2. 異常系メッセージ(Fault/Error)

2.1. バインディングコンポーネント

バインディングコンポーネントで発生する可能性のある異常系メッセージ(Fault/Error)を示します。

各コンポーネントの「閉塞」の列は、経路制御機能を使用時にエラーが発生したエンドポイントを閉塞するかどうかを表します。

2.1.1. SOAP BC

コンポーネント名:SOAPBinding

エラータイプ ログ出力される情報 説明 閉塞
Error 外部サービス呼び出しでエラーが発生しました。 外部サービスへの接続やリクエスト送信でエラーが発生しました。次のような原因が考えられます。
  • 外部サービスが停止している
  • ネットワーク障害の発生
  • エンドポイントで指定した外部サービスのURLの誤り
する
Fault

500

※詳細情報にSOAP Faultが設定

外部サービスの処理で何らかの問題が発生し、SOAP Faultが返信されました。外部サービスで発生したエラー情報はSOAP Falultのfaultstring要素の内容を確認してください。 しない
Error inboundプロセッサでSOAPレスポンスメッセージを処理するときにエラーが発生しました。 コンシューマ(Inbound)はNMRから受信するメッセージをSOAPレスポンスとして外部のSOAPクライアントへ返信するときエラーが発生しました。次のような原因が考えられます。
  • 送信するとき、HTTPコネクションはSOAPクライアントからクローズされた
しない
Error inputメッセージはnullにできません。 プロバイダ(Outbound)の場合、NMRから受信するMessageExchangeにinメッセージがないため、処理できませんでした。 しない
Error オペレーション {0} はエンドポイント {1} に定義されていません。

プロバイダ(Outbound)の場合、NMRから受信するMessageExchangeの指定オペレーションを見つからないため、処理できませんでした。

{0}:オペレーション名
{1}:エンドポイント名

しない
Fault エンドポイント {0} が認可を行う時に、認証済情報(Subject)を取得できませんでした。

認可に必要な認証済情報が存在しません。

{0}:エンドポイント名

Inboundのエンドポイント定義に誤りがないか確認してください。

しない
Error エンドポイント {0} が認可を行う時に認可に失敗しました。

認可に失敗しました。

{0}:エンドポイント名

次のような原因が考えられます。

  • 認証済情報に対して認可権限が与えられていない。

出力された例外情報を参考にして問題を解決してください。

しない
Error  [プロバイダ] MEPは一致していません: {0}/{1}

プロバイダ(Outbound)の場合、設定のオペレーションのMEPはNMRから受信するMessageExchangeのMEPと一致していませんでした。

{0}:オペレーション名
{1}:MEPパターン

しない
Error リクエスト「{0}」処理中にRuntime例外がスローされました。

プロバイダ(Outbound)の場合、NMRから受信するMessageExchangeのinメッセージを処理するとき、RuntimeExceptionが発生しました。RuntimeExceptionの内容はログを参照してください。

{0}:MessageExchange ID

しない
Error リクエスト「{0}」処理中に例外がスローされました。

プロバイダ(Outbound)の場合、NMRから受信するMessageExchangeのinメッセージを処理するとき、Exceptionが発生しました。Exceptionの内容はログを参照してください。

{0}:MessageExchange ID

しない
Error サーバー応答を処理することができませんでした。誤ったcontent typeです。 プロバイダ(Outbound)の場合、外部Webサービスからレスポンスを受信しましたが、content typeが期待の値ではありませんでした。 しない
Error {0}は現在サポートされません。

NMRからMessageExchangeを受信しましたが、MessageExchangeのMEPをサポートしませんでした。

{0}:MEPパターン

しない
Error リクエスト処理のためのスレッドを取得することに失敗しました。 スレッドプールからスレッドの取得に失敗しました。エラーの詳細はログを参照してください。 しない
Error SOAPメッセージのノーマライズに失敗しました。 メッセージのノーマライズにExceptionが発生しました。Exceptionの詳細はログを参照してください。 しない
Error デノーマライズしている間にRuntime例外が投げられました。 メッセージのデノーマライズにRuntimeExceptionが発生しました。RuntimeExceptionの詳細はログを参照してください。 しない
Error デノーマライズしている間に例外が投げられました。 メッセージのデノーマライズにExceptionが発生しました。Exceptionの詳細はログを参照してください。 しない
エラーコード一覧

外部SOAPクライアントから送信されたSOAPリクエストのチェックに失敗した場合、NMRへメッセージを転送せず、SOAP BCがエラーを示すHTTPレスポンスを外部SOAPクライアントに返却します。

エラー条件 HTTPにおける対応
URLに指定されているエンドポイントは配備されていません、あるいは、エンドポイントの状態はSTARTではありません HTTPステータス:404 Not Found
SOAPメッセージのフォーマットは正しくありません HTTPステータス:400 Bad Request
SOAPメッセージのオペレーションはエンドポイントに設定されるオペレーションから見つかりません HTTPステータス:500 Internal Server Error
コンテントタイプ:text/xml
SOAP Fault Code:Sender(SOAPバージョンが1.2の場合)/Client(SOAPバージョンが1.1の場合)
SOAP Fault String:オペレーションはサポートしていないというエラーを示すメッセージ
メッセージエクスチェンジの生成に失敗します HTTPステータス:503 Service Unavailable
SOAP BCはインストールされていません、あるいは、SOAP BCの状態はSTARTではありません HTTPステータス:503 Service Unavailable
SOAPメッセージからオペレーションを抽出できません HTTPステータス:500 Internal Server Error
コンテントタイプ:text/xml
SOAP Fault Code:Sender(SOAPバージョンが1.2の場合)/Client(SOAPバージョンが1.1の場合)
SOAP Fault String:例外メッセージ

2.1.2. JMS BC

コンポーネント名:JMSBinding

エラータイプ ログ出力される情報 説明 閉塞
Error MQManager: Destination lookup error. JMS送信先が見つかりません。エンドポイント定義に指定したJMS送信先がJNDIに登録されているか確認してください。 しない
Error MQManager: connection create error. JMSコネクションファクトリが見つかりません。エンドポイント定義に指定したJMS送信先がJNDIに登録されているか確認してください。 しない
Error Can't find JNDI name server. please check name server is active. URL={0} JNDIサーバに接続できません。次のような原因が考えられます。
  • JNDIサーバが起動していない。
  • JNDIプロバイダURLの指定が誤っている。

{0}:JNDIプロバイダURL

しない
Error Cannot get bean object from registry for 要求されたエンドポイント定義が見つかりません。次のような原因が考えられます。
  • エンドポイント定義が誤っている。
  • 該当エンドポイントを含むサービスアッセンブリ/サービスユニットが停止されている。
しない
Error no subject for authorize(). 認可に必要な認証済情報が存在しません。次のような原因が考えられます。
  • Inboundから認証済情報が伝播されていない。
しない
Error authorize() failed.

認可に失敗しました。出力された例外情報を参考にして問題を解決してください。次のような原因が考えられます。

  • 認証済情報に対して認可権限が与えられていない。
しない
Error There is a problem in the handler execution.

