1.8. サンプル集(WS-Security)

WS-Securityの機能を利用したWebサービスのサンプルについて説明します。

各サンプルに含まれるソースファイル(Eclipseプロジェクト形式)はWebOTXがデフォルトの C:\WebOTX へインストールされていることを想定しています。

1. SecuremasterTokenを使用するサービス

SecuremasterTokenによる認証を利用したWebサービスについてのサンプルです。詳細は、[ 1.2. プログラミング・開発ガイド > 1.2.13. WS-Security ]で説明しています。

(サンプルプロジェクト SecuremasterService.zip

2. UsernameTokenを使用するサービス

UsernameTokenによる認証を利用したWebサービスについてのサンプルです。詳細は、[ 1.2. プログラミング・開発ガイド > 1.2.13. WS-Security ]で説明しています。

(サンプルプロジェクト UsernameService.zip

3. X509Tokenを使用するサービス

X509Tokenによる認証を利用したWebサービスについてのサンプルです。 詳細は、[ 1.2. プログラミング・開発ガイド > 1.2.13. WS-Security ]で説明しています。

(サンプルプロジェクト CertificateService.zip