4. 動作確認

本章では、セットアップしたWebOTX Enterprise Service Bus(以降 WebOTX ESB)が正しく動作するかを確認する方法について説明します。 WebOTX ESBの動作確認では、前提として、事前にWebOTX AS (Express〜Enterprise)の起動が完了してから行います。

4.1. Windows

WindowsプラットフォームのWebOTX ESBについて動作確認の方法を説明します。

このプラットフォームの場合、WebOTXセットアップ中にWebOTXのサービスが既定値で「自動」としてWindowsサービスへ登録されます。 そのため、セットアップ後にマシンを再起動し終えた状態においては、現在、WebOTXサービスが自動的に開始されています。

はじめに、WebOTX ASの動作確認を [ Application Server > セットアップガイド > 4. 動作確認 > 4.1. Windows ] を参照して行います。

続いて、WebOTX ESBが正しく動作していることを確認します。

  1. 運用管理コマンドからログインします。
  2. otxadmin> login --user admin --password adminadmin --host localhost --port 6212
    ※ "adminadmin"はdomain1のデフォルトのパスワードです。"6212"はdomain1のデフォルトの運用管理ポートです。
    
  3. サービスエンジンの起動を確認します。
  4. otxadmin> list-jbi-service-engines
    

    以下のように出力されます。

    ================================
    List of Service Engines
    ================================
    Name : CBREngine
    State: Started
    --------------------------------
    Name : SequencingEngine
    State: Started
    --------------------------------
    Name : UserProcessorEngine
    State: Started
    --------------------------------
    Name : XSLTEngine
    State: Started
    --------------------------------
    コマンド list-jbi-service-engines は正常に実行されました。
    

    存在しない機能や状態がstop,shutdown など起動していない機能がある場合は手順が間違っていないかを確認してください。

  5. バインディングコンポーネントの起動を確認します。
  6. otxadmin> list-jbi-binding-components
    

    以下のように出力されます。

    ================================
    List of Binding Components
    ================================
    Name : CORBABinding
    State: Started
    --------------------------------
    Name : FTPBinding
    State: Started
    --------------------------------
    Name : FileBinding
    State: Started
    --------------------------------
    Name : HL7Binding
    State: Started
    --------------------------------
    Name : HTTPBinding
    State: Started
    --------------------------------
    Name : JCABinding
    State: Started
    --------------------------------
    Name : JDBCBinding
    State: Started
    --------------------------------
    Name : JMSBinding
    State: Started
    --------------------------------
    Name : ProxyBinding
    State: Started
    --------------------------------
    Name : RMIBinding
    State: Started
    --------------------------------
    Name : SOAPBinding
    State: Started
    --------------------------------
    Name : SalesforceBinding
    State: Started
    --------------------------------
    Name : TCPIPBinding
    State: Started
    --------------------------------
    コマンド list-jbi-binding-components は正常に実行されました。
    

    存在しない機能や状態がstop,shutdown など起動していない機能がある場合は手順が間違っていないかを確認してください。

  7. 「exit」を入力して終了します。
  8. otxadmin> exit
    

全てのサービスエンジン、バインディングコンポーネントの状態が起動(started)であれば正常にインストールが完了し、動作しています。

以上が確認できれば、正しくインストールされています。

4.2. HP-UX、Linux

HP-UX、LinuxプラットフォームのWebOTX ESBについて動作確認の方法を説明します。

このプラットフォームの場合、WebOTXセットアップ中にWebOTXのサービスが /etc/rc (HP-UXの場合は、/sbin/rc) へ登録されます。 そのため、セットアップ後にマシンを再起動すると、WebOTXサービス群がブート時に開始されます。 マシンを再起動せずにWebOTXサービスを開始させる場合には、rootユーザでログインして次のようにコマンドを入力します。

(HP-UX)
# /sbin/init.d/WOAgentSvc start
(Linux)
# /etc/init.d/WOAgentSvc start

はじめに、WebOTX ASの動作確認を [ Application Server > セットアップガイド > 4. 動作確認 > 4.2. HP-UX、Linux ] を参照して行います。

続いて、WebOTX ESBが正しく動作していることを確認します。

  1. 運用管理コマンドからログインします。
  2. otxadmin> login --user admin --password adminadmin --host localhost --port 6212
    ※ "adminadmin"はdomain1のデフォルトのパスワードです。"6212"はdomain1のデフォルトの運用管理ポートです。
    
  3. サービスエンジンの起動を確認します。
  4. otxadmin> list-jbi-service-engines
    

    以下のように出力されます。

    ================================
    List of Service Engines
    ================================
    Name : CBREngine
    State: Started
    --------------------------------
    Name : SequencingEngine
    State: Started
    --------------------------------
    Name : UserProcessorEngine
    State: Started
    --------------------------------
    Name : XSLTEngine
    State: Started
    --------------------------------
    コマンド list-jbi-service-engines は正常に実行されました。
    

    状態がstop,shutdown など起動していない機能、存在しない機能がある場合は手順が間違っていないか確認してください。

  5. バインディングコンポーネントの起動を確認します。
  6. otxadmin> list-jbi-binding-components
    

    以下のように出力されます。

    ================================
    List of Binding Components
    ================================
    Name : CORBABinding
    State: Started
    --------------------------------
    Name : FTPBinding
    State: Started
    --------------------------------
    Name : FileBinding
    State: Started
    --------------------------------
    Name : HL7Binding
    State: Started
    --------------------------------
    Name : HTTPBinding
    State: Started
    --------------------------------
    Name : JCABinding
    State: Started
    --------------------------------
    Name : JDBCBinding
    State: Started
    --------------------------------
    Name : JMSBinding
    State: Started
    --------------------------------
    Name : ProxyBinding
    State: Started
    --------------------------------
    Name : RMIBinding
    State: Started
    --------------------------------
    Name : SOAPBinding
    State: Started
    --------------------------------
    Name : SalesforceBinding
    State: Started
    --------------------------------
    Name : TCPIPBinding
    State: Started
    --------------------------------
    コマンド list-jbi-binding-components は正常に実行されました。
    

    存在しない機能や状態がstop,shutdown など起動していない機能がある場合は手順が間違っていないかを確認してください。

  7. 「exit」を入力して終了します。
  8. otxadmin> exit
    

全てのサービスエンジン、バインディングコンポーネントの状態が起動(started)であれば正常にインストールが完了し、動作しています。

以上が確認できれば、正しくインストールされています。