指定します。
native-library-path-prefix (ネイティブライブラリパスプレフィクス)
ネイティブライブラリパスのプレフィクスを指定します。
native-library-path-suffix (ネイティブライブラリパスサフィックス)
ネイティブライブラリパスのサフィックスを指定します。
bytecode-preprocessors (バイトコードプリプロセッサ)
com.nec.webotx.BytecodePreprocessorインタフェースをインプリメントしたクラスのリストを指定します。
env-classpath-ignored (クラスパス追加フラグ)
CLASSPATH環境変数の追加の有無を指定します。
rmic-java-options (RMIコンパイラ起動時のJavaオプションの指定)
RMIコンパイラ実行時のJavaオプションを指定します。
rmic-command-maxlength (RMIコンパイラコマンドライン長の最大長)
RMIコンパイラ実行コマンドライン長の最大長を指定します。(Windowsの場合のみ有効)
verbose-gc-enabled (GC情報の出力)
チェックするとJVM動作中に発生するGC情報を出力します。
gc-logfile (GC情報の出力先)
GC情報の出力先ログファイルを指定します。


属性の詳細
java-home (Javaインストールディレクトリ)

Javaインストールディレクトリを表します。

詳細:
サーバが使用するJava(JDK)のインストールディレクトリを表します。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

heap-size (初期Javaヒープサイズ)

初期Javaヒープサイズを指定します。

詳細:
サーバが使用するJVMの初期ヒープサイズを指定します。
この設定値は、ご使用のWebOTX ASインストール状況により適用範囲が異なりますのでご注意下さい。

[Express]
WebOTX ASが提供する運用管理サービス、およびJSP/Servlet、EJBを含む全てのユーザアプリケーションに対してこの設定値が適用(共有)されます。

[Standard/Enterprise]
・スタンダードモード(Webコンテナシングルプロセスモード)として動作する場合(製品インストール時に選択)
WebOTX ASが提供する運用管理サービス、およびJSP/Servletを含むユーザアプリケーションに対してこの設定値が適用(共有)されます。
EJBを含むユーザアプリケーションは、それらが動作するプロセスグループに対して指定された初期ヒープサイズが適用されます。
・アドバンスドモード(Webコンテナマルチプロセスモード)として動作する場合(製品インストール時に選択)
WebOTX ASが提供する運用管理サービスに対してこの設定値が適用されます。
JSP/Servlet、EJBを含む全てのユーザアプリケーションは、それらが動作するプロセスグループに対して指定された初期ヒープサイズが適用されます。

設定値は、<数値>+<単位(k,m)>として指定します。例えば、128MB(メガバイト)を設定する場合には、128m と指定します。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

max-heap-size (最大Javaヒープサイズ)

最大Javaヒープサイズを指定します。

詳細:
サーバが使用するJVMの最大ヒープサイズを指定します。
特に、開発・評価時にOutOfMemoryErrorが発生する場合は、開発アプリケーションのチューニングの他に、これらの設定値を大きくすることで問題が解決されます。
この設定値は、ご使用のWebOTX ASインストール状況により適用範囲が異なりますのでご注意下さい。

[Express]
WebOTX ASが提供する運用管理サービス、およびJSP/Servlet、EJBを含む全てのユーザアプリケーションに対してこの設定値が適用(共有)されます。

[Standard/Enterprise]
・スタンダードモード(Webコンテナシングルプロセスモード)として動作する場合(製品インストール時に選択)
WebOTX ASが提供する運用管理サービス、およびJSP/Servletを含むユーザアプリケーションに対してこの設定値が適用(共有)されます。
EJBを含むユーザアプリケーションは、それらが動作するプロセスグループに対して指定された最大ヒープサイズが適用されます。
・アドバンスドモード(Webコンテナマルチプロセスモード)として動作する場合(製品インストール時に選択)
WebOTX ASが提供する運用管理サービスに対してこの設定値が適用されます。
JSP/Servlet、EJBを含む全てのユーザアプリケーションは、それらが動作するプロセスグループに対して指定された最大ヒープサイズが適用されます。

設定値は、<数値>+<単位(k,m)>として指定します。例えば、1024MB(メガバイト)を設定する場合には、1024m と指定します。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

perm-size (初期Javaパーマネントサイズ)

初期Javaパーマネントサイズを指定します。(JDK 8以降を使用している場合、この設定は無視されます。)

詳細:
サーバが使用するJVMの初期パーマネントサイズを指定します。(JDK 8以降を使用している場合、この設定は無視されます。)
この設定値は、ご使用のWebOTX ASインストール状況により適用範囲が異なりますのでご注意下さい。