共通ハンドラの実行中に問題が発生しました。出力された例外情報を参考にして問題を解決してください。

しない
Error Cannot send message. JMS送信先へのメッセージ送信に失敗しました。出力された例外情報を参考にして問題を解決してください。次のような原因が考えられます。
  • JMSサーバが起動していない。
  • JMS送信先やコネクションファクトリのリソース定義に誤りがある。
  • JMSサーバへの接続情報に誤りがある。
  • JMSサーバで問題が発生している。
する
Fault MEPがInOutかRobustInOnlyで、Outbound側の外部JMSクライアントから受信したJMSメッセージのプロパティにJBI_STATUS=FAULTが指定されている場合にFaultとして処理します。JMS BCのプロバイダ機能が自らFaultをコンシューマに返却することはありません。 -

2.1.3. JCA BC

コンポーネント名:JCABinding

エラータイプ ログ出力される情報 説明 閉塞
Error Operation not supported by service, or Exchange is inconsistent with the pattern given by the provider プロバイダ動作時に、NMRから受信するMessageExchangeを処理できませんでした。以下の原因が考えられます。
  • オペレーションの誤り
  • MEPの誤り
しない
Error

{0} メッセージの処理が失敗しました。理由 : InteractionVerb is invalid.

InteractionVerbプロパティの値が不正です。In-Only、Robust In-Only MEPの場合、SYNC_SENDを指定してください。In-Out MEPの場合、SYNC_SEND_RECEIVEまたは、SYNC_RECEIVEを指定してください。

{0}:MEP

しない

Error

Fault

MessageReader initialization failed Cannot initialize MessageReader

メッセージのノーマライズあるいはデノーマライズが失敗しました。詳細は、ログを参照してください。 しない

Error

Fault

{0} メッセージの処理が失敗しました。理由 : MessageContent is null.

メッセージのデノーマライズ中にメッセージコンテントの取得が失敗しました。送信しているメッセージの内容を確認してください。

{0}:MEP

しない

Error

Fault

{0} メッセージの処理中にExceptionが発生しました。理由 : {1}

メッセージの処理中にResourceExceptionが発生しました。原因は、Exceptionの内容を確認してください。

{0}:MEP
{1}:Exception の内容

する

Error

Fault

Cannot create return record. コンシューマ動作時に、出力Recordの作成に失敗しました。詳細は、ログを参照してください。 しない

Error

There is a problem in the handler execution. 共通ハンドラの処理でエラーが発生しました。詳細は、ログを参照してください。 しない

2.1.4. RMI BC

コンポーネント名:RMIBinding

エラータイプ ログ出力される情報 説明 閉塞
Error http://www.w3.org/2004/08/wsdl/in-optional-out is not currently supported In Optional OutのMEPをサポートしていません。エンドポイント定義に誤りがないか確認してください。 しない
Error エンドポイントが見つかりません 要求されたエンドポイント定義が見つかりません。次のような原因が考えられます。
  • エンドポイント定義が誤っている。
  • 該当エンドポイントを含むサービスアッセンブリ/サービスユニットが停止されている。
しない
Error オペレーション({0})は、エンドポイント({1})でサポートされていません。

当該エンドポイントには要求されたオペレーション定義が見つかりません。

{0}:オペレーション名

{1}:エンドポイント名

エンドポイント定義に誤りがないか確認してください。

しない
Error MessageExchangeからクライアント認証情報を取得できませんでした。 endpoint : {1} (MessageID:{0})

MessageExchangeにクライアント認証情報が付加されていないため、EJBアプリケーションの呼び出しに使用できません。

{0}:メッセージID {1}:エンドポイント名

Inbound側のエンドポイント定義の伝播設定に誤りがないか確認してください。

しない
Error Endpoint {0} の認可に使用するSubjectがnullです。

認可に必要な認証済情報が存在しません。

{0}:エンドポイント名

Inboundのエンドポイント定義に誤りがないか確認してください。

しない
Error {0} の認可の際,例外が発生しました。

認可に失敗しました。

{0}:エンドポイント名

出力された例外情報を参考にして問題を解決してください。

次のような原因が考えられます。

  • 認証済情報に対して認可権限が与えられていない。
しない
Error There is a problem in the handler execution.

共通ハンドラの実行中に問題が発生しました。出力された例外情報を参考にして問題を解決してください。

しない

Error

Fault

EJBの呼び出しに失敗しました : {0}()

EJBの呼び出しに失敗しました。

{0}:メソッド名

出力された例外情報を参考にして問題を解決してください。

  • EJBが起動していない。
  • JNDIサーバが起動していない。
  • JNDIサーバにリファレンスが登録されていない。
  • JNDIサーバのアドレスが誤っている。
  • オペレーション関連の定義が誤っている。
  • 認証や接続関連の定義が誤っている。

java.rmi.RemoteExceptionの例外はFaultとして扱われます。

する

※Errorの時のみ

2.1.5. File BC

コンポーネント名:FileBinding

エラータイプ ログ出力される情報 説明 閉塞
Error オペレーションをサポートしていません、或いは、MEPが一致していません。 プロバイダ(Outbound)の場合、NMRから受信するMessageExchangeを処理できませんでした。次のような原因が考えられます。
  • オペレーションの誤り
  • MEPの誤り
しない
Fault エンドポイント {0} が認可を行う時に、認証済情報(Subject)を取得できませんでした。

認可に必要な認証済情報が存在しません。

{0}:エンドポイント名

Inboundのエンドポイント定義に誤りがないか確認してください。

しない
Error エンドポイント {0} が認可を行う時に認可に失敗しました。

認可に失敗しました。

{0}:エンドポイント名

次のような原因が考えられます。

  • 認証済情報に対して認可権限が与えられていない。

出力された例外情報を参考にして問題を解決してください。

しない
Error サポートしない in-optional-out MessageExchange {0} を受信しました。

プロバイダ(Outbound)の場合、NMRからin-optional-outのMessageExchangeを受信しました。

{0}:MessageExchange ID

しない
Error ファイル書き込み時にエラーが発生しました。 ファイルを書き込むときにエラーが発生しました。エラーの詳細はログを参照してください。     

次のような原因が考えられます。

  • 書き込み権限が与えられていない。
する
Error [File BC]メッセージエクスチェンジハンドラの処理に失敗しました。 共通ハンドラの処理にエラーが発生しました。エラーの詳細はログを参照してください。 しない
Error FileBC 自起動コマンドエラーが発生しました。 プロバイダ(Outbound)の場合、自起動コマンドを実行するときエラーが発生しました。エラーの詳細はログを参照してください。   

次のような原因が考えられます。

  • 自起動コマンドが存在していない。
  • 自起動コマンドの実行権限が与えられていない。
  
しない
Error リクエスト処理のためのスレッドを取得することに失敗しました。 スレッドプールからスレッドの取得に失敗しました。エラーの詳細はログを参照してください。 しない

2.1.6. CORBA BC

コンポーネント名:CORBABinding

エラータイプ ログ出力される情報 説明 閉塞
Error http://www.w3.org/2004/08/wsdl/in-optional-out is not currently supported In Optional OutのMEPをサポートしていません。エンドポイント定義に誤りがないか確認してください。 しない
Error エンドポイントが見つかりません

要求されたエンドポイント定義が見つかりません。

エンドポイント定義に誤りがないか確認してください。

しない
Error オペレーション({0})は、エンドポイント({1})でサポートされていません。

当該エンドポイントには要求されたオペレーション定義が見つかりません。

{0}:オペレーション名

{1}:エンドポイント名

エンドポイント定義に誤りがないか確認してください。

しない
Error Endpoint {0} の認可に使用するSubjectがnullです。

認可に必要な認証済情報が存在しません。

{0}:エンドポイント名

Inboundのエンドポイント定義に誤りがないか確認してください。

しない
Error {0} の認可の際,例外が発生しました。

認可に失敗しました。

{0}:エンドポイント名

出力された例外情報を参考にして問題を解決してください。

次のような原因が考えられます。

  • 認証済情報に対して認可権限が与えられていない。
しない
Error There is a problem in the handler execution.

