概要: 属性 | 操作  詳細: 属性 | 操作  索引

MO名称:
ejb-timer-service
定義:
ObjectName
{0}:type=ejb-timer-service,config={1},category=config
CLIName
server.ejb-container.ejb-timer-service
統合運用管理ツール 表示レベル
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション)
1

属性の概要
minimum-delivery-interval-in-millis (最小通知間隔(ms))
最小通知間隔を指定します。(単位:ミリ秒、既定値:1000)
max-redeliveries (タイマー終了通知回数)
タイマーサービスがタイマーの終了を通知する最大回数を指定します。(既定値:1)
timer-datasource (データソース)
タイマーサービスが使用するデータソースのJNDI名を指定します。(既定値:jdbc/__TimerPool)
redelivery-interval-internal-in-millis (再通知間隔(ms))
ejbTimeoutの通知に失敗した後、再通知を試みるまでタイマサービスが待機する時間を指定します。(単位:ミリ秒、既定値:5000)
enabled (タイマーサービスの有効化)
タイマーサービスを有効にします。(既定値:true)

操作の概要
getProperty (getProperty)
getProperty


属性の詳細
minimum-delivery-interval-in-millis (最小通知間隔(ms))

最小通知間隔を指定します。(単位:ミリ秒、既定値:1000)

詳細:
既定値は1000msです
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

max-redeliveries (タイマー終了通知回数)

タイマーサービスがタイマーの終了を通知する最大回数を指定します。(既定値:1)

詳細:
エラーの発生やロールバックが発生した場合に、タイマーサービスがタイマーの終了を通知する最大回数を指定する。既定値は1です。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

timer-datasource (データソース)

タイマーサービスが使用するデータソースのJNDI名を指定します。(既定値:jdbc/__TimerPool)

詳細:
既定値はjdbc/__TimerPoolです
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

redelivery-interval-internal-in-millis (再通知間隔(ms))

ejbTimeoutの通知に失敗した後、再通知を試みるまでタイマサービスが待機する時間を指定します。(単位:ミリ秒、既定値:5000)

詳細:
既定値は5000msです
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

enabled (タイマーサービスの有効化)

タイマーサービスを有効にします。(既定値:true)

詳細:
タイマーサービスを有効化します。既定値はtrueです。実際にタイマーサービスを使用するには、タイマーサービスが使用するJDBCデータソースの設定も必要です。
型:
java.lang.Boolean
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

操作の詳細
getProperty (getProperty)

getProperty

戻り値:
java.util.List
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1
引数:
なし