1. 使用上の条件

本章では、WebOTX Developerを利用するために必要なメモリ容量、固定ディスク空き容量などのハードウェア・リソースと、動作対象オペレーティング・システムやJava、データベース・サーバなどのソフトウェアについて説明します。

1.1. 必要リソース

ここでは、WebOTX Developerをインストールするために必要な固定ディスク空き容量と、インストール中、およびインストール後の初期動作で必要なメモリ容量について説明します。

下記に示すメモリ容量は、インストール時に既定値を選択して動作させた場合を表しています。

ハード ディスク容量は、選択インストール可能な機能やプロダクトを全てインストールした場合を表しています。 ただし、CコンパイラやJ2SE SDKなどの関連ソフトウェアのディスク消費量は含まれていません。

表1.1-1
プラットフォーム メモリ ハード ディスク
Windows - Intel x86
Windows - Intel 64
Linux - Intel x86
Linux - Intel 64
最小 128 MB、推奨 256 MB以上 200 MB
HP-UX - Itanium
最小 128 MB、推奨 256 MB以上 300 MB

1.2. ソフトウェア条件について

サポートするオペレーティング・システム(OS)とハードウェア、および、利用するために必要な関連ソフトウェアについて説明します。

1.2.1. オペレーティング・システム

動作対象であるオペレーティング・システムとハードウェアの対応を以下に示します。

1.2.2. Java SE Development Kit

サポートするSDKバージョンは次のとおりです。

適用するJ2SE SDKバージョンの注意・制限事項や動作対象OSに関しては、[ セットアップガイド > 1. 使用上の条件 > 1.2. ソフトウェア条件について > 1.2.2. Java SE Development Kit ] を参照してください。

1.2.3. C++アプリケーション開発

ここでは、WebOTX Developer (for CORBA Application)を使用して、C/C++ プログラミング言語でアプリケーション開発を行う場合に対応しているソフトウェアを説明します。

下の表は、WebOTXの動作対象となる C++ アプリケーション開発において、必要な C++ コンパイラのバージョンを示しています。

表1.2.3-1
OSプラットフォーム C++コンパイラ
Windows x86 Visual C++ 2008
Visual C++ 2010 (SP1)
Visual C++ 2012 (Update3)
Visual C++ 2013 (Update3)
x64 Visual C++ 2008
Visual C++ 2010 (SP1)
Visual C++ 2012 (Update3)
Visual C++ 2013 (Update3)
HP-UX Itanium 2
(11i v2, 11i v3)
ANSI C++ A.05.xx、および、A.06.xx
Linux x86 gcc 4.1
gcc 4.4
x64 gcc 4.1
gcc 4.4
gcc 4.8

(※) 32bitアプリケーションは64bitオペレーティング・システム上で動作する事はできません。64bitオペレーティング・システム上では64bitアプリケーションのみをサポートします。
 

1.2.4. 対応ソフトウェア

開発するアプリケーションがサーバ側の実行時環境でデータベース・サーバなどの外部サービスと連携する場合には、必要に応じて開発環境に利用する外部サービスから提供されるライブラリやドライバを準備することになります。

対応しているサーバ製品に関しては、[ セットアップガイド > 1. 使用上の条件 > 1.2. ソフトウェア条件について > 1.2.5. 対応ソフトウェア ] を参照してください。