setupenv

概要

初期の環境設定を行うコマンドです。
WebOTX Batch Serverのインストールディレクトリ、および、JDK (Java Development Kit) のインストールディレクトリ の絶対パスを設定します。

本コマンドはインストール時にインストーラにより実行される為、通常利用者自らが実行することのない内部コマンドです。
引数に指定できる文字列は各OSでパス文字列として使用できるもののみです。本コマンド自体は引数の妥当性チェックは行いません。

権限

本コマンドは権限管理の対象外です。

書式
setupenv ${BS_HOME} ${JAVA_HOME}
コマンドオプション
コマンド引数一覧
引数名 説明
${BS_HOME} WebOTX Batch Serverのインストールディレクトリの絶対パス指定します。

例 : C:/WebOTX/batch/
${JAVA_HOME} JDK (Java Development Kit) のインストールディレクトリ の絶対パス

例 : C:/Java/jdk1.6.0_17/
戻り値
戻り値一覧
戻り値 説明
0 正常終了
1 設定に失敗
2 指定する引数が足りていない場合や、多すぎる場合に返されます。
代表的な例として、スペース等のエスケープ不備があります。
実行例
C:\WebOTX\batch\bin\setup\> setupenv.cmd C:\WebOTX\batch C:\Java\jdk1.6.0_17\

C:\WebOTX\batch\bin\setup\>
[root@localhost setup]# setupenv.sh /opt/WebOTX/batch/ /usr/local/jdk/jdk1.6.0_17/

[root@localhost setup]#
関連