1.3.7. XSLT関数サンプル

1.3.7.1. 概要

XSLT関数により、作成したサンプルプロジェクトです。 XMLマッピングで「関数の編集」機能で提供しているXSLT基本の関数の利用方法を示します。

1.3.7.2. 構成

表1.3.7.2-1
XSLTFunction プロジェクト名
data/関数類フォルダ/関数名フォルダ 関数類の関数名毎によって、変換元のXMLファイルと変換先のXMLファイル
schema/関数類フォルダ/関数名フォルダ 関数類の関数名毎によって、ソーススキーマファイルとターゲットスキーマファイル
xmlmapping/関数類フォルダ/関数名.xmf 関数類の関数名毎によって、XMLマッピングファイル
xsl/関数類フォルダ/関数名.xsl 関数類の関数名毎によって、XSLファイル

関数類と関数名リスト
表1.3.7.2-2
関数類名称 対応なフォルダ名  関数名  対応なフォルダ・ファイル名
数値 Numbers + addition
- subtraction
div div
mod mod
語彙構造 LexicalStructure lexical_structure
ブール代数 Booleans or or
and and
= equal
!= unequal
< [&lt;] lessthan
<= [&lt;=] lessthan_equal
> [&gt;] bigger
>= [&gt;=] bigger_equal
ノード設定関数 NodeSet last() last
position() position
count(node-set) count
id(object) id
local-name(node-set?) local_name
namespace-uri(node-set?) namesp_uri
name(node-set?) name
文字列関数 String concat(string,string, string*) concat
starts-with(string,string) starts_with
contains(string,string) contains
substring-before(string,string) substring_before
substring-after(string,string) substring_after
substring(string,number, number?) substring
string-length(string?) string_length
normalize-space(string?) normalize_space
translate(string,string, string) translate
ブール代数関数 Boolean not(boolean) not
true() true
false() false
lang(string) lang
数値関数 Number number(object?) number
sum(node-set) sum
floor(number) floor
ceiling(number) ceiling
round(number) round
その他 Others document(object,node-set?) document
key(string,object) key
format-number(number,string, string?) format_number
current() current
unparsed-entity-uri(string) unparsed_entity_uri
generate-id(node-set?) generate_id
system-property(string) system_property
element-available(string) element_available
function-available(string) function_available


1.3.7.3. 実行手順

  1. サンプルプロジェクト XSLTFunction.zip をインポートします。
  2. 関数名.xmfを開いて、メニュー 実行 > 実行構成 をクリックして、実行構成  ダイアログが表示します。
  3. XMLマッピング をダブルクリックして、新規構成 を作成します。
  4. 新規構成 で、変換元のXMLファイル に「\XSLTFunction\data\関数類フォルダ\関数名フォルダ\input.xml」を入力し、変換先のXMLファイル に「\XSLTFunction\data\関数類フォルダ\関数名フォルダ\output.xml」を入力し、XSLファイル に「\XSLTFunction\xsl\関数類フォルダ\関数名.xsl」を入力します。
  5. 実行 をクリックすると、output.xmlファイルが更新されます。

1.3.7.4. 注意事項

特になし。