共通ハンドラの実行中に問題が発生しました。出力された例外情報を参考にして問題を解決してください。

しない

Error

Fault

CORBAアプリケーションの呼び出しに失敗しました: {0}()

CORBAアプリケーションの呼び出しに失敗しました。

{0}:メソッド名

出力された例外情報を参考にして問題を解決してください。

次のような原因が考えられます。

  • CORBAアプリケーションが起動していない。
  • 名前サーバが起動していない。
  • 名前サーバにリファレンスが登録されていない。
  • 名前サーバのアドレスが誤っている。
  • オペレーション関連の定義が誤っている。
  • 接続関連の定義が誤っている。

org.omg.CORBA.UserExceptionの例外はFaultとして扱われます。

する

※Errorの時のみ

2.1.7. JDBC BC

コンポーネント名:JDBCBinding

エラータイプ ログ出力される情報 説明 閉塞
Error http://www.w3.org/2004/08/wsdl/in-optional-out is not currently supported In Optional OutのMEPをサポートしていません。エンドポイント定義に誤りがないか確認してください。 しない
Error エンドポイントが見つかりません 要求されたエンドポイント定義が見つかりません。エンドポイント定義に誤りがないか確認してください。 しない
Error オペレーション({0})は、エンドポイント({1})でサポートされていません。

当該エンドポイントには要求されたオペレーション定義が見つかりません。

{0}:オペレーション名

{1}:エンドポイント名

エンドポイント定義に誤りがないか確認してください。

しない
Error Endpoint {0} の認可に使用するSubjectがnullです。

認可に必要な認証済情報が存在しません。

{0}:エンドポイント名

Inboundのエンドポイント定義に誤りがないか確認してください。

しない
Error {0} の認可の際,例外が発生しました。

認可に失敗しました。

{0}:エンドポイント名

出力された例外情報を参考にして問題を解決してください。

次のような原因が考えられます。

  • 認証済情報に対して認可権限が与えられていない。
しない
Error There is a problem in the handler execution.

共通ハンドラの実行中に問題が発生しました。出力された例外情報を参考にして問題を解決してください。

しない
Error SQLの実行に失敗しました : {0}

SQLの実行に失敗しました。

{0}:オペレーション名

出力された例外情報を参考にして問題を解決してください。

次のような原因が考えられます。

  • JNDIサーバが起動していない。
  • JNDIサーバのアドレスが誤っている。
  • JDBCデータソース名、SQL、テーブル名に誤りがある。
  • JDBCデータソースのリソース定義が誤っている。
  • データベースに問題がある。
する

2.1.8. FTP BC

コンポーネント名:FTPBinding

エラータイプ ログ出力される情報 説明 閉塞
Error [FTP BC]エクスチェンジの処理に失敗しました。

In-Outメッセージの場合、プロバイダ(Outbound)でレスポンスを処理するときに例外が発生しました。次のような原因が考えられます。

  • 共通ハンドラ処理にエラー
  • 何らかの原因でNMRへ返信失敗
しない
Error タイムアウト期限が切れましたので、Poller スレッドをシャットダウンします。指定された時間内に予期された応答のポーリングが失敗しました。  

In-Outメッセージの場合、プロバイダ(Outbound)でFTPサーバから指定された時間内にレスポンスを取得できませんでした。次のような原因が考えられます。

  • プロバイダ(Outbound)のレスポンス用ファイルが存在していない。
しない
Fault エンドポイント {0} が認可を行う時に、認証済情報(Subject)を取得できませんでした。

認可に必要な認証済情報が存在しません。

{0}:エンドポイント名

Inboundのエンドポイント定義に誤りがないか確認してください。

しない
Error エンドポイント {0} が認可を行う時に認可に失敗しました。

認可に失敗しました。

{0}:エンドポイント名

次のような原因が考えられます。

  • 認証済情報に対して認可権限が与えられていない。

出力された例外情報を参考にして問題を解決してください。

しない
Error ResponsePollerに予期されない例外: {0}

プロバイダ(Outbound)の処理に予期されないExceptionが発生しました。Exceptionの詳細はログを参照してください。

{0}:例外情報

する
Error アウトバウンド処理の属性設定が無効です,オペレーション: address={0}, ftpOperation={1}, operation= {2}, 例外: {3}。

プロバイダ(Outbound)の属性情報の検証に失敗しました。

{0}:FTPアドレス
{1}:FTPオペレーション
{2}:オペレーション名
{3}:例外情報

次のような原因が考えられます。

  • FTPサーバの属性や転送に使う属性などに指定ミスがあった。

エラーの詳細はログを参照してください。

しない
Error FTPサーバへ書き込むに失敗しました。例外:{0}

FTPサーバへファイル転送に失敗しました。

{0}:例外情報

次のような原因が考えられます。

  • 権限が与えられていない。

エラーの詳細はログを参照してください。

しない
Error 未サポート:Received out-only message {0}.

プロバイダ(Outbound)の場合、サポートしないin-only MessageExchangeを受信しました。

{0}:MessageExchange ID

しない
Error ResponsePollerを起動させるのが失敗しました。 スレッドプールからスレッドの取得に失敗しました。エラーの詳細はログを参照してください。 しない
Error [FTP BC]メッセージエクスチェンジハンドラの[OUT]処理に失敗しました。 Outメッセージの共通ハンドラの処理に失敗しました。 しない
Error [FTP BC]メッセージエクスチェンジハンドラの[IN]処理に失敗しました。 Inメッセージの共通ハンドラの処理に失敗しました。 しない

2.1.9. HTTP BC

コンポーネント名:HTTPBinding

エラータイプ ログ出力される情報 説明 閉塞
Error inboundプロセッサでHTTPレスポンスメッセージを処理するときにエラーが発生しました。 コンシューマ(Inbound)の場合、NMRから受信するメッセージをHTTPレスポンスとして外部のHTTPクライアントへ返信するときエラーが発生しました。次のような原因が考えられます。
  • 返信するとき、HTTPコネクションはHTTPクライアントによりクローズされた。
しない
Fault エンドポイント {0} が認可を行う時に、認証済情報(Subject)を取得できませんでした。

認可に必要な認証済情報が存在しません。

{0}:エンドポイント名

Inboundのエンドポイント定義に誤りがないか確認してください。

しない
Error エンドポイント {0} が認可を行う時に認可に失敗しました。

認可に失敗しました。

{0}:エンドポイント名

次のような原因が考えられます。

  • 認証済情報に対して認可権限が与えられていない。

出力された例外情報を参考にして問題を解決してください。

しない
Error [{0}] パターン {1} はサポートされません。

NMRからサポートしないMEPのMessageExchangeを受信しました。

{0}:コンシューマ(Inbound)/プロバイダ(Outbound)
{1}:MEPパターン

しない
Error リクエスト処理のためのスレッドを取得することに失敗しました。 スレッドプールからスレッドの取得に失敗しました。エラーの詳細はログを参照してください。 しない
Error [プロバイダ] オペレーション:{0}はエンドポイント:{1}によってサポートされていません。

プロバイダ(Outbound)の場合、NMRからサポートしないオペレーションのMessageExchangeを受信しました。

{0}:オペレーション名
{1}:エンドポイント名

しない
Error [プロバイダ] MEPは一致していません: {0}/{1}

プロバイダ(Outbound)の場合、設定のオペレーションのMEPはNMRから受信するMessageExchangeのMEPと一致していませんでした。

{0}:読み込んだMEPパターン
{1}:期待のMEPパターン

しない
Error [プロバイダ] Message Exchangeのinputメッセージはnullにできません。 プロバイダ(Outbound)の場合、NMRからMessageExchangeを受信しましたが、MessageExchangeにinメッセージがありませんでした。 しない
Error ハンドラの処理にエラーが発生しました。 共通ハンドラの処理にエラーが発生しました。ハンドラの実装と設定を確認してください。 しない
Error [プロバイダ] リクエスト「{0}」処理中にRuntime例外がスローされました。

