概要: 属性  詳細: 属性  索引

MO名称:
executor
定義:
ObjectName
0}:type=executor,config={1},category=config
CLIName
server.http-service.executor
統合運用管理ツール 表示レベル
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション)
1

属性の概要
name (Executorの名称を指定します。)
Executor名
thread-renewal-delay (スレッド待ち合わせ時間)
コンテキスト終了時、使用中のスレッドを待ち合わせる時間を指定します。
name-prefix (スレッド名接頭辞)
Executor名の接頭辞を指定します。
thread-priority (スレッドプライオリティ)
Executorが生成するスレッドの優先度です。
daemon (デーモンスレッド)
Executorが生成するスレッドをデーモンスレッドに設定するか指定します。
max-idle-time (最大スレッド待機時間)
Executorが生成するスレッドがプールされる時間を指定します。
min-processors (最小スレッド数)
Executorが起動時に生成するリクエスト受け付けプロセッサの数を設定します。
prestartmin-spare-threads (起動前最小スレッド生成)
Executor起動時に最小スレッド数分スレッドを生成してから起動するかを師弟します。
max-processors (最大スレッド数)
Executorが生成するリクエスト受け付けプロセッサの最大数を設定します。
limit-processors (スレッド数警告閾値)
Executorが管理するスレッドの警告閾値を設定します。


属性の詳細
name (Executorの名称を指定します。)

Executor名

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

thread-renewal-delay (スレッド待ち合わせ時間)

コンテキスト終了時、使用中のスレッドを待ち合わせる時間を指定します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

name-prefix (スレッド名接頭辞)

Executor名の接頭辞を指定します。

詳細:
起動したスレッドの名前、この値+”processer-{数値}”が設定される、指定が無い(空文字、属性自体が指定されていない)場合はnameの値 を使用
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

thread-priority (スレッドプライオリティ)

Executorが生成するスレッドの優先度です。

詳細:
Executorが生成するスレッドの優先度です。次の内容の数値を設定することができます。
java.lang.Thread.MAX_PRIORITY (10)
java.lang.Thread.MIN_PRIORITY (1)
java.lang.Thread.NORM_PRIORITY (5)
型:
java.lang.String
値の有効範囲:
10 
長さの範囲:
1-2147483647
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

daemon (デーモンスレッド)

Executorが生成するスレッドをデーモンスレッドに設定するか指定します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

max-idle-time (最大スレッド待機時間)

Executorが生成するスレッドがプールされる時間を指定します。

型:
java.lang.String
長さの範囲:
1-2147483647
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

min-processors (最小スレッド数)

Executorが起動時に生成するリクエスト受け付けプロセッサの数を設定します。

型:
java.lang.String
長さの範囲:
1-2147483647
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

prestartmin-spare-threads (起動前最小スレッド生成)

Executor起動時に最小スレッド数分スレッドを生成してから起動するかを師弟します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

max-processors (最大スレッド数)

Executorが生成するリクエスト受け付けプロセッサの最大数を設定します。

型:
java.lang.String
長さの範囲:
1-2147483647
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

limit-processors (スレッド数警告閾値)

Executorが管理するスレッドの警告閾値を設定します。

詳細:
アクティブなリクエスト受け付けプロセッサの数が最大数に近づいた時に運用管理コンソールに警告を通知します。その閾値を設定します。
型:
java.lang.String
長さの範囲:
1-2147483647
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1