概要: 属性  詳細: 属性  索引

MO名称:
das-config -  das-config
定義:
ObjectName
{0}:type=das-config,config={1},category=config
CLIName
server.admin-service.das-config
統合運用管理ツール 表示レベル
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション)
1

属性の概要
deploy-xml-validation (XML妥当性チェック)
XML妥当性チェックの種類を設定します。
admin-session-timeout-in-minutes (運用管理コンソールタイムアウト値)
運用管理コンソールのタイムアウト値を設定します。(単位 : 分)
autodeploy-enabled (オートデプロイの有効化)
オートデプロイを使用するかどうかを設定します。
autodeploy-dir (ディレクトリ)
オートデプロイ用ディレクトリを設定します。
autodeploy-polling-interval-in-seconds (ポーリング間隔)
オートデプロイのポーリング間隔を設定します。(単位 : 秒)
autodeploy-retry-timeout (リトライタイムアウト)
オートデプロイのリトライタイムアウトを設定します。(単位 : 秒)
autodeploy-jsp-precompilation-enabled (JSP事前コンパイル)
JSPを事前コンパイルするかどうかを設定します。
dynamic-reload-enabled (ダイナミックリロードの有効化)
ダイナミックリロードを使用するかどうかを設定します。
この機能は現在、Foundation、Standard、Enterpriseでは利用できません。
dynamic-reload-poll-interval-in-seconds (ポーリング間隔)
ダイナミックリロードのポーリング間隔を設定します。(単位 : 秒)
この機能は現在、Foundation、Standard、Enterpriseでは利用できません。
deployable-space-validation (配備可能容量検証)
配備可能容量の検証を行うかどうかを設定します。
deployable-space-validation-err-size (配備時のディスク容量チェックのエラーの閾値)
配備時にディスクの空き容量が足りなくなったことを示す閾値です。(単位 : MB)
deployable-space-validation-warn-size (配備時のディスク容量チェックの警告の閾値)
配備時にディスクの空き容量が少なくなってきたことを警告する閾値です。(単位 : MB)
strict-name-validation-enabled (厳密なコンポーネント名検証の有効化)
配備時に厳密なコンポーネント名の検証を行うかどうかを設定します。
hotswap-enabled (ホットスワップの有効化)
ホットスワップを使用するかどうかを設定します。
hotswap-polling-interval-in-seconds (ポーリング間隔)
ホットスワップのポーリング間隔を設定します。(単位 : 秒)
destroy-pool-instances-before-stopping-resource-adapter (リソースアダプタの停止前にプールインスタンス破棄を行う)
リソースアダプタの停止前にプールインスタンス破棄を行う


属性の詳細
deploy-xml-validation (XML妥当性チェック)

XML妥当性チェックの種類を設定します。

詳細:
配備時に行われる配備記述子のXML妥当性チェックの種類を設定します。
full:XML妥当性チェックに失敗したときは配備も失敗します。
parsing:XML妥当性チェック時のエラーは記録されますが、配備は行われます。
none:XML妥当性チェックは行われません。
型:
java.lang.String
値の有効範囲:
full  full
parsing  parsing
none  none
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

admin-session-timeout-in-minutes (運用管理コンソールタイムアウト値)

運用管理コンソールのタイムアウト値を設定します。(単位 : 分)

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

autodeploy-enabled (オートデプロイの有効化)

オートデプロイを使用するかどうかを設定します。

詳細:
trueの場合、オートデプロイが使用可能になります。サーバインスタンスの再起動や個別の配備操作を行わずに、起動しているドメインにアプリケーションやコンポーネントを素早く配備することができます。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

autodeploy-dir (ディレクトリ)

オートデプロイ用ディレクトリを設定します。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

autodeploy-polling-interval-in-seconds (ポーリング間隔)

オートデプロイのポーリング間隔を設定します。(単位 : 秒)

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

autodeploy-retry-timeout (リトライタイムアウト)

オートデプロイのリトライタイムアウトを設定します。(単位 : 秒)

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

autodeploy-jsp-precompilation-enabled (JSP事前コンパイル)

JSPを事前コンパイルするかどうかを設定します。

詳細:
trueの場合、JSPはオートデプロイ中にコンパイルされます。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

dynamic-reload-enabled (ダイナミックリロードの有効化)

ダイナミックリロードを使用するかどうかを設定します。
この機能は現在、Foundation、Standard、Enterpriseでは利用できません。

詳細:
trueの場合、ダイナミックリロードを実行するためにすべてのコンポーネントおよび
アプリケーションディレクトリ階層の.reloadファイル上のタイムスタンプをチェックします。
この機能は現在、Foundation、Standard、Enterpriseでは利用できません。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

dynamic-reload-poll-interval-in-seconds (ポーリング間隔)

ダイナミックリロードのポーリング間隔を設定します。(単位 : 秒)
この機能は現在、Foundation、Standard、Enterpriseでは利用できません。

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

deployable-space-validation (配備可能容量検証)

配備可能容量の検証を行うかどうかを設定します。

詳細:
trueの場合、配備に先立ってディスクに配備可能な空き容量があるかどうかを検証します。失敗すると配備は行われません。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

deployable-space-validation-err-size (配備時のディスク容量チェックのエラーの閾値)

配備時にディスクの空き容量が足りなくなったことを示す閾値です。(単位 : MB)

詳細:
配備時に行うディスクの空き容量チェックで、空き容量が足りないことを示す閾値です。ディスクの空き容量がこの値を下回ると、配備に失敗します。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

deployable-space-validation-warn-size (配備時のディスク容量チェックの警告の閾値)

配備時にディスクの空き容量が少なくなってきたことを警告する閾値です。(単位 : MB)

詳細:
配備時に行うディスクの空き容量チェックで、空き容量が少なくなってきたことを示す閾値です。ディスクの空き容量がこの値を下回ると、ログに警告メッセージを出力します。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

strict-name-validation-enabled (厳密なコンポーネント名検証の有効化)

配備時に厳密なコンポーネント名の検証を行うかどうかを設定します。

詳細:
trueの場合、配備の初期段階で厳密なコンポーネント名の検証が行われます。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

hotswap-enabled (ホットスワップの有効化)

ホットスワップを使用するかどうかを設定します。

詳細:
trueの場合、ホットスワップが使用可能になります。ホットスワップを使用すると、アプリケーションの再配備を行わずに、クラスファイルを更新するだけでアプリケーションの変更を反映できます。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

hotswap-polling-interval-in-seconds (ポーリング間隔)

ホットスワップのポーリング間隔を設定します。(単位 : 秒)

型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1

destroy-pool-instances-before-stopping-resource-adapter (リソースアダプタの停止前にプールインスタンス破棄を行う)

リソースアダプタの停止前にプールインスタンス破棄を行う

詳細:
trueの場合、リソースアダプタを停止する前にプールインスタンスの破棄を行います。falseの場合、リソースアダプタの停止後にプールインスタンスの破棄を行います。
型:
java.lang.String
統合運用管理ツール 表示レベル:
基本レベル:常に表示される運用上必須の管理対象
運用管理コマンド 表示レベル(visibilityオプション):
1