4.4. File、JCA バインディング の利用

4.4.1. 概要

File BCは入力ディレクトリからXMLファイルを取得し、JCA BCから外部のTPBASEに転送し、
応答を出力ディレクトリに保存します。


図4.4.1-1



  1. File BC(Inbound)が入力ディレクトリからファイルを取得します。
  2. File BCは取得したファイルをJCA BC(Outbound)へ転送します。
  3. JCA BCはOLF/TP Adapterへメッセージを送信します。
  4. OLF/TP Adapter と TPBASE が通信を行いビジネス処理が行われます。
  5. JCA BCはFile BCへ応答を返信します。
  6. File BCは応答を出力ディレクトリにファイル出力します。

4.4.2. 構成

ファイル名 説明
04_FileToJCA_SA.zip JCA BC をOutboundで動作させるサンプルです。
proj_04_FileToJCA_SA.zip JCA BC をOutboundで動作させるサービスアセンブリのプロジェクトファイルです。
Developer's Studioにインポートしてご利用ください。
04_JCAToFile_SA.zip JCA BC をInboundで動作させるサンプルです。
proj_04_JCAToFile_SA.zip JCA BC をInboundで動作させるサービスアセンブリのプロジェクトファイルです。
Developer's Studioにインポートしてご利用ください。
JCATest.ap
JCATest.ped
JCATest.trns
JCATest.dll
TPBASE上で動作する業務アプリケーションのファイルです。

4.4.3. 実行手順 - Outbound

実行環境の構築を行い、サンプルを実行します。実行後には環境のクリアを行います。
ここではJCA BC の Outbound サンプル(04_FileToJCA_SA.zip)を動作させる手順を説明します。

環境構築
実行環境の構築を行います。

業務アプリケーションの登録とTPBASEの起動
TPBASEに業務アプリケーションを登録します。
JCATest.ap、JCATest.ped、JCATest.trns を以下のディレクトリにコピーしてください。
    <TPBASE インストールディレクトリ>\catalog
JCATest.dll を適当なディレクトリにコピーし、そのパスをJCATest.trns ファイルの以下の場所に 記述してください。
    TPPLIB <JCATest.dll をコピーしたディレクトリのパス>\JCATest.dll
以下に例を記載します。※D ドライブのTPBASE ディレクトリ配下のJCATest ディレクトリにJCATest.dll をコピーした場合
    TPPLIB D:\TPBASE\JCATest\JCATest.dll
以上で業務プリケーションの登録は完了です。

このあと、TPBASE の起動と業務アプリケーションの起動を行ってください。
TPBASEの詳細な利用方法についてはTPBASE 運用管理ツールのマニュアルを参照してください。

OLF/TP Adapterの配備
サンプルを実行する前にOLF/TP Adapterを配備する必要があります。OLF/TP Adapterの配備は統合運用管理ツールや運用管理コマンドで行うことができます。
詳細はWebOTXマニュアル の「OLF/TP Adapter」-「アプリケーション開発ガイド」を参照してください。

起動状況確認
otxadminでドメインとコンポーネントの起動状況を確認します。
  1. コマンドプロンプトからotxadminを起動します。
    C:\>otxadmin
  2. list-domainsコマンドを実行しドメインの起動状況を確認します。
    otxadmin> list-domains
    domain1 running
    WebOTXAdmin running
    
    domain1がrunningとなっていればドメインは起動しています。
    もしdomain1がnot runningの場合は、start-domainコマンドでdomain1を起動します。
    otxadmin> start-domain domain1
  3. ドメインの起動を確認できたら、loginコマンドでログインを行います。
    otxadmin> login --user <ユーザ名> --password <パスワード>
    domain1を6212ポート以外で運用している場合は、portオプションでポート番号を指定してください。
  4. ログイン後、list-jbi-binding-componentsコマンドで各コンポーネントの起動状況を確認します。
    otxadmin> list-jbi-binding-components
    
     ================================
     List of Binding Components
     ================================
     Name : CORBABinding
     State: Started
     --------------------------------
     Name : FTPBinding
     State: Started
     --------------------------------
     Name : FileBinding
     State: Started
     --------------------------------
     (中略)
     --------------------------------
     Name : SOAPBinding
     State: Started
     --------------------------------
    
    FileBindingとJCABindingがstartedになっていることを確認します。
    もしStoppedになっている場合は、start-jbi-componentコマンドで起動します。
    otxadmin> start-jbi-component FileBinding
配備
04_FileToJCA_SA.zipの配備を行います。

配備には環境に応じて以下の3種類の方法があります。
  1. WebOTX Developer's Studioが利用できる場合
  2. WebOTX Developer's Studioがなく、統合運用管理ツールが利用できる場合
  3. WebOTX Developer's Studio、統合運用管理ツールいずれも利用できない場合
(1)Developer's Studioによる配備
  1. Developer's Studioを起動します。
  2. ヘルプメニューからヘルプ目次をクリックします。
  3. 目次から、WebOTX Help > アプリケーション開発ガイド > サービスインテグレーション > ESBによるサービス統合 > サンプル集を開きます。
    表から proj_04_FileToJCA_SA.zip をクリックすることで、プロジェクトをインポートします。
  4. UNIX環境で実行する場合はFile BCの設定を変更する必要があります。
    パッケージ・エクスプローラからFileSUをダブルクリックしてSUエディタを開き、エンドポイントを選択します。
    入力ファイル格納ディレクトリ、出力ファイル格納ディレクトリ、処理ディレクトリを適切に修正してください。
  5. パッケージエクスプローラからプロジェクトを右クリックし、実行 > サーバーで実行 を選択します。
  6. 配備先のサーバーを選択し、配備を行います。
次へ