プロバイダ(Outbound)の場合、NMRから受信するMessageExchangeのinメッセージを処理するとき、RuntimeExceptionが発生しました。RuntimeExceptionの内容はログを参照してください。

{0}:MessageExchange ID

しない
Error [プロバイダ] リクエスト{0}処理中に例外がスローされました。

プロバイダ(Outbound)の場合、NMRから受信するMessageExchangeのinメッセージを処理するとき、Exceptionが発生しました。Exceptionの内容はログを参照してください。

{0}:MessageExchange ID

しない
Error 外部サービス呼び出しでエラーが発生しました。 プロバイダ(Outbound)の場合、外部サービスへの接続やリクエスト送信でエラーが発生しました。次のような原因が考えられます。
  • 外部サービスが停止している
  • ネットワーク障害の発生
  • エンドポイントで指定した外部サービスのURLの誤り
する
Error [プロバイダ] サポートしないdata content type {0}を受信しました: レスポンスコードは {1}

プロバイダ(Outbound)の場合、外部HTTPサーバからレスポンスを受信しましたが、content-type或いはコーディングが期待値と一致していませんでした。

{0}:コンテントタイプ
{1}:レスポンスコード

エンドポイントの設定を確認してください。

しない
Error [{0}] HTTPメッセージをノーマライズしている間にRuntime例外が投げられました。

メッセージのノーマライズにRuntimeExceptionが発生しました。RuntimeExceptionの詳細はログを参照してください。

{0}:コンシューマ(Inbound)/プロバイダ(Outbound)

しない
Error [{0}] HTTPメッセージをノーマライズしている間に例外が投げられました。

メッセージのノーマライズにExceptionが発生しました。Exceptionの詳細はログを参照してください。

{0}:コンシューマ(Inbound)/プロバイダ(Outbound)

しない
Error [{0}] JBIメッセージをデノーマライズしている間にRuntime例外が投げられました。

メッセージのデノーマライズにRuntimeExceptionが発生しました。RuntimeExceptionの詳細はログを参照してください。

{0}:コンシューマ(Inbound)/プロバイダ(Outbound)

しない
Error [{0}] JBIメッセージをデノーマライズしている間に例外が投げられました。

メッセージのデノーマライズにExceptionが発生しました。Exceptionの詳細はログを参照してください。

{0}:コンシューマ(Inbound)/プロバイダ(Outbound)

しない
Fault

Faultの詳細情報はメッセージタイプにより決まります:

XMLの場合:HTTPレスポンスボディの内容です。

Attachmentの場合:下記のメッセージとなります、”<http-fault>外部HTTPサーバはエラーレスポンスを返信しました:{0}</http-fault>”。

プロバイダ(Outbound)の場合、外部サービスの処理で何らかの問題が発生し、Faultが返信されました。

外部サービスで発生したエラー情報はNormalizedMessageのコンテントの内容を確認してください。

{0}:ステータスコード

-

エラーコード一覧

外部HTTPクライアントから送信されたHTTPリクエストのチェックに失敗した場合、NMRへメッセージを転送せす、HTTP BCがエラーメッセージを含むHTTPレスポンスを外部HTTPクライアントに返却します。

エラー条件 HTTPにおける対応
URLに指定されているエンドポイントは配備されていません、あるいは、エンドポイントの状態はSTARTではありません

HTTPステータス:404 Not Found

HTTPボディ:サービスエンドポイントURLを見つからないというエラーを示すhtml

URLに指定されているオペレーションは見つかりません

HTTPステータス:400 Bad Request

HTTPボディ:オペレーションURLエラーを示すhtml

オペレーションの設定にinput-message-typeはxmlに指定されているが、外部HTTPクライアントから受信したHTTPリクエストのコンテンツタイプはtext/xmlではありません

HTTPステータス:415 Unsupported Media Type

HTTPボディ:コンテントタイプはサポートしていないというエラーを示すhtml

オペレーションのinput-encoding設定値は、外部HTTPクライアントから受信したHTTPリクエストのコンテンツタイプにパラメータcharsetの値と一致していません

HTTPステータス:415 Unsupported Media Type

HTTPボディ:encodingはサポートしていないというエラーを示すhtml

HTTP BCはインストールされていません、あるいは、HTTP BCの状態はSTARTではありません

HTTPステータス:503 Service Unavailable

HTTPボディ:HTTP BCサービスは起動していないというエラーを示すhtml

エンドポイントに指定されているサービスは見つかりません

HTTPステータス:503 Service Unavailable

HTTPボディ:エンドポイントに指定されているサービスは見つからないというエラーを示すhtml

HTTP BCのコンシューマに設定する「同時処理最大リクエスト数」を超えてタイムアウトします

HTTPステータス:503 Service Unavailable

HTTPボディ:閉塞処理のためタイムアウトが発生したというエラーを示すhtml

2.1.10. Proxy BC

コンポーネント名:ProxyBinding

エラータイプ ログ出力される情報 説明 閉塞
Error

inbound プロセッサでSOAPレスポンスメッセージを処理するときにエラーが発生しました。

SOAPでサーブレットに、SOAPレスポンスを構築するとき、リモートインスタンスへSOAPレスポンスを返信するときにExceptionが発生しました。 しない
Error

inbound プロセッサで例外レスポンスメッセージを構築するときにエラーが発生しました。

SOAPでサーブレットに、例外のSOAPレスポンスを構築するときにエラーが発生しました。 しない
Error {0}でインスタンス[{1}]へ送信中にタイムアウトが発生しました。(MessageId:{2})

リモートインスタンスを送信したが、返答がタイムアウト時間以内戻っていませんでした。

{0}:送信プロトコル名
{1}:インスタンス名
{2}:MessageExchange ID

する
Error PBManagerからExchangEntryが見つかりませんでした。(MessageID:{0} インスタンス名:{1} サービスアセンブリ:{2})

NMRからINではないMEを受信しましたが、ProxyBindingがこのMEを処理していません。

{0}:MessageExchange ID
{1}:インスタンス名
{2}:サービスアセンブリ名

しない
Error MessageExchangeオブジェクトのシリアライズ中にIOExceptionが発生しました。 MessageExchangeオブジェクトのシリアライズ中にIOExceptionが発生しました。 しない
Error シリアライズにRuntimeException発生しました。 MessageExchangeオブジェクトのシリアライズ中に予期せずにRuntimeExceptionが発生しました。 しない
Error 例外オブジェクトのシリアライズ中にIOExceptionが発生しました。 例外オブジェクトのシリアライズ中にIOExceptionが発生しました。 しない
Error

MessageExchangeのプロパティに Serializable を実装しないオブジェクトがあるためシリアライズに失敗しました。(キー:{0} クラス:{1})

