はじめに
ここでは、WebOTX Object Broker C++が提供するサンプルプログラムの使用方法について説明します。
各ディレクトリ配下にあるプロジェクトファイルの*2003.slnが VC++ .Net2003、*2005.slnが VC++ 2005にそれぞれ対応しています。
コーディング例については、インストールされたサンプルプログラムを参照してください。
サンプルプログラムは、次の場所に格納されます。 上記ディレクトリ配下に展開されるサンプルの内容は以下のとおりです。
ディレクトリ名 サンプルの内容
calc 計算のサンプル
calc2 名前サーバを使用する自動起動サーバのサンプル
POA1 デフォルト設定での使用例
POA2 AdapterActivator使用例
POA3 ServantActivator使用例
POA4 ServantLocator使用例
POA5 USE_DEFAULT_SERVANTポリシ使用例
POA6 SINGLE_THREAD_MODELポリシ使用例
POA7 ORB_CTRL_MODELポリシ使用例
POA8 TRANSIENTオブジェクト使用例
POA9 PERSISTENTオブジェクトを手動起動サーバで実装したときの例
POA10 TRANSIENTポリシかつIMPLICIT_ACTIVATIONポリシの例
POA11 PERSISTENTポリシかつIMPLICIT_ACTIVATIONポリシの例
POA12 POAManagerを使ったサンプル
POA13 TIEアプローチのサンプル
POA14 自動起動サーバのサンプル
value1 valueの使用例
value2 valueの使用例
value3 valueboxの使用例
value4 abstract interfaceの使用例
ssl sslの使用例

サンプルプログラムの詳細な説明については、 アプリケーション開発ガイドの 3.7.2.Object Broker C++ サンプル を参照してください。 なお、ssl配下のサンプルについての説明は、各サブディレクトリ配下のREADME.txtを参照してください。