概要: 属性 | 操作  詳細: 属性 | 操作  索引

MO名称:
domain
定義:
ObjectName
{0}:type=domain,category=config
CLIName
domain
統合運用管理ツール 表示レベル
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション)
1

属性の概要
start-script-timeout (start script timeout)
timeout for execute the start script.
application-root (アプリケーション配備パス)
アプリケーションの配備パスを表します。
backup-timing (バックアップのタイミング)
バックアップを実行するタイミングを指定します。
start-script-on-failure (propriety of the start script when it failed in the service start)
propriety of the start script when it failed in the service start
start-script (At the time of a start, execution script.)
execute the script before execution of the user application.
use-dhcp (use DHCP)
use DHCP
ipv6-enable (IPv6優先)
IPv6を優先的に使用します。
hostname (ホスト名)
ホスト名を表します。
backup-option (バックアップの対象)
バックアップの対象を表します。
num-config-backup-generations (リソースのバックアップ世代数)
ドメイン内で使用するリソースのバックアップ世代数を表します。
stop-script (At the time of a stop, execution script.)
execute the script just before The domain is stopped.
stop-script-timeout (stop script timeout)
timeout for execute the stop script.
dir (domain root path)
domain root path

操作の概要
getOSGiModuleHeaders (getOSGiModuleHeaders)
getOSGiModuleHeaders
listOSGiModules (listOSGiModules)
listOSGiModules


属性の詳細
start-script-timeout (start script timeout)

timeout for execute the start script.

型:
java.lang.String
長さの範囲:
0-2147483647
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

application-root (アプリケーション配備パス)

アプリケーションの配備パスを表します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

backup-timing (バックアップのタイミング)

バックアップを実行するタイミングを指定します。

詳細:
バックアップを実行するタイミングを指定します。
型:
java.lang.String
値の有効範囲:
before-starting  ドメインの起動前
after-running  ドメインの起動後
before-termination  ドメインの停止前
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

start-script-on-failure (propriety of the start script when it failed in the service start)

propriety of the start script when it failed in the service start

型:
java.lang.String
値の有効範囲:
continue 
stop 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

start-script (At the time of a start, execution script.)

execute the script before execution of the user application.

詳細:
Only the alphanumeric character, '-', '.', and '_' is available. Max 32 characters.
型:
java.lang.String
長さの範囲:
0-32
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

use-dhcp (use DHCP)

use DHCP

詳細:
If true(checked), the host name is changed before starting the domain.
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

ipv6-enable (IPv6優先)

IPv6を優先的に使用します。

詳細:
IPv6を優先的に使用します。既定値はfalse(IPv4優先)です。
true(IPv6優先)に変更した場合、ドメインの再起動が必要になります。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

hostname (ホスト名)

ホスト名を表します。

詳細:
ホスト名を指定します。既定値はマシン固有のホスト名です。
ホスト名を変更した場合、ドメインの再起動が必要になります。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

backup-option (バックアップの対象)

バックアップの対象を表します。

詳細:
バックアップ対象とするファイルを指定します。
configsを指定した場合、<WebOTXインストールディレクトリ>/domains/<ドメイン名>/configフォルダ以下を対象とします。
allを指定した場合は、<WebOTXインストールディレクトリ>/domains/<ドメイン名>配下にある各種リソースファイルをバックアップします。
型:
java.lang.String
値の有効範囲:
configs 
all 
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

num-config-backup-generations (リソースのバックアップ世代数)

ドメイン内で使用するリソースのバックアップ世代数を表します。

詳細:
<WebOTXインストールディレクトリ>/domains/<ドメイン名>配下にある各種リソースのバックアップ世代数を指定します。最大3世代まで保存されます。
バックアップされたリソースは<WebOTXインストールディレクトリ>/domains/<ドメイン名>/backup配下に格納されます。
型:
java.lang.String
長さの範囲:
0-2147483647
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

stop-script (At the time of a stop, execution script.)

execute the script just before The domain is stopped.

詳細:
Only the alphanumeric character, '-', '.', and '_' is available. Max 32 characters.
型:
java.lang.String
長さの範囲:
0-32
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

stop-script-timeout (stop script timeout)

timeout for execute the stop script.

型:
java.lang.String
長さの範囲:
0-2147483647
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

dir (domain root path)

domain root path

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
全レベル:システム上必要な管理対象。ユーザも利用可能だが変更を推奨していない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
3

操作の詳細
getOSGiModuleHeaders (getOSGiModuleHeaders)

getOSGiModuleHeaders

戻り値:
java.lang.String[]
統合運用管理ツール 表示レベル:
詳細レベル:詳細設定、オプションなど通常の運用には必要ない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
2
引数:
getOSGiModuleHeaders - java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1


listOSGiModules (listOSGiModules)

listOSGiModules

戻り値:
java.lang.String[][]
統合運用管理ツール 表示レベル:
詳細レベル:詳細設定、オプションなど通常の運用には必要ない管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
2
引数:
なし