MessageExchangeのプロパティに Serializable を実装しないオブジェクトがあります。

{0}:プロパティ名
{1}:プロパティ値のクラス名

しない
Error MessageExchangeのプロパティのオブジェクトのシリアライズ中にIOExceptionが発生しました。 MessageExchangeのプロパティのオブジェクトのシリアライズ中にIOExceptionが発生しました。 しない
Error NormalizedMessageのDOMSourceのXMLWriter変換にExceptionが発生しました。 NormalizedMessageのDOMSourceのシリアライズ中にExceptionが発生しました。 しない
Error NormalizedMessageのSAXSourceのシリアライズ中にIOExceptionが発生しました。 NormalizedMessageのSAXSourceのシリアライズ中にIOExceptionが発生しました。 しない
Error NormalizedMessageのSAXSourceのXMLReader変換中にExceptionが発生しました。 NormalizedMessageのSAXSourceのシリアライズ中にXMLReader変換Exceptionが発生しました。 しない
Error NormalizedMessageのStreamSourceのシリアライズ中にIOExceptionが発生しました。 NormalizedMessageのStreamSourceのシリアライズ中にIOExceptionが発生しました。 しない
Error NormalizedMessageのSourceのクラスがサポートしていないクラスです。(クラス:{0})

サポートしないSourceのクラスをシリアライズできない。

{0}:Sourceのクラス名

DOMSource、SAXSource、StreamSourceのSourceタイプを指定してください。

しない
Error NormalizedMessageオブジェクトのシリアライズ中にIOExceptionが発生しました。 NormalizedMessageオブジェクトのシリアライズ中にIOExceptionが発生しました。 しない
Error

NormalizedMessageのプロパティに Serializable を実装しないオブジェクトがあるためシリアライズに失敗しました。(キー:{0} クラス:{1})

NormalizedMessageのプロパティに Serializable を実装しないオブジェクトがあります。

{0}:プロパティ名
{1}:プロパティ値のクラス名

しない
Error NormalizedMessageのプロパティのオブジェクトのシリアライズ中にIOExceptionが発生しました。 NormalizedMessageのプロパティのオブジェクトのシリアライズ中にIOExceptionが発生しました。 しない
Error NormalizedMessageのアタッチメントのシリアライズ中にIOExceptionが発生しました。 NormalizedMessageのアタッチメントのシリアライズ中にIOExceptionが発生しました。 しない
Error

クラスが Serializable を実装していないためIStreamSourceInfoのシリアライズに失敗しました。(クラス:{0})

Serializable を実装していないIStreamSourceInfoがあります。

{0}:IStreamSourceInfoのクラス名

しない
Error IStreamSourceInfoオブジェクトのシリアライズ中にIOExceptionが発生しました。 IStreamSourceInfoオブジェクトのシリアライズ中にIOExceptionが発生しました。 しない
Error シリアライズバージョンが一致しません。期待値は{0}ですが、{1}を読み込みました。

リモートインスタンスとのシリアライズバージョンが一致しません。

{0}:期待のシリアライズバージョン
{1}:読み込んだシリアライズバージョン

しない
Error 受信したタイプあるいはバージョンのデシリアライズ中にIOExceptionが発生しました。 受信したタイプあるいはバージョンのデシリアライズ中にIOExceptionが発生しました。 しない
Error 型{0}をサポートしていません。値が{1}です。

Sourceタイプがサポートしていません。

{0}:Sourceタイプ名
{1}:Sourceタイプ値

しない
Error デシリアライズ中にRuntimeException発生しました。 デシリアライズ中に予期せずにRuntimeException発生しました。 しない
Error 読み込んだオブジェクトは型{0}が期待する型でしたが、型{1}です。

デシリアライズ中に期待しないオブジェクトがあります。

{0}:期待タイプオブジェクトのクラス名
{1}:読み込んだタイプオブジェクトのクラス名

しない
Error 例外オブジェクトのデシリアライズ中に、クラスを解決できないために失敗しました。 例外オブジェクトのデシリアライズ中に、解決できないクラスがあります。 しない
Error 例外オブジェクトのデシリアライズ中にIOExceptionが発生しました。 例外オブジェクトのデシリアライズ中にIOExceptionが発生しました。 しない
Error 新規のMessageExchange{0}を受信しましたが、既にテーブルに存在しています。

INのMEを受信しましたが、既にテーブルに存在しています。

{0}:MessageExchange ID

しない
Error MessageExchangeパターンが正しくないため、MessageExchangeのデシリアライズに失敗しました。 正しくないMessageExchangeパターンを受信しました。 しない
Error MessageExchangeオブジェクトのデシリアライズ中にIOExceptionが発生しました。 MessageExchangeオブジェクトのデシリアライズ中にIOExceptionが発生しました。 しない
Error MessageExchangeのプロパティのデシリアライズ中にIOExceptionが発生しました。 MessageExchangeのプロパティのデシリアライズ中にIOExceptionが発生しました。 しない
Error NormalizedMessageのDOMSourceを解析できません。 デシリアライズ中に、NormalizedMessageのDOMSourceを解析できません。 しない
Error NormalizedMessageのDOMSourceのデシリアライズ中にIOExceptionが発生しました。 NormalizedMessageのDOMSourceのデシリアライズ中にIOExceptionが発生しました。 しない
Error NormalizedMessageのSAXSourceのデシリアライズ中にIOExceptionが発生しました。 NormalizedMessageのSAXSourceのデシリアライズ中にIOExceptionが発生しました。 しない
Error NormalizedMessageのStreamSourceのデシリアライズ中にIOExceptionが発生しました。 NormalizedMessageのStreamSourceのデシリアライズ中にIOExceptionが発生しました。 しない
Error NormalizedMessageのオブジェクトのデシリアライズ中にIOExceptionが発生しました。 NormalizedMessageのオブジェクトのデシリアライズ中にIOExceptionが発生しました。 しない
Error NormalizedMessageのアタッチメントのデシリアライズ中にIOExceptionが発生しました。 NormalizedMessageのアタッチメントのデシリアライズ中にIOExceptionが発生しました。 しない
Error NormalizedMessageのプロパティのデシリアライズにExceptionが発生しました。 NormalizedMessageのプロパティのデシリアライズにExceptionが発生しました。 しない
Error クラスを解決できないために、NormalizedMessageのIRetraceableのデシリアライズに失敗しました。 NormalizedMessageのIRetraceableのデシリアライズに、解決できないクラスがあります。 しない
Error インスタンス[{1}]から例外メッセージを受信しました:[{3}]。(プロトコル:{0}、MessageId:{2})

リモートインスタンスから例外メッセージを受信しました。

{0}:送信プロトコル名
{1}:インスタンス名
{2}:MessageExchange ID
{3}:例外メッセージ内容

する
Error SOAP WS-Rで送信する場合、MEPはIn-Onlyのみをサポートします。 In-Only以外のMEをSOAP WS-Rで送信できません。 しない
Error トランザクション連携で送信する場合、MEPはIn-Onlyのみをサポートします。 トランザクション連携で送信する場合、MEPはIn-Onlyのみをサポートします。 しない
Error {0}でインスタンス[{1}]への送信が失敗しました。(MessageId:{2})

リモートインスタンスへの送信が失敗しました。

{0}:送信プロトコル名
{1}:インスタンス名
{2}:MessageExchange ID

エラーの詳細はログを参照してください。

する
Error インスタンス[{1}]から受信したメッセージを解析中に例外が発生しました。(プロトコル:{0})

リモートインスタンスから受信したメッセージを解析中に例外が発生しました。

{0}:送信プロトコル名
{1}:インスタンス名

次のような原因が考えられます。

  • リモートインスタンスとのシリアライズバージョンが一致していない。
しない

2.1.11. TCP/IP BC

コンポーネント名:TCPIPBinding

エラータイプ ログ出力される情報 説明 閉塞
Error {0}:{1}に接続できません。

Outboundで指定したHOST、Portに、ホストが見つからない、ポートが開いていないなどの理由で接続ができません。

{0}: ホスト名
{1}: ポート番号

する
Error ポート{0}へのコネクション受け付け時に例外が発生しました。

Socketを生成できません(Inbound側)。コネクション確立時に、新たにSokcetオブジェクト生成するのに失敗しています。 理由は、Socket数がOSの限界に達したことなどが考えられます。

