Webサーバが出力するログ情報について

WebOTX Webサーバ で出力するログ情報には、 クライアントからアクセス情報が記録される [access.log]ファイルと、 Webサーバ内部の情報メッセージやエラーメッセージが記録される [error.log]ファイルがあります。

 
access.log のフォーマットと出力内容
出力先

access.log は、以下に出力されます。

  <domainフォルダ>\logs\web\access.log(Windows)
  <domainフォルダ>/logs/web/access_log(UNIX)

フォーマット

access.log の出力フォーマットは、既定値で

  LogFormat "%h %l %u %t \"%r\" %>s %b" common

と設定されています。
各出力情報の意味は次の通りです。

フォーマット文字列 説明
%h アクセスしてきたクライアントのホスト名 またはIPアドレスを表示します。
%l (identdが有効の場合)クライアントの識別情報を表示します。
%u (HTTP認証処理が行われた場合)認証ユーザ名を表示します。
%t クライアントがコンテンツにアクセスした時刻を表示します。
%r クライアントから送信されたリクエスト(の1行目) を表示します。
%s Webサーバで処理を行った結果、クライアントに送信した レスポンスステータス(HTTPステータスコード)を表示します。 200 は正常終了を意味します。
%b クライアントに送信したレスポンスデータのバイト数 (ヘッダ情報を除く)を表示します。
出力内容

access.log は、デフォルトで次の情報が出力されます。

(ホスト名またはIPアドレス) (識別情報) (認証ユーザ名) (時刻) (リクエスト) (ステータス) (バイト数)

(access.log の出力例)
yourhost.yourdomain.com - webotx [30/06/2007:12:00:01 +0900] "GET /auth HTTP/1.1" 200 524
xx.xx.xx.xx - - [30/06/2007:12:00:02 +0900] "GET /basic/ HTTP/1.1" 200 310
yy.yy.yy.yy - - [30/06/2007:12:00:02 +0900] "POST /cgi-bin/test.cgi HTTP/1.1" 200 1177
xx.xx.xx.xx - - [30/06/2007:12:00:03 +0900] "GET /basic/ HTTP/1.1" 304 -
...

access.log の出力内容は、httpd.conf の LogFormat 指示子により決定します。
例えば、デフォルトの出力内容に「リクエスト応答時間(秒)」 (フォーマット文字列は %T)を追加する場合、 LogFormat指示子を次のように変更します。

  LogFormat "%h %l %u %t \"%r\" %>s %b %T" common

また、access.log はWebサーバ側での処理が完了したタイミング (クライアントにレスポンスを返却するタイミング)で情報を access.log ファイルに出力します。

主なHTTPステータスコード
HTTPステータスコード 理由 説明
200 OK (正常終了)正常にコンテンツの読み込みが成功した
304 Not Modified (リダイレクト)コンテンツがブラウザのキャッシュと同一であり、 新たな読み込みは 行わなかった。
401 Unauthorized (ユーザ認証がない)認証に失敗した
403 Forbidden (アクセス拒否)アクセスが許可されていない コンテンツの読み込みを行った。
404 Not Found (リソースが不明)指定された URL は存在しない。
500 Internal Serer Error (サーバエラー)サーバ内(のCGI/シェル/サーブレット等)で エラーが発生し、処理を中断した。
 
error.log の出力内容
出力先

error.log は、以下に出力されます。

  <domainフォルダ>\logs\web\error.log(Windows)
  <domainフォルダ>/logs/web/error_log(UNIX)

出力内容

error.log の出力内容としては、次の情報が出力されます。
フォーマットは固定であり、通常「(時刻) (エラーレベル) (メッセージ)」 で構成されます。



例えば、UNIXの場合、スタートアップ/シャットダウンメッセージは、 以下のように出力されます。

(error.log の出力例)
[Sun Jun 03 15:52:50 2007] [notice] WebOTX_Web_Server/2.0.59 (Unix) configured -- resuming normal operations
...
[Sun Jun 03 18:15:43 2007] [notice] caught SIGTERM, shutting down
ログレベル

error.log に出力される内容は、LogLevel指示子により その詳細度を変更することができます。
既定値はwarnです。

ログレベル 説明
emerg 緊急事態(システムが不安定)
alert 即時対応が必要な警告
crit 深刻な状況
error エラーメッセージ
warn 警告メッセージ
notice 正常だが重要な情報
info 情報メッセージ
debug デバッグ情報



関連情報