概要: 属性 | 操作  詳細: 属性 | 操作  索引

MO名称:
FTPBindingComponent -  FTPバインディング
定義:
ObjectName
{0}:ControlType=FTPBindingComponent,ComponentName={2},ServerName={1},category=proxy
CLIName
{1}.jbi.components.{2}

属性の概要
Name (コンポーネントの名前)
この管理対象の名前(コンポーネント名)を表します。
ServerName (Java EEサーバの名前)
この管理対象を取り扱っているサーバの名前を表します。
Type (管理対象のタイプ)
この管理対象のタイプを表します。
ObjectName (オブジェクト名)
この管理対象のオブジェクト名を表します。
DisplayName (Loggerの表示名)
このコンポーネントに対するLoggerの表示名を表します。
LoggerName (Loggerの名前)
このコンポーネントに対するLoggerの名前を表します。
CurrentState (状態)
このコンポーネントの現在の状態値を表します。
ExtensionMBeanName (ライフサイクル拡張オブジェクト名)
このコンポーネントに対するライフサイクル拡張を行っているオブジェクト名を表します。
DeploymentMBeanName (配備管理オブジェクト名)
このコンポーネントに対する配備処理を行っているオブジェクト名を表します。
MonitoringLevel (モニタレベル)
このコンポーネントに対するモニタレベルを設定します。(既定値:OFF)
MessagePoolMax (最大スレッド数)
メッセージを処理するスレッド数の最大値を設定します。(既定値:10)
MessagePoolMin (最小スレッド数)
メッセージを処理するスレッド数の最小値を設定します。(既定値:2)
ReleaseWaitTime (スレッド解放までの時間)
最小スレッド数を超えて生成されたスレッドが解放されるまでの時間を設定します。(単位:秒、既定値:15)
OutboundThreads (Outboundのスレッド数)
Outboundで起動させるスレッド数を指定します。(既定値:10)
InvokeTimeout (レスポンスの待機タイムアウト)
外部アプリのレスポンスを待つタイムアウトを指定します。(単位:ms、既定値:300000)
MessageExpiredDays (アーカイブメッセージ保存期間)
PreReceiveとPostReceiveのコマンドによりアーカイブされたメッセージを保存する期間を指定します。0と設定される場合にローテートしません。(単位:日数、既定値:10)
UseProxy (FTPのプロキシを使う)
FTPのプロキシを使ってFTPサーバへ接続するかを指定します。(既定値:false)
ProxyURL (FTPプロキシサーバのURL)
FTPプロキシサーバのURLを指定します。socks5://localhost:1080のように指定してください。
UsePassiveFTP (PASVモードを有効にする)
FTPサーバとの間でデータを転送する時に、PASVモードを使うかどうかを指定します。(既定値:true)
ProxyUserID (FTPプロキシのユーザID)
FTPプロキシのユーザIDを指定します。
ProxyUserPassword (FTPプロキシのパスワード)
FTPプロキシのパスワードを指定します。
FileRule (ファイル取得順序)
処理するファイルの取得順序を指定します。(既定値:RANDOM)
IsNewPattern (新仕様のパターンを使用する)
新仕様のパターンを使用するかを表します。(既定値:true)
MaxFileCount (1プロセスのInboundスレッドで同時に処理する最大ファイル数)
1プロセスのInboundスレッドで同時に処理する最大ファイル数を設定します。(既定値:200)
ShareMemoryMaxRecordCount (マルチプロセスのInboundで同時に処理する最大ファイル数)
マルチプロセスのInboundで同時に処理する最大ファイル数を設定します。(既定値:400)

操作の概要
start (起動)
このコンポーネントを起動します。
stop (停止)
このコンポーネントを停止します。
shutDown (シャットダウン)
このコンポーネントをシャットダウンします。
shutDownForce (強制シャットダウン)
このコンポーネントを強制的にシャットダウンします。


属性の詳細
Name (コンポーネントの名前)

この管理対象の名前(コンポーネント名)を表します。

型:
java.lang.String

ServerName (Java EEサーバの名前)

この管理対象を取り扱っているサーバの名前を表します。

型:
java.lang.String

Type (管理対象のタイプ)

この管理対象のタイプを表します。

型:
java.lang.String

ObjectName (オブジェクト名)

この管理対象のオブジェクト名を表します。

型:
java.lang.String

DisplayName (Loggerの表示名)

このコンポーネントに対するLoggerの表示名を表します。

型:
java.lang.String

LoggerName (Loggerの名前)

このコンポーネントに対するLoggerの名前を表します。

型:
java.lang.String

CurrentState (状態)

このコンポーネントの現在の状態値を表します。

型:
java.lang.String

ExtensionMBeanName (ライフサイクル拡張オブジェクト名)

このコンポーネントに対するライフサイクル拡張を行っているオブジェクト名を表します。

型:
javax.management.ObjectName

DeploymentMBeanName (配備管理オブジェクト名)