[Express]
WebOTX ASが提供する運用管理サービス、およびJSP/Servlet、EJBを含む全てのユーザアプリケーションに対してこの設定値が適用(共有)されます。

[Standard/Enterprise]
・スタンダードモード(Webコンテナシングルプロセスモード)として動作する場合(製品インストール時に選択)
WebOTX ASが提供する運用管理サービス、およびJSP/Servletを含むユーザアプリケーションに対してこの設定値が適用(共有)されます。
EJBを含むユーザアプリケーションは、それらが動作するプロセスグループに対して指定された初期パーマネントサイズが適用されます。
・アドバンスドモード(Webコンテナマルチプロセスモード)として動作する場合(製品インストール時に選択)
WebOTX ASが提供する運用管理サービスに対してこの設定値が適用されます。
JSP/Servlet、EJBを含む全てのユーザアプリケーションは、それらが動作するプロセスグループに対して指定された初期パーマネントサイズが適用されます。

設定値は、<数値>+<単位(k,m)>として指定します。例えば、128MB(メガバイト)を設定する場合には、128m と指定します。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

max-perm-size (最大Javaパーマネントサイズ)

最大Javaパーマネントサイズを指定します。(JDK 8以降を使用している場合、この設定は無視されます。)

詳細:
サーバが使用するJVMの最大パーマネントサイズを指定します。(JDK 8以降を使用している場合、この設定は無視されます。)
この設定値は、ご使用のWebOTX ASインストール状況により適用範囲が異なりますのでご注意下さい。

[Express]
WebOTX ASが提供する運用管理サービス、およびJSP/Servlet、EJBを含む全てのユーザアプリケーションに対してこの設定値が適用(共有)されます。

[Standard/Enterprise]
・スタンダードモード(Webコンテナシングルプロセスモード)として動作する場合(製品インストール時に選択)
WebOTX ASが提供する運用管理サービス、およびJSP/Servletを含むユーザアプリケーションに対してこの設定値が適用(共有)されます。
EJBを含むユーザアプリケーションは、それらが動作するプロセスグループに対して指定された最大パーマネントサイズが適用されます。
・アドバンスドモード(Webコンテナマルチプロセスモード)として動作する場合(製品インストール時に選択)
WebOTX ASが提供する運用管理サービスに対してこの設定値が適用されます。
JSP/Servlet、EJBを含む全てのユーザアプリケーションは、それらが動作するプロセスグループに対して指定された最大パーマネントサイズが適用されます。

設定値は、<数値>+<単位(k,m)>として指定します。例えば、256MB(メガバイト)を設定する場合には、256m と指定します。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

debug-enabled (デバッグモード)

デバッグモードを指定します。

詳細:
この設定にチェックを入れ、かつJPDAオプションを指定すると、サーバをデバッグモードで起動します。その際、開発環境等を使用して、配備されたアプリケーションに対してデバッグ操作を行うことが可能になります。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

debug-options (JPDAオプション)

JPDA (JavaPlatform Debugger Architecture) オプションを指定します。

詳細:
JPDAによるデバッグモードを有効にした場合、ここでJPDAに対する実行オプションを指定します。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

rmic-options (rmicオプション)

RMIコンパイラオプションを指定します。

詳細:
アプリケーションの配備時に実行されるRMIコンパイラに渡すオプションを指定します。
デフォルトでは -g オプション(行番号や局所変数に関する情報を含むデバッガ用のテーブルを生成)が指定されます。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

javac-options (javaコンパイラオプション)

javaコンパイラオプションを指定します。

詳細:
アプリケーションの配備時にJava コンパイラに渡すオプションを指定します。
デフォルトでは -g オプション(行番号や局所変数に関する情報を含むデバッガ用のテーブルを生成)が指定されます。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

wscompile-options (wscompileオプション)

wscompileコンパイラオプションを指定します。

詳細:
アプリケーションの配備時に実行されるwscompileコマンドに渡すオプションを指定します。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

system-jvm-options (システム JVM オプション)

システムJVM オプションを指定します。

詳細:
サーバの実行時にシステムが使用するJVMオプションを指定します。
これらのJVMオプションを変更するとシステム全体に影響することがありますので、十分に注意して下さい。
型:
java.util.List
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

jvm-options (JVM オプション)

JVM オプションを指定します。

詳細:
サーバの実行時に必要な任意のJVMオプションを指定します。
型:
java.util.List
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

use-processgroups (システムプロパティをプロセスグループに反映)

JVMオプション(システムJVMオプションは除く)に指定した値のうち、システムプロパティをプロセスグループに対しても反映します。この設定はStandard,EnterpriseにおいてJavaEEプロセスを利用している場合にのみ有効です。

詳細:
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

server-classpath (サーバのクラスパス)