{0}: ポート番号

しない
Error ソケット{0}:{1}の生成に失敗しました。

Socketを生成できません(Outbound側)。コネクション確立時に、新たにSokcetオブジェクト生成するのに失敗しています。 理由は、Socket数がOSの限界に達したなどが考えられます。

{0}: ホスト名
{1}: ポート番号

する
Error サーバソケット{0}:{1}の生成に失敗しました。

Artifactで指定されたコンシューマエンドポイントのポートが既に使われている、ポートを開く権限が足りないなどの理由で ポート待ち受けに失敗しています。

{0}: ホスト名
{1}: ポート番号

しない
Error メッセージ処理中に例外が発生したのでソケットをクローズします。

TCP/IPハンドラのreceive/send/fault/errorメソッド実行中に例外が発生しました。

しない

2.1.12. Salesforce BC

コンポーネント名:SalesforceBinding

エラータイプ ログ出力される情報 説明 閉塞
Error inboundプロセッサでSOAPレスポンスメッセージを処理するときにエラーが発生しました。 コンシューマ(Inbound)の場合、Salesforce.comへ返信するときにエラーが発生しました。次のような原因が考えられます。
  • 返信するとき、HTTPコネクションはSalesforce.comによりクローズされた。
しない
Error {0} はサポートされません。

NMRからサポートしないMEPのMessageExchangeを受信しました。

{0}:MessageExchangeオブジェクトのクラス名

in-only、in-out、robust-in-onlyのMEPパターンを指定してください。

しない
Error スレッドの取得に失敗しました。 スレッドプールからスレッドの取得に失敗しました。エラーの詳細はログを参照してください。 しない
Error オペレーション {0} はエンドポイント {1} に定義されていません。

プロバイダ(Outbound)の場合、NMRからサポートしないオペレーションのMessageExchangeを受信しました。
コンシューマ(Inbound)の場合、URLに指定されているオペレーションは見つかりませんでした。

{0}:オペレーション名
{1}:エンドポイント名

しない
Error [プロバイダ] MEPは一致していません: {0}/{1}

プロバイダ(Outbound)の場合、設定のオペレーションのMEPはNMRから受信するMessageExchangeのMEPと一致していませんでした。

{0}:オペレーション名
{1}:MEPパターン

しない
Error [プロバイダ] Message Exchangeのinputメッセージはnullにできません。 プロバイダ(Outbound)の場合、NMRからMessageExchangeを受信しましたが、MessageExchangeにinメッセージがありませんでした。 しない
Error [Salesforce BC]メッセージエクスチェンジハンドラの[Error]処理に失敗しました。 共通ハンドラの処理にエラーが発生しました。ハンドラの実装と設定を確認してください。 しない
Error リクエスト「{0}」処理中にRuntime例外がスローされました。

プロバイダ(Outbound)の場合、NMRから受信するMessageExchangeのinメッセージを処理するとき、RuntimeExceptionが発生しました。RuntimeExceptionの内容はログを参照してください。

{0}:MessageExchange ID

しない
Error リクエスト{0}処理中に例外がスローされました。

プロバイダ(Outbound)の場合、NMRから受信するMessageExchangeのinメッセージを処理するとき、Exceptionが発生しました。Exceptionの内容はログを参照してください。

{0}:MessageExchange ID

しない
Error 外部サービス呼び出しでエラーが発生しました。 プロバイダ(Outbound)の場合、Salesforce.comへの接続やリクエスト送信でエラーが発生しました。次のような原因が考えられます。
  • Salesforce.comで障害の発生
  • ネットワーク障害の発生
する
Error {0}はサポートしないdata content typeです。

プロバイダ(Outbound)の場合、Salesforce.comからレスポンスを受信しましたが、content-typeが期待値(text/xml)と一致していませんでした。

{0}:コンテントタイプ

する
Error 外部WebサービスからSOAPメッセージ以外のレスポンスメッセージを受け取りました。レスポンスコードは {0} です。

プロバイダ(Outbound)の場合、Salesforce.comからレスポンスを受信しましたが、レスポンスコードが期待値と一致していませんでした。

{0}:レスポンスコード

する
Error SOAPメッセージをノーマライズしている間にRuntime例外が投げられました。 メッセージのノーマライズにRuntimeExceptionが発生しました。RuntimeExceptionの詳細はログを参照してください。 しない
Error SOAPメッセージのノーマライズに失敗しました。 メッセージのノーマライズにSOAPExceptionが発生しました。SOAPExceptionの詳細はログを参照してください。 しない
Error メッセージをデノーマライズしている間にRuntimeExceptionが発生しました。 メッセージのデノーマライズにRuntimeExceptionが発生しました。RuntimeExceptionの詳細はログを参照してください。 しない
Error メッセージをデノーマライズしている間に例外が発生しました。 メッセージのデノーマライズにExceptionが発生しました。Exceptionの詳細はログを参照してください。 しない
Error Salesforce Outbound ユーザ名「 {0} 」はログイン失敗です。

Salesforce Outboundのログインに失敗しました。

{0}:ユーザ名

Exceptionの詳細はログを参照してください。次のような原因が考えられます。

  • ログイン用ユーザ名またはパスワードが不正
  • ネットワーク障害の発生
  • プロキシを使用するかどうか
しない
Error HttpClientはexecuteメソッドを呼び出す時に、異常が発生しました。 SessionIdを更新する時に、異常が発生しました。Exceptionの詳細はログを参照してください。 しない
Fault ※詳細情報にSOAP Faultが設定

プロバイダ(Outbound)の場合、Salesforce.comの処理で何らかの問題が発生し、Faultが返信されました。

Salesforceで発生したエラー情報はNormalizedMessageのコンテントの内容を確認してください。

-

エラーコード一覧

Salesforce.comから送信されたHTTPリクエストのチェックに失敗した場合、NMRへメッセージを転送せず、Salesforce BCがエラーを示すSOAPメッセージをSalesforce.comに返却します。

エラー条件 HTTPにおける対応
URLに指定されているエンドポイントは配備されていませんか、あるいは、エンドポイントの状態はSTARTではありません

HTTPステータス:404 Not Found

SOAPメッセージ:

<soapenv:Envelope xmlns:soapenv="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/" xmlns:out="http://soap.sforce.com/2005/09/outbound">
   <soapenv:Header/>
   <soapenv:Body>
     <out:notificationsResponse>
       <out:Ack>false</out:Ack>
     </out:notificationsResponse>
   </soapenv:Body>
</soapenv:Envelope>
         
URLに指定されているオペレーションは見つかりません

HTTPステータス:400 Bad Request

SOAPメッセージ:同上

OrganizationIdによる認証失敗

HTTPステータス:500 Internal Server Error

SOAPメッセージ:同上

認可失敗

HTTPステータス:500 Internal Server Error

SOAPメッセージ:同上

SOAPバージョンをサポートしない

HTTPステータス:500 Internal Server Error

SOAPメッセージ:同上

Salesforce BCはインストールされていません、あるいは、Salesforce BCの状態はSTARTではありません

HTTPステータス:503 Service Unavailable

SOAPメッセージ:同上

エンドポイントに指定されているサービスは見つかりません

HTTPステータス:503 Service Unavailable

SOAPメッセージ:同上

閉塞タイムアウト

HTTPステータス:503 Service Unavailable

SOAPメッセージ:同上

2.1.13. HL7 BC

コンポーネント名:HL7Binding

エラータイプ ログ出力される情報 説明 閉塞
Error LLPハンドラの生成に失敗しました。

LLPハンドラの生成に失敗しました(Outbound側)。MLLPの場合、新たにSokcetオブジェクト生成するのに失敗している可能性があります。 理由は、Socket数がOSの限界に達したなどが考えられます。

する
Error メッセージ処理中に例外が発生したのでLLPハンドラを破棄します。

LLPハンドラのreceive/sendメソッド実行中に例外が発生しました。詳細はログを参照してください。

しない
Error 文字エンコーディング{0}から{1}への変換に失敗しました。

HL7メッセージの文字エンコーディング変換中に例外が発生しました。詳細はログを参照してください。

{0}: 変換前文字エンコーディング
{1}: 変換後文字エンコーディング

しない
Fault 不正な形式のメッセージを受信しました。(MessageType:{0})

外部APから不正な形式のメッセージを受信しました。入力メッセージの形式とメッセージ変換元フォーマットの設定が合っているかを確認してください。

{0}: 期待されるメッセージ形式

しない
Error {0}形式から{1}形式のメッセージ変換に失敗しました。

メッセージ変換の処理中に例外が発生しました。
次のような原因が考えられます。

  • メッセージがスキーマ定義に従っていない。

詳細はログを参照してください。
{0}: 変換元メッセージ形式
{1}: 変換先メッセージ形式

しない
Error 設定されたHL7メッセージのバージョンID {0}は使用できません。

使用できないHL7メッセージのバージョンIDが設定されています。バージョンIDの設定を確認してください。

{0}: 設定されたバージョンID

しない
Fault MSHセグメントの処理ID:{0}は期待される処理ID:{1}と一致しません。

MSHセグメントの検証時に、入力メッセージの処理IDが期待される処理IDと一致しませんでした。

{0}: 入力メッセージの処理ID
{1}: 期待される処理ID

しない
Fault MSHセグメントのバージョンID:{0}は期待されるバージョンID:{1}と一致しません。

MSHセグメントの検証時に、入力メッセージのバージョンIDが期待されるバージョンIDと一致しませんでした。

{0}: 入力メッセージのバージョンID
{1}: 期待されるバージョンID

しない
Fault シーケンス番号:{0}は使用できない値(2147483647より大きい値または-1より小さい値)です。

シーケンスプロトコル有効時に、入力メッセージのシーケンス番号が使用できない値でした。

{0}: 入力メッセージのシーケンス番号

しない
Fault シーケンス番号:{0}が期待されるシーケンス番号:{1}と一致しませんでした。

シーケンスプロトコル有効時に、入力メッセージのシーケンス番号が期待されるシーケンス番号と一致しませんでした。

{0}: 入力メッセージのシーケンス番号
{1}: 期待されるシーケンス番号

しない
Fault シーケンス番号の取得に失敗しました。

シーケンスプロトコル有効時に、入力メッセージのシーケンス番号の取得に失敗しました。

しない
Error シーケンス番号プロトコルで使用するロックファイルを作成できません。

シーケンスプロトコル有効時に、ロックファイル作成で例外が発生しました。

しない
Fault MSAセグメントが不正、もしくは存在しない応答を受信しました。

外部APからMSAセグメントが不正、もしくは存在しない応答を受信しました。

しない
Fault HL7のエラーメッセージを受信しました。

外部APからHL7のエラーメッセージを受信しました。

しない
Error メッセージ構造:{0}に対応する固定応答ファイルが見つかりません。

入力メッセージに対応する固定応答のファイルが見つかりませんでした。固定応答のファイルが配置されていることを確認してください。

{0}: 入力メッセージのメッセージ構造

しない
Error メッセージ構造:{0}に対応する固定応答ファイルの読み込みでエラーが発生しました。

入力メッセージに対応する固定応答のファイルの読み込みで例外が発生しました。

{0}: 入力メッセージのメッセージ構造

しない
Error OutboundのMLLPハンドラで受信したメッセージにスタートブロック {0} が含まれていません。

OutboundのMLLPハンドラで受信したメッセージにスタートブロックが含まれていませんでした。

{0}: スタートブロックの設定値

しない
Error OutboundのMLLPハンドラで受信したメッセージがエンドブロック {0} とキャリッジリターン {1} で終了していません。

OutboundのMLLPハンドラで受信したメッセージがエンドブロックとキャリッジリターンで終了していませんでした。

{0}: エンドブロックの設定値
{1}: キャリッジリターンの設定値

しない

2.1.14. Transport BC

コンポーネント名:TransportBinding

エラータイプ ログ出力される情報 説明 閉塞
Error JBIのMessageExchangeからCamelのExchangeへの転換は失敗しました。

InboundもしくはOutboundでメッセージのデノーマライズ処理中に例外が発生しました。

しない
Error Producerの処理中にエラーは発生しました。

OutboundでProducerのメッセージ処理中に例外が発生しました。

しない
Error CamelのExchange からJBIのMessageExchangeへの転換は失敗しました。

InboundもしくはOutboundでメッセージのノーマライズ処理中に例外が発生しました。

しない
Fault

OutboundでProducerからFaultメッセージ(Message#isFault()==true)を受信した場合にFaultとして処理します。

しない

2.1.15. SAP BC

コンポーネント名:SAPBinding

エラータイプ ログ出力される情報 説明 閉塞
Error コネクションファクトリの取得に失敗しました。JNDI名={0}

指定したJNDI名で、JNDIサーバからコネクタリソースを取得できませんでした。次のような原因が考えられます。

  • JNDIサーバが起動していない。
  • JNDI名に対応するSAPシステムが作成されていない。
  • エンドポイント定義に指定したJNDI名が誤っている。

{0}: JNDI名

しない
Error コネクションの取得に失敗しました。

コネクションの取得に失敗しました。コネクタコネクションプール中のコネクションが全て使用中の状態で、コネクション取得タイムアウト時間を超過したなどの理由が考えられます。

しない
Error InteractionSpecの作成に失敗しました。

InteractionSpecの作成に失敗しました。サービスアセンブリ中のbapi.propertiesファイルが正しく読み込まれなかったなどの理由が考えられます。

しない
Error トランザクションのコミットに失敗しました。ロールバックを行います。

SAPへのCOMMIT WORK操作に失敗しました。出力された例外情報を参考にして問題を解決してください。

しない
Error TraceID: {0} は以下の理由でロールバックに失敗したため、リトライを行います。

SAPへのROLLBACK WORK操作に失敗しました。出力された例外情報を参考にして問題を解決してください。

{0}: TraceID

しない
Fault -

SAPからの応答電文にEXCEPTIONS要素が含まれる場合、Faultとして処理します。

しない

2.2. サービスエンジン

サービスエンジンで発生する可能性のある異常系メッセージ(Fault/Error)を示します。

2.2.1. XSLT SE

コンポーネント名:XSLTEngine

エラータイプ ログ出力される情報 説明
Error [XSLT SE]メッセージエクスチェンジハンドラの[IN]処理に失敗しました。 Inメッセージの共通ハンドラの処理に失敗しました。
Error リクエスト処理のためのスレッドを取得することに失敗しました。 スレッドプールからスレッドの取得に失敗しました。エラーの詳細はログを参照してください。
Error 受信メッセージのパターンは不正です。 MEPがIn-out以外のMessageExchangeを受信しました。
Error リクエストされたオペレーションは{0}ですが、期待されるオペレーションは{1}です。

受信するMessageExchangeのオペレーションを見つからないため、処理できませんでした。

{0}:読み込んだオペレーション名
{1}:期待のオペレーション名

Error XSL変換にエラーが発生しました。

XSL変換にエラーが発生しました。

Exceptionの詳細はログを参照してください。次のような原因が考えられます。

  • 変換用のxsltファイルが不正である。
  • 変換元メッセージが不正である。
Error [XSLT SE]メッセージエクスチェンジハンドラの[OUT]処理に失敗しました。 Outメッセージの共通ハンドラの処理に失敗しました。
Error Stylesheetを見つかりません。 変換用のxsltファイルを見つかりませんでした。サービスユーニットにxsl/xsltファイルがあるか確認してください。
Error Inメッセージをファイルに書き込むときエラーが発生しました。 XSLT SEの設定項目の「メモリ上での実行の可否」をfalseとした場合、Inメッセージをファイルに書き込むときエラーが発生しました。

2.2.2. Sequencing SE

コンポーネント名:SequencingEngine

エラータイプ ログ出力される情報 説明
Error リクエスト処理のためのスレッドを取得することに失敗しました。 スレッドプールからスレッドの取得に失敗しました。エラーの詳細はログを参照してください。
Error サービス {1} はオペレーション {0} をサポートしていません。

設定のオペレーションはNMRから受信するオペレーションと一致していませんでした。

{0}:オペレーション名
{1}:サービス名

Error サービス {1} のオペレーション {0} は MessageExchange {2} のMEPをサポートしていません。

設定のオペレーションのMEPはNMRから受信するMessageExchangeのMEPと一致していませんでした。

{0}:オペレーション名
{1}:サービス名
{2}:MessageExchange ID

Error サービス {1} がMessageExchange {0} を処理するときにタイムアウトが発生しました。

MessageExchangeの処理にタイムアウトが発生しました。

{0}:MessageExchange ID
{1}:サービス名

メッセージ処理のフローを確認して、必要であれば設定のタイムアウト値を大きくしてください。

Error サービス {0} のMessageExchangeをアップデートするときにエラーが発生しました。

MessageExchangeをアップデートするときにエラーが発生しました。

{0}:サービス名

エラーの詳細はログを参照してください。

Error ハンドラの実装に返却する目標エンドポイントは正しくありません。 ハンドラの実装に返却するエンドポイントの情報は正しくありません。ハンドラの実装を確認してください。
Error ハンドラクラスのロードに失敗しました。 ハンドラクラスをロードできませんでした。クラスをサービスユーニットに置いたか確認してください。
Error ハンドラの初期化に失敗しました。 ハンドラの初期化に失敗しました。エラーの詳細はログを参照してください。
Error ハンドラの実行に失敗しました。 ハンドラの実行にExceptionが発生しました。ハンドラの実装を確認してください。
Error 設定したメッセージの名前[{0}]は不正です。

サービス、呼び出し元に送信する時、設定した名前でメッセージを扱えませんでした。

{0}:設定した名前

2.2.3. CBR SE

コンポーネント名:CBREngine

エラータイプ ログ出力される情報 説明
Error [CBR SE]メッセージエクスチェンジハンドラの[IN]処理に失敗しました。 Inメッセージの共通ハンドラの処理に失敗しました。
Error [CBR SE]メッセージエクスチェンジハンドラの[OUT]処理に失敗しました。 Outメッセージの共通ハンドラの処理に失敗しました。
Error リクエスト処理のためのスレッドを取得することに失敗しました。 スレッドプールからスレッドの取得に失敗しました。エラーの詳細はログを参照してください。
Error サービス {1} はオペレーション {0} をサポートしていません。

設定のオペレーションはNMRから受信するオペレーションと一致していませんでした。

{0}:オペレーション名
{1}:サービス名

Error サービス {1} のオペレーション {0} は MessageExchange {2} のMEPをサポートしていません。

設定のオペレーションのMEPはNMRから受信するMessageExchangeのMEPと一致していませんでした。

{0}:オペレーション名
{1}:サービス名
{2}:MessageExchang ID

Error サービス {0} のMessageExchangeをアップデートするときにエラーが発生しました。

MessageExchangeをアップデートするときにエラーが発生しました。

{0}:サービス名

エラーの詳細はログを参照してください。

Error ルーティング目標を定義されません。 ルーティング目標は指定されていませんでした。Javascriptの実装を確認してください。
Error ルーティング目標サービス名が定義されません。 ルーティング目標のサービス名は指定されていませんでした。Javascriptの実装を確認してください。
Error ルーティング目標エンドポイント名を定義されません。 ルーティング目標のエンドポイント名は指定されていませんでした。Javascriptの実装を確認してください。
Error ルーティング目標のメッセージ パターンを定義されません。 ルーティング目標のMEPは指定されていませんでした。Javascriptの実装を確認してください。
Error Documentを取得する時、異常が発生しています。異常情報:{0}

Xpath使用時に、メッセージがxml形式でありません。

{0}:異常情報

Error XPath:{0} の実行時、異常が発生しました。

指定するXPathがXPath仕様に準拠していません。

{0}:XPath表現式

Error Unsupported ME property Exception: {0} is not supported! The property of prefix 'USER_' or 'ESB_' in ME is expected!

”USER_”と”ESB_”が接頭辞でないMEプロパティが指定されました。

{0}:MEプロパティ名

Error Unsupported data type Exception: {0} data type is not supported!

コンプレックスタイプ(文字列、数字、論理値以外)のプロパティが指定されました。

{0}:プロパティのvalueのクラス名

Error Unsupported operator Exception: the using of Operator [|] is not supported: Its left and right node must be leaf node and using the same NormalizedMessage!

計算符号「|」の両方のXpathが違うNMを操作するときにエラーが発生しました。

2.2.4. UserProcessor SE

コンポーネント名:UserProcessorEngine

エラータイプ ログ出力される情報 説明
Error リクエスト処理のためのスレッドを取得することに失敗しました。 スレッドプールからスレッドの取得に失敗しました。エラーの詳細はログを参照してください。
Error MEPタイプが合わないので、リクエストを処理できません。
リクエストのMEPタイプが{0}です。
期待のMEPタイプが{1}です。

設定のオペレーションのMEPはNMRから受信するMessageExchangeのMEPと一致していませんでした。

{0}:読み込んだMEPパターン
{1}:期待のMEPパターン

Error リクエストされたオペレーションは{0}ですが、期待されるオペレーションは{1}です。

設定のオペレーションはNMRから受信するオペレーションと一致していませんでした。

{0}:読み込んだオペレーション名
{1}:期待のオペレーション名

Error プロセサオブジェクトの生成時か、初期化時かに異常が発生しました。 プロセサがProcessorを実装していません、或いは、初期化にエラーが発生しました。
Error プロセサスレッドの処理に異常が発生しました。 プロセサ実行スレッドの停止にエラーが発生しました。エラーの詳細はログを参照してください。
Error プロセッサタイムアウトが発生しました。 プロセサの実行にタイムアウトが発生しました。プロセサの実装を確認してください、時間がかかりそうの場合はタイムアウト設定値を大きくしてください。
Error プロセサの処理に異常が発生しました。 プロセサの処理に異常が発生しました。プロセサの実装を確認してください。
Error メッセージエクスチェンジのコピー処理に異常が発生しました。 メッセージエクスチェンジのコピー処理に異常が発生しました。エラーの詳細はログを参照してください。