message.deny

説明

ログに出力させたくない不要なメッセージを抑止するための設定ファイルです。
メッセージIDを指定することにより、ログにメッセージを出力しません。

パス

${DOMAIN_HOME}/config/batch/logging/message.deny

書式

下記の書式で記述します。複数設定する場合は改行して記述します。

<メッセージID>
設定例
000001
100002

メッセージID

説明

WebOTX Batch Server のメッセージIDです。

WebOTX Batch Server のメッセージコードは以下のフォーマットで構成されています。

<メッセージヘッダ><カテゴリ><シーケンス>

例: メッセージコード BS240110001 のメッセージヘッダ、カテゴリ、シーケンスは以下になります。

本ファイルでは、メッセージIDとして上記のメッセージヘッダを除いた文字列を指定してください。

既定値

なし

設定可能値/範囲

メッセージIDについてはメッセージコードリファレンスを参照してください。

設定方法

テキストエディタでファイルを開き、直接編集します。
設定を反映させる為には、ドメインを再起動する必要があります。

決定基準/導出式

環境に応じて適切な値を設定してください。

設定値に関する備考

特になし

関連パラメータ

特になし