サーバのクラスパスを指定します。

詳細:
サーバが起動された環境のクラスパスを指定します。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

system-classpath (システムクラスパス)

システムクラスパスを指定します。

詳細:
システムクラスパスを指定します。
このクラスパスには、System.getProperty(''java.class.path'') を使ってアクセスすることが可能です。
また、このクラスパス上のクラスおよびリソースは、システムクラスローダ ( ClassLoader.getSystemClassLoader() ) から参照することが可能です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
詳細レベル:詳細設定、オプションなど通常の運用には必要ない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
2

native-library-path-prefix (ネイティブライブラリパスプレフィクス)

ネイティブライブラリパスのプレフィクスを指定します。

詳細:
ネイティブライブラリパスには次のものが含まれます。
 ・サーバに対するネイティブ共有ライブラリへの相対パス
 ・標準のJREネイティブライブラリパス
 ・シェル環境設定 (UNIXにおけるLD_LIBRARY_PATH)
 ・プロファイラ要素に指定されたパス
これらのパスを基に、システムによって自動的に連結したパスが作成されます。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

native-library-path-suffix (ネイティブライブラリパスサフィックス)

ネイティブライブラリパスのサフィックスを指定します。

詳細:
ネイティブライブラリパスのサフィックスを指定します。
ここで指定されたライブラリパスは、Javaライブラリパスの後に連結されます。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

bytecode-preprocessors (バイトコードプリプロセッサ)

com.nec.webotx.BytecodePreprocessorインタフェースをインプリメントしたクラスのリストを指定します。

詳細:
com.nec.webotx.BytecodePreprocessorインタフェースをインプリメントしたクラスのリストを指定します。指定された各プリプロセッサクラスは指定された順に呼ばれます。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3

env-classpath-ignored (クラスパス追加フラグ)

CLASSPATH環境変数の追加の有無を指定します。

詳細:
チェックを外すとCLASSPATH 環境変数をWebOTX アプリケーションサーバクラスパスの最後に追加します。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
詳細レベル:詳細設定、オプションなど通常の運用には必要ない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
2

rmic-java-options (RMIコンパイラ起動時のJavaオプションの指定)

RMIコンパイラ実行時のJavaオプションを指定します。

詳細:
EJBの配備時に実行されるRMIコンパイラに指定するJavaのオプションを指定します。
例えばRMIコンパイラでOutOfMemoryなどが発生する場合は、ここに-Xmxオプションを指定してRMIコンパイラのヒープサイズを拡張します。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
詳細レベル:詳細設定、オプションなど通常の運用には必要ない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
2

rmic-command-maxlength (RMIコンパイラコマンドライン長の最大長)

RMIコンパイラ実行コマンドライン長の最大長を指定します。(Windowsの場合のみ有効)

詳細:
RMIコンパイラの実行コマンドライン長の最大長を指定します(Windows OSの場合のみ有効)。
RMIコンパイラを実行するjavaプログラム起動時のコマンドラインがこの長さを超えると、この長さで分割してRMIコンパイラが実行されます。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
詳細レベル:詳細設定、オプションなど通常の運用には必要ない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
2

verbose-gc-enabled (GC情報の出力)

チェックするとJVM動作中に発生するGC情報を出力します。

詳細:
サーバが使用するJVMにおいて発生したGCの情報を出力します。
この設定値は、ご使用のWebOTX ASインストール状況により適用範囲が異なりますのでご注意下さい。

[Express]
WebOTX ASが提供する運用管理サービス、およびJSP/Servlet、EJBを含む全てのユーザアプリケーションに対してこの設定値が適用されます。

[Standard/Enterprise]
・スタンダードモード(Webコンテナシングルプロセスモード)として動作する場合(製品インストール時に選択)
WebOTX ASが提供する運用管理サービス、およびJSP/Servletを含むユーザアプリケーションに対してこの設定値が適用されます。
EJBを含むユーザアプリケーションは、それらが動作するプロセスグループに対して指定された設定値が適用されます。
・アドバンスドモード(Webコンテナマルチプロセスモード)として動作する場合(製品インストール時に選択)
WebOTX ASが提供する運用管理サービスに対してこの設定値が適用されます。
JSP/Servlet、EJBを含む全てのユーザアプリケーションは、それらが動作するプロセスグループに対して指定された設定値が適用されます。

なお、設定項目「GC情報の出力先」にて指定がない場合には、<ドメインルートディレクトリ>/logs/server.log ファイルにGC情報が出力されます。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

gc-logfile (GC情報の出力先)

GC情報の出力先ログファイルを指定します。

詳細:
設定項目「GC情報の出力」がチェックされている場合、この設定値にて指定された出力先ファイルにGC情報を出力します。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1