<バッチコンテナ名>

説明

作成したバッチコンテナの起動操作や属性の設定を行うことができます。

CLIName

domain.bssystem.batch-containers.<バッチコンテナ名>

オペレーション一覧
開始
停止
削除
コンテナプロセスの追加
コンテナプロセスの削除
属性一覧
属性
名前
状態
自動起動
プロセス多重度
プロセス所有者
最大スレッド数
起動時Javaオプション
環境変数
コンテナ毎のログ設定を有効化
Javaヒープメモリの閾値
パーマネント領域の閾値
ログレベルを永続化
BSログレベル
BSログ世代数
BSログ最大ファイルサイズ
BS環境情報ログレベル
BS環境情報ログ世代数
BS環境情報ログ最大ファイルサイズ
全ジョブの実行ログ世代数
全ジョブの実行ログ最大ファイルサイズ
コンテナプロキシログレベル
WebOTX 共通モジュールのログレベル
JDBC DataSource モジュールのログレベル
JDBC Driver モジュールのログレベル
JTAモジュールのログレベル
Object Broker モジュールのログレベル
振分制御
ジョブリクエスト受領条件

オペレーション一覧

開始

説明

コンテナを起動します。

関連

停止

説明

コンテナを停止します。

パラメータ
停止 パラメータ一覧
表示名 説明
停止モード 停止モードを指定します。NORMAL、TRANSACTIONAL、FORCEのいずれかを指定します。
タイムアウト コンテナの停止完了を待ち合わせる上限時間です。0を指定するとタイムアウトしません。(単位:秒)
関連

削除

説明

コンテナを削除します。

関連

コンテナプロセスの追加

説明

コンテナプロセスを追加します。コンテナが起動状態の場合は、追加したプロセスも起動させます。

パラメータ
コンテナプロセスの追加 パラメータ一覧
表示名 説明
追加プロセス数 追加するプロセスの数を指定します。[1-16]の数値を指定します。
関連

コンテナプロセスの削除

説明

コンテナプロセスを削除します。コンテナが起動状態の場合は、起動している余分なプロセスを(コンテナプロセス識別子の値が大きなものから)停止させます。

パラメータ
コンテナプロセスの削除 パラメータ一覧
表示名 説明
削除プロセス数 削除するプロセスの数を指定します。[1-16]の数値を指定します。
関連

属性一覧

属性

名前

説明

コンテナ名です。

関連

状態

説明

コンテナの現在の状態です。

関連

自動起動

説明

自動起動にした場合(trueの場合)、ドメイン起動時にこのコンテナを起動します。

関連

プロセス多重度

説明

コンテナプロセスの多重度を指定します。

関連

プロセス所有者

説明

コンテナプロセスの所有者を指定します。

関連

最大スレッド数

説明

既定値のWorkManagerの最大スレッド数です。

関連

起動時Javaオプション

説明

VMオプション、Javaシステムプロパティ等を指定します。「KEY=VALUE」の形式で指定してください。

関連

環境変数

説明

コンテナプロセス起動時に追加する環境変数を指定します。「KEY=VALUE」の形式で指定してください。

関連

コンテナ毎のログ設定を有効化

説明

有効にした場合(trueの場合)、コンテナ毎のログ設定ファイルを利用します。

関連

Javaヒープメモリの閾値

説明

警告を発行するJavaヒープサイズの使用率の閾値を指定します。0を指定すると監視を行いません。(単位:%)

関連

パーマネント領域の閾値

説明

警告を発行するパーマネント領域の使用率の閾値を指定します。0を指定すると監視を行いません。(単位:%)

関連

ログレベルを永続化

説明

コンテナのログレベル変更を永続化するかどうかを設定します。

関連

BSログレベル

説明

Batch Server のログレベルを設定します。

関連

BSログ世代数

説明

LOGS_DIR/batch/<containerName>/<containerName>_<seq>.log の世代数を指定します。

関連

BSログ最大ファイルサイズ

説明

LOGS_DIR/batch/<containerName>/<containerName>_<seq>.log の最大ファイルサイズを指定します。

関連

BS環境情報ログレベル

説明

Batch Server 環境ログのログレベルを設定します。

関連

BS環境情報ログ世代数

説明

LOGS_DIR/batch/<containerName>/environments_<seq>.log の世代数を指定します。

関連

BS環境情報ログ最大ファイルサイズ

説明

LOGS_DIR/batch/<containerName>/environments_<seq>.log の最大ファイルサイズを指定します。

関連

全ジョブの実行ログ世代数

説明

LOGS_DIR/batch/<containerName>/allExecution_<seq>.log の世代数を指定します。

関連

全ジョブの実行ログ最大ファイルサイズ

説明

LOGS_DIR/batch/<containerName>/allExecution_<seq>.log の最大ファイルサイズを指定します。

関連

コンテナプロキシログレベル

説明

Batch Server プロキシログのログレベルを設定します。

関連

WebOTX 共通モジュールのログレベル

説明

WebOTX 共通モジュールのログレベルを設定します。

関連

JDBC DataSource モジュールのログレベル

説明

JDBC DataSource モジュールのログレベルを設定します。

関連

JDBC Driver モジュールのログレベル

説明

JDBC Driver モジュールのログレベルを設定します。

関連

JTAモジュールのログレベル

説明

JTAモジュールのログレベルを設定します。

関連

Object Broker モジュールのログレベル

説明

Object Broker モジュールのログレベルを設定します。

関連

振分制御

ジョブリクエスト受領条件

説明

ジョブリクエスト受領条件は、受け入れるジョブリクエストの条件を表す文字列の配列です。配列の要素には、ジョブリクエストパスパターンを指定することも可能です。配列の要素に=が含まれている場合、ジョブリクエストパラメータと解釈します。その他の場合はジョブリクエストパスパターンと解釈します。

関連