(2)統合運用管理ツールによる配備
  1. 04_FileToJCA_SA.zip を適当なディレクトリに保存します。
  2. 統合運用管理ツールを起動します。
  3. domain1を右クリックし接続を選択します。ユーザ名、パスワードを入力し接続ボタンをクリックします。
  4. domain1配下のアプリケーションサーバ > ESB > サービスアセンブリを右クリックしサービスアセンブリの配備を選択します。
  5. 参照ボタンから 04_FileToJCA_SA.zip を選択します。
    WebOTX AS Standard/Enterpriseのアドバンスドモードの場合は、アプリケーショングループとプロセスグループを指定します。
    配備ボタンを押すと配備が実行されます。
    ただしUNIX環境で実行する場合は配備ボタンでなく次へボタンを押します。
    FileSUエンドポイントを選択し、各ディレクトリパスを修正してください。
次へ

(3)otxadminによる配備
  1. 04_FileToJCA_SA.zip を適当なディレクトリに保存します。
  2. otxadminを起動し、ログインします。
  3. deploy-jbi-service-assembly コマンドで 04_FileToJCA_SA.zip の配備を行います。
    WebOTX AS Express、もしくはWebOTX AS Standard/Enterpriseのスタンダードモードの場合は以下を実行します。
    otxadmin> deploy-jbi-service-assembly <04_FileToJCA_SA.zipへのパス>
    WebOTX AS Standard/Enterpriseのアドバンスドモードの場合は以下を実行します。
    otxadmin> deploy-jbi-service-assembly --apgroup <アプリケーショングループ名> --pgroup <プロセスグループ名> <04_FileToJCA_SA.zipへのパス>
    ただしUNIX環境で実行する場合は --modify=true オプションを指定して File SUのエンドポイントの各ディレクトリパスを修正します。
サービスアセンブリの起動
統合運用管理ツールもしくはotxadminから、配備したサービスアセンブリを起動します。
(1)統合運用管理ツールによる起動
  1. アプリケーションサーバ > ESB > サービスアセンブリ > FileToJCA_SAを右クリックし起動を選択します。
(2)otxadminによる起動
  1. start-jbi-service-assemblyコマンドを実行します。
    otxadmin> start-jbi-service-assembly FileToJCA_SA

実行
入力ディレクトリにファイルを投入し、応答の出力ファイルを確認します。
  1. 04_TestData.xmlD:\WebOTX\domains\domain1\logs\tmp\input\inputxmlにコピーします。
  2. D:\WebOTX\domains\domain1\logs\tmp\outputout_04_TestData_***.xmlが生成されていることを確認します。XMLの内容は以下です。
    <record pattern="out">
        <mappedrecord name="">
        </mappedrecord>
    </record>
    

メッセージログの確認
メッセージログを確認し、送信されたメッセージを確認します。
メッセージログ機能については2.16. メッセージログ機能の利用を参照してください。

環境クリア
配備したサービスアセンブリを配備解除し、
入出力に使用したディレクトリの削除を行います。
配備解除には環境に応じて以下の3種類の方法があります。

(1)Developer's Studioによる配備解除
  1. ウィンドウ > ビューの表示 > サーバー を選択します。
  2. 表示されたサーバーのビューから配備したサービスアセンブリを右クリックし、除去を選択します。
(2)統合運用管理ツールによる配備解除
  1. アプリケーションサーバ > ESB > サービスアセンブリ > FileToJCA_SAを右クリックし、シャットダウンを選択します。
  2. シャットダウン完了後、再びFileToJCA_SAを右クリックし配備解除を選択します。
(3)otxadminによる配備解除
  1. shut-down-jbi-service-assemblyコマンドでFileToJCA_SAをシャットダウンします。
    otxadmin> shut-down-jbi-service-assembly FileToJCA_SA
  2. undeploy-jbi-service-assemblyコマンドでFileToJCA_SAを配備解除します。
    otxadmin> undeploy-jbi-service-assembly FileToJCA_SA
入出力ディレクトリの削除
  1. D:\WebOTX\domains\domain1\logs\tmpディレクトリを削除します。

4.4.4. 実行手順 - Inbound

実行環境の構築を行い、サンプルを実行します。実行後には環境のクリアを行います。
ここではJCA BC の Inbound サンプル(04_JCAToFile_SA.zip)を動作させる手順を説明します。

環境構築
実行環境の構築を行います。

起動状況確認
Outboundの場合と同様です。

配備
Outboundの場合と同様に、04_JCAToFile_SA.zipを配備します。

実行
TPBASE からOLF/TP Adapterに電文を送信します。
File SUに設定した出力ディレクトリにXMLファイルが生成されます。

メッセージログの確認
メッセージログを確認し、送信されたメッセージを確認します。
メッセージログ機能については2.16. メッセージログ機能の利用を参照してください。

環境クリア
Outboundの場合と同様です。

4.4.5. 注意事項

特になし。