このコンポーネントに対する配備処理を行っているオブジェクト名を表します。

型:
javax.management.ObjectName

MonitoringLevel (モニタレベル)

このコンポーネントに対するモニタレベルを設定します。(既定値:OFF)

詳細:
「LOW」を設定した場合はコンポーネントの統計情報のみが採取されます。
「HIGH」を設定した場合はコンポーネントの統計情報およびエンドポイントの統計情報が採取されます。
型:
java.lang.String
値の有効範囲:
OFF 
LOW 
HIGH 

MessagePoolMax (最大スレッド数)

メッセージを処理するスレッド数の最大値を設定します。(既定値:10)

型:
java.lang.Long
値の範囲:
1-2147483647

MessagePoolMin (最小スレッド数)

メッセージを処理するスレッド数の最小値を設定します。(既定値:2)

型:
java.lang.Long
値の範囲:
1-2147483647

ReleaseWaitTime (スレッド解放までの時間)

最小スレッド数を超えて生成されたスレッドが解放されるまでの時間を設定します。(単位:秒、既定値:15)

型:
java.lang.Long
値の範囲:
0-2147483647

OutboundThreads (Outboundのスレッド数)

Outboundで起動させるスレッド数を指定します。(既定値:10)

型:
java.lang.Integer
値の範囲:
1-10000

InvokeTimeout (レスポンスの待機タイムアウト)

外部アプリのレスポンスを待つタイムアウトを指定します。(単位:ms、既定値:300000)

型:
java.lang.Integer
値の範囲:
1-2147483647

MessageExpiredDays (アーカイブメッセージ保存期間)

PreReceiveとPostReceiveのコマンドによりアーカイブされたメッセージを保存する期間を指定します。0と設定される場合にローテートしません。(単位:日数、既定値:10)

詳細:
PreReceiveとPostReceiveのコマンドによりアーカイブされたメッセージを保存する期間を指定します。0と設定される場合にローテートしません。
型:
java.lang.Integer
値の範囲:
0-365

UseProxy (FTPのプロキシを使う)

FTPのプロキシを使ってFTPサーバへ接続するかを指定します。(既定値:false)

型:
java.lang.Boolean

ProxyURL (FTPプロキシサーバのURL)

FTPプロキシサーバのURLを指定します。socks5://localhost:1080のように指定してください。

型:
java.lang.String

UsePassiveFTP (PASVモードを有効にする)

FTPサーバとの間でデータを転送する時に、PASVモードを使うかどうかを指定します。(既定値:true)

型:
java.lang.Boolean

ProxyUserID (FTPプロキシのユーザID)

FTPプロキシのユーザIDを指定します。

型:
java.lang.String

ProxyUserPassword (FTPプロキシのパスワード)

FTPプロキシのパスワードを指定します。

型:
java.lang.String

FileRule (ファイル取得順序)

処理するファイルの取得順序を指定します。(既定値:RANDOM)

詳細:
「FILENAMEASC」を設定した場合はファイル名のアルファベット昇順によりファイルを取得します。
「FILENAMEDESC」を設定した場合はファイル名のアルファベット降順によりファイルを取得します。
「FILELASTMODIFIEDASC」を設定した場合は更新タイムスタンプ昇順によりファイルを取得します。
「FILELASTMODIFIEDDESC」を設定した場合は更新タイムスタンプ降順によりファイルを取得します。
「RANDOM」を設定した場合はランダム順によりファイルを取得するため、順序を保障しません。
型:
java.lang.String
値の有効範囲:
FILENAMEASC 
FILENAMEDESC 
FILELASTMODIFIEDASC 
FILELASTMODIFIEDDESC 
RANDOM 

IsNewPattern (新仕様のパターンを使用する)

新仕様のパターンを使用するかを表します。(既定値:true)

型:
java.lang.Boolean

MaxFileCount (1プロセスのInboundスレッドで同時に処理する最大ファイル数)

1プロセスのInboundスレッドで同時に処理する最大ファイル数を設定します。(既定値:200)

型:
java.lang.Integer
値の範囲:
1-2147483647

ShareMemoryMaxRecordCount (マルチプロセスのInboundで同時に処理する最大ファイル数)

マルチプロセスのInboundで同時に処理する最大ファイル数を設定します。(既定値:400)

型:
java.lang.Integer
値の範囲:
1-2147483647

操作の詳細
start (起動)

このコンポーネントを起動します。

戻り値:
void
引数:
なし

stop (停止)

このコンポーネントを停止します。

戻り値:
void
引数:
なし

shutDown (シャットダウン)

このコンポーネントをシャットダウンします。

戻り値:
void
引数:
なし

shutDownForce (強制シャットダウン)

このコンポーネントを強制的にシャットダウンします。

戻り値:
void
引数:
なし