3.1. Windows版のアンインストール

本ソフトウェアのWindows環境におけるアンインストール方法について説明します。

3.1.1. アンインストール前の作業

WebOTX Batch Serverのアンインストールには管理者権限が必要です。管理者権限を持つユーザ、もしくは管理者として実行してください。

3.1.1.1. プロセスの停止

本製品のアンインストールを行う前に、全てのドメインを停止させてください。

関連

3.1.2. アンインストール

WebOTX BS、Administrator、および、Clientのアンインストール手順は同じです。

ここでは、「WebOTX Batch Server」を例に説明します。

  1. アンインストーラを起動します。
    以下のいずれかの手順により、アンインストーラを起動させてください。
  2. アンインストール画面が表示されます。「次へ」ボタンを押してください。

  3. アンインストール準備画面
    図3.1.2-1


  4. 「削除」を選択して、「次へ」ボタンを押してください。

  5. 削除選択画面
    図3.1.2-2


  6. 「定義情報の削除」のチェックボックスにチェックを入れて、「次へ」ボタンを押してください。
    ただし、アンインストールする製品以外のWebOTX 製品がマシンにインストールされている場合には、「定義情報の削除」をチェックしないでください。

  7. 定義情報削除選択画面
    図3.1.2-3


  8. 「削除」ボタンをおしてアンインストールを実行ください。

  9. アンインストール確認画面
    図3.1.2-4


  10. 以下のような画面が表示されればアンインストールが実行されています。

  11. アンインストール実行画面
    図3.1.2-5


  12. アンインストールが終了すると以下の画面が表示されます。「完了」ボタンを押してアンインストーラを終了してください。

  13. アンインストール終了画面
    図3.1.2-6


  14. WebOTX Batch Server のアンインストールにはシステムの再起動が必要です。
    再起動を促す以下の画面が表示されたら、すぐに再起動する場合は「はい」ボタンを、後で手動で再起動する場合は「いいえ」ボタンを押してください。
    再起動を行えば、アンインストールは完了です。

    再起動画面
    図3.1.2-7


Caution

3.1.3. マニュアルのアンインストール

  1. アンインストーラを起動します。
    以下のいずれかの手順により、アンインストーラを起動させてください。
  2. Windowsインストーラが起動し、WebOTX Manualのアンインストールが始まります。
    画面の指示にしたがって、アンインストール処理を続行してください。
     
  3. ファイルの削除が終了すると、WebOTX Manualのアンインストールが完了します。

以上で WebOTX マニュアルのアンインストールは完了です。

3.1.4. アンインストール後の作業

3.1.4.1. アンインストーラにより削除されないファイルの削除

アンインストーラによるアンインストール作業では、インストール後に作成されたファイルは削除されません。
(インストール後に作成されたファイルとしては、ドメインやジョブ、コンテナの定義、設定ファイル、及び実行ログ等が該当します)

これらのファイルが不要な場合は、以下の例を参考に削除を行ってください。

(例)

C:\WebOTX>rmdir /s batch
batch、よろしいですか (Y/N)? y

以上でWindows版のアンインストール作業は終了です。