名称
     redeploy-jbi-service-assembly - 指定されたサービスアセンブリ
     の再配備

形式
     redeploy-jbi-service-assembly [ --user admin_user	]   [  --
     password  admin_password  ]   [ --host host_name ]	 [ --port
     port_number ]  [ --protocol=rmi|jmxmp  ]	[  --passwordfile
     filename ]	 [ --encrypted=true|false ]  [ --terse=true|false
     ]	[ --echo=true|false ]  [  --interactive=true|false  ]	[
     --secure=true|false  ]   [	--legacy=true|false ]  [ --help	]
     [ --upload=true|false ]  [	--view=terse|normal|verbose ]	[
     --modify=true|false  ]   [	--modifyfile modifyfile_path ]	[
     --reuseconfig=true|false ]	 filepath

説明
     コマンド redeploy-jbi-service-assembly はサービスアセンブ リ
     を再配備します。

オプション
     -u	--user
	   ドメインの運用管理エージェントの管理ユーザ名。

	   既にotxadmin loginコマンドでログインしている場 合 は、
	   --userオプションの指定は不要です。

     -w	--password
	   ドメインの運用管理エージェントの管理ユーザのパ ス ワー
	   ド。

     -H	--host
	   ドメインの運用管理エージェントが起動しているマシン名。

     -p	--port
	   ドメインの運用管理エージェントのポート番号。既定 値 は
	   6212です。

     --protocol
	   ドメインの運用管理エージェントとの接続プロトコルを選択
	   します。指定できるプロトコルは、rmi、jmxmpです。既定値
	   はrmiです。

     -W	--passwordfile
	   ドメインの運用管理エージェントのパスワードを含むファイ
	   ル。

     --encrypted
	   ドメインの運用管理エージェントのパスワードに暗号化され
	   た パスワードを利用する場合に指定します。既定値はfalse
	   です。暗号化されたパスワードの生成にはencryptコマン ド
	   を 使 用してください。このオプションはpasswordfileオプ
	   ションが指定されている場合のみ有効です。

     -t	--terse
	   trueを指定すると、出力データがスクリプトによる処理のた
	   めの簡潔なデータとなります。既定値はfalseです。

     -e	--echo
	   trueを指定すると、標準出力でコマンドライン文が表示され
	   ます。既定値はfalseです。

     -I	--interactive
	   true(既定値)を指定すると、パスワードオプション入力用の
	   プロンプトを表示します。

     -s	--secure
	   trueを指定すると、ドメインの運用管理エージェントとの通
	   信にSSL/TLSを利用します。既定値はfalseです。

     --legacy
	   trueを指定すると、コマンドの接続先のサーバがV8か、V9か
	   確認します。確認後V8であれば旧互換動作を行い、V9であれ
	   ばV9の動作を行います。falseの場合は接続先のサーバを 確
	   認せずにV9の動作を行います。既定値はfalseです。

     --help
	   コマンドのヘルプを表示します。

     --upload
	   trueの場合、管理サーバに再配備可能なファイルを アッ プ
	   ロー	ド します。サーバマシンに再配備可能なファイルへの
	   ファイルパスがマウントされている場合、もしくは管理サー
	   バ が ロー カ ルで動作している場合、uploadオプションを
	   falseに設定してください。既定値はtrueです。

     --view
	   出力情報の詳しさを指定します。terse、normal、verboseを
	   指定できます。既定値はnormalです。

     --modify
	   trueの場合、SUのパラメーターを変更できます。既定 値 は
	   falseです。

     --modifyfile
	   プロパティファイルを指定してSUのパラメーターを変更でき
	   ま す。 引数にはプロパティファイルのパスを指定します。
	   --modify=trueオプションと同時に指定した場合、 --modify
	   オプションは無視されます。

     --reuseconfig
	   trueが指定されている場合、前回の配備後に更新されたSUの
	   パラメータを再利用します。既定値はtrueです。

オペランド
     filepath

	   --uploadオプションがtrueの場合、ローカルマシン上の再配
	   備 可能なファイルへのパス。falseの場合はサーバマシンへ
	   の絶対パス。

使用例
     例1: サービスアセンブリを再配備

     soap2file.zipファイルにパッケージされたサービスアセンブリ を
     再配備します。

     otxadmin> redeploy-jbi-service-assembly --user admin --password adminadmin	--host bluestar	--port 6212 soap2file.zip
     Command redeploy-jbi-service-assembly executed successfully.

     例2: サービスアセンブリを再配備

     ファイルparameters.propertiesで指定 し た 属 性 に	よっ て、
     soap2file.zip ファイルにパッケージされたサービスアセンブリの
     パラメータを上書きし、それを再配備します。

     otxadmin> redeploy-jbi-service-assembly --user admin --password adminadmin	--host bluestar	--port 6212 --modifyfile parameters.properties soap2file.zip
     Command redeploy-jbi-service-assembly executed successfully.

終了ステータス
     0	   コマンド実行成功

     1	   コマンド実行失敗

関連事項
 deploy-jbi-service-assembly(1) undeploy-jbi-service-assembly(1) list-jbi-service-assemblies(1) show-jbi-service-assembly(1)