10.5.2. JSF アプリケーション

10.5.2.1. 概要

JPAを利用するJSFアプリケーションのサンプルを提供します。サンプルの作成については [10.1. チュートリアル > 10.1.4. JSF アプリケーションの作成] を参照してください。

10.5.2.2. 構成

表10.5.2.2-1
プロジェクト名
プロジェクト説明
JpaJsfSample
JPAを利用するJSFプロジェクト

10.5.2.3. 実行手順

  1. サンプルを実行する事前に、WebOTXのインストルパス下のdomains/domain1/lib/extにderbyのドライバーが存在することの確認してください。
  2. サンプルプロジェクト JpaJsfSample.zip をインポートします。
  3. プロジェクトJpaJsfSampleを右クリック、Jpaツール > persistence.xmlへDBを接続をクリックし、ポップアプした画面で、 新規Derby を選択し、完了ボタンをクリックします。


    図10.5.2.3-1

  4. 新規Derbyを接続し、デフォルトスキーマでStudentテーブルが存在することを確認します。 テーブルが存在しない場合、プロジェクトのsrcフォルダー下のcreateTable.sqlを利用して、テーブルを作成します。 作成手順は10.1.1.3. テーブルの生成を参照してください。
    確認後、新規Derbyへの接続を切断してください。
  5. JpaJsfSampleをWebOTXサーバーへ配備します。
    (1) サーバービューでWebOTXサーバーを選択して、右クリック > プロジェクトの追加および除去 を選択します。 (WebOTXサーバーがない場合、 [ アプリケーション開発ガイド(概要) > 1. Developer(with Developer's Studio) > 1.2. 環境設定 > 1.2.4. テスト用サーバの設定 > 1.2.4.2. WebOTXサーバーの新規作成 ] を参照してください。)
    (2) 開いた プロジェクトの追加および除去 画面に、JpaJsfSampleを 構成プロジェクト に追加し、終了します 。
    (3) WebOTXサーバーの右クリック > 開始 を選択します 。
    (4) コンソールビューの「アプリケーションは JpaJsfSample という名前で配備されました。」というメッセージを確認してください。
  6. JSFアプリケーションをアクセスします。
    ブラウザで、「http://localhost/JpaJsfSample/faces/page/Student.xhtml」をアクセスします。
    以下の結果が表示されます。


図10.5.2.3-2

10.5.2.4. 注意事項

特にありません。