概要: 属性 | 操作  詳細: 属性 | 操作  索引

MO名称:
file-cache
定義:
ObjectName
{0}:type=file-cache,config={1},protocol={2},category=config
CLIName
server.network-config.protocols.protocol.{2}.http.file-cache
統合運用管理ツール 表示レベル
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション)
1

属性の概要
enabled (ファイルキャッシュの有効化)
ファイルキャッシュを有効にするかどうかを指定します
max-files-count (ファイルの最大数)
ファイルキャッシュを行う際のファイル数の最大値を指定します
max-cache-size-bytes (キャッシュサイズの最大値)
ディスクに保存するキャッシュのサイズの最大値を指定します(単位:バイト)
max-age-seconds (キャッシュを残しておく時間)
キャッシュをどのくらい古いものまで残しておくかを指定します(単位:秒)

操作の概要
getProperties (プロパティ一覧の取得)
プロパティの一覧を取得します。
setProperty (プロパティの設定)
プロパティの名前と値


属性の詳細
enabled (ファイルキャッシュの有効化)

ファイルキャッシュを有効にするかどうかを指定します

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

max-files-count (ファイルの最大数)

ファイルキャッシュを行う際のファイル数の最大値を指定します

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

max-cache-size-bytes (キャッシュサイズの最大値)

ディスクに保存するキャッシュのサイズの最大値を指定します(単位:バイト)

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

max-age-seconds (キャッシュを残しておく時間)

キャッシュをどのくらい古いものまで残しておくかを指定します(単位:秒)

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

操作の詳細
getProperties (プロパティ一覧の取得)

プロパティの一覧を取得します。

詳細:
プロパティの一覧を取得します。
戻り値:
javax.management.AttributeList
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
なし

setProperty (プロパティの設定)

プロパティの名前と値

詳細:
プロパティの名前と値を設定します。
戻り値:
void
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
nameAndValue - javax.management.Attribute
プロパティの名前と値を設定します。
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1