1. 使用上の条件

本章では、WebOTX Batch Server (WebOTX BS)を利用するために必要なメモリ容量、固定ディスク空き容量などのハードウェア・リソースと、動作対象オペレーティング・システムやJava、データベース・サーバなどのソフトウェアについて説明します。

1.1. 必要リソース

ここでは、インストールするために必要な固定ディスク空き容量と、インストール中、およびインストール後の初期動作で必要なメモリ容量について説明します。
下記の点にご注意ください。

1.1.1. WebOTX Batch Server

プラットフォーム メモリ ハード ディスク
Windows - x64 推奨  1 GB以上 200 MB
Linux - x86 推奨  1 GB以上 200 MB
Linux - x64 推奨  1 GB以上 200 MB

1.2. ソフトウェア条件について

サポート対象のオペレーティング・システム(OS)とハードウェア、および、関連ソフトウェアについて説明します。

1.2.1. ハードウェア

製品のサポート対象であるハードウェアを以下に示します。

ハードウェア
Express 5800、5800/1000 シリーズ、PC/AT 互換機

同時実行ジョブ数+同時起動ドメインエージェント数程度のCPUコア数が利用可能なマシン環境を推奨

1.2.2. オペレーティング・システム

製品のサポート対象であるオペレーティング・システムとハードウェアの対応を以下に示します。

Windows
アーキテクチャ オペレーティング・システム
Intel x64 Windows Server® 2008 R2 Standard
Windows Server® 2008 R2 Enterprise
Windows Server® 2008 R2 Datacenter
Windows Server® 2012 Standard
Windows Server® 2012 Datacenter
Windows Server® 2012 R2 Standard
Windows Server® 2012 R2 Datacenter
Linux
アーキテクチャ オペレーティング・システム
Intel x86 Red Hat Enterprise Linux 5
Red Hat Enterprise Linux AP 5
Red Hat Enterprise Linux 6 Server (6.1以降)
Intel x86_64 Red Hat Enterprise Linux 5
Red Hat Enterprise Linux AP 5
Red Hat Enterprise Linux 6 Server (6.1以降)

1.2.3. Java

1.2.4. データベース