4. アプリケーションクライアントの開発

4.1. チュートリアル

本節では、アプリケーションクライアントについて記述しています。
以下の手順により、簡単なアプリケーションクライアントを作成できます。

4.1.1. アプリケーションクライアントアプリケーションの作成

アプリケーションクライアントプロジェクト生成ウィザードを利用して、アプリケーションクライアントを作成します。
メニュー  ファイル > 新規 > プロジェクト を選択して、新規プロジェクト画面を開きます。
Java EE > アプリケーション・クライアント・プロジェクトを選択して、次へ をクリックします。


図4.1.1-1

アプリケーション・クライアント・プロジェクト 画面が表示されます。
プロジェクト名に新規プロジェクト名SampleApplicationClientを入力して、

ターゲット・ランタイム でWebOTX Application Server v9(Local Default)を選択します。

アプリケーション・クライアント・モジュール バージョン が自動的に6.0となるのを確認してください。

ターゲット・ランタイム にWebOTXサーバーランタイムがない場合、 [ アプリケーション開発ガイド(概要) > 1. Developer(with Developer's Studio) > 1.2. 環境設定 > 1.2.4. テスト用サーバの設定 > 1.2.4.1. WebOTXランタイムの設定 ] を参照してください。  

変更 をクリックします。 


図4.1.1-2

 
プロジェクト・ファセット画面が表示されます。
Java ファセットのバージョンが1.6で 、アプリケーション・クライアント・プロジェクトが6.0で、
ランタイムリストにWebOTX Application Server v9(Local Default)がONの状態を確認ください。
OK をクリックします。


図4.1.1-3

アプリケーション・クライアント・プロジェクト画面へ戻ります。
表示されたアプリケーション・クライアント・プロジェクト画面に 次へ をクリックします。
Java画面が表示されます。
次へ をクリックします。


図4.1.1-4

アプリケーション・クライアント・モジュール画面が表示されます。
完了 をクリックします。


図4.1.1-5

プロジェクトSampleApplicationClientが作成されます。


図4.